雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 生酒 27BY

本日の家飲み 雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 生酒 27BY

20160411090204741.jpg  20160411090222596.jpg

 秋田県由利本荘市のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目となりました、結構なペースですね。

 この「秘伝山廃」については結構前に火入れバージョン(24BY)をいただいて以来、「生も飲んでみたいなあ」と思っていたのですが、数が少ないのか今まで出会うことができず、今回通販でようやく入手した次第です。
 入手先は和歌山の「地さけや みゆきや」さん、こちらは地元産の銘柄を充実させつつ、全国の銘酒をとりそろえているお店で、全国のネットショップの中でもかなりオススメです。
 特に凄いと思うのは、購入時に物凄い量の「お酒の飲み方」を記載した、おそらく完全自作の資料を同梱してくれることですね。
 とりわけ飲む温度帯や合わせる食べ物については非常に詳細に、しかも実際の購入銘柄に応じて個別に編集した資料になっているのでとても参考になります。
 物凄い手間だと思いますが、そこに「美味しく飲んでもらうのも売り手の仕事」というプロとしての矜持を感じますね。

〇封筒にみっちり入る量です…、マニア以外の人が受け取ったら若干引きそうでちょっと心配(苦笑)
20160411090240572.jpg

 閑話休題、今回いただくのは山廃を得意とする雪の茅舎さんのラインナップの中でも、少し高価格帯の限定品です。
 なんとなく山廃は低精白が多いイメージがありますが、こちらは55%と結構削ってある純米吟醸。

20160411090256823.jpg

 上立ち香は乳酸とフレッシュさを感じる香りがそこそこに。
 含むと、濃厚な果実の甘旨味がなめらかに入ってきて、尻上がりに出てくる酸味に締め付けられながら、キリリと染みこんできます。
 味わいはマスカットを感じさせるような芳醇な甘酸が主役で、若干のフレッシュ感がありつつも荒さは僅少で、力強い旨味の世界を創り出します。
 後味は酸味がしっかりと、しかしキツくなく切り上げます。

 芳醇フレッシュフルーティーながら、高度なバランスが取れている、優しく上品な山廃生酒でした。
 山廃の酸味で、酸っぱさでなく「柔らかさ」を感じさせるところが良いですね…、貫禄を感じさせるというか。
 少々お高くはありますが、文句なしに「お値段以上」だと思います、火入れも良かったですが例によって生はより私好みですね。
 雪の茅舎の山廃に、さらなる信頼を感じさせてくれた一本でした。

 何となくぬる燗にしてみると…、おお甘味が凄くハッキリと出てきました。
 これは優しい甘味だなあ…、凄く濃いのに油断するとグイグイいってしまいそうです、素敵な燗映え。

20160411090327374.jpg  20160411090311444.jpg

名称:雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 生酒 27BY
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社齋彌酒造店
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:みゆきや(和歌山・通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年04月12日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

雪の茅舎 純米 古酒 「隠し酒」

本日の家飲み 雪の茅舎 純米 古酒 「隠し酒」
 
20160329124208905.jpg  20160329124232826.jpg

 秋田県由利本荘市のお酒です。
 秘伝山廃純吟生に続き、三回目の紹介ですね。

 こちらも実力派銘柄、雪の茅舎の10年オーバー熟成大古酒です。
 人形町の「小山酒店」さんの常温棚にしれっと並んでいるのを見つけ、試飲させてもらった上で購入しました。
 まず特徴的なのは包装ですね、かなり厚めの紙で包まれており、飲む前にはミシン目から切り取って開けるという、徹底した遮光が施されている形式です。

 スペック的には一般的な火入れ純米といった趣ですね。
 特筆すべきはそのお値段で、10年古酒とはとても思えないレベルです。
 小さい瓶だと500mlというのもポイントで、古酒というものを一度試してみたい人にはドンピシャのお酒と言えるでしょう。

 見た目的にはいい感じで色づいています、美しいと感じるほど。
20160329124430306.jpg   20160329124303120.jpg

20160329124501528.jpg

 上立ち香はうっすらとした熟成感のある香りがほんの少々。
 含むと、うーむ見事なまでにそれっぽい、熟成酒特有の香ばしい旨味が辛さを伴いつつ入ってきて、ググっと流れ込んできます。
 味わいは見事なまでに直球の、いわゆるナッツ的な趣きのある熟成された旨味が主役、ただ臭い感じではなく、なんというか素直に年月を経た感じの熟し方ですね。
 後味は辛さが出てきてしっかりとキレます。

 「熟成酒らしさ」をストレートに楽しめる、王道を行く古酒でした。
 しかし、自分には甘味が控え目になってしまうのがどうも寂しいんですよね…、熟成するとこうなるのは科学的な理由があると思いますが、それこそ私が熟成酒を苦手とする理由なのかもしれません。
 まあこのお酒自体は、熟成酒入門として非常に良心的で完成度の高いお酒だと思います、蔵の確かな実力を感じた一本でした。

 燗を付けると、やはり味わい濃厚口当たり穏やかになります。
 ただ甘さはやっぱり控えめですね…

20160329124400619.jpg

名称:雪の茅舎 純米 古酒 「隠し酒」
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社齋彌酒造店
購入価格(税抜):1,000円/500ml
購入した酒屋さん:小山酒店(人形町)
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年04月01日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

雪の茅舎 純米吟醸 生酒

本日の家飲み 雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ) 純米吟醸 生酒

fc2_2014-01-02_14-44-44-330.jpg  fc2_2014-01-02_14-46-18-587.jpg

 秋田県由利本荘市のお酒です。
 ここでは以前秘伝山廃を紹介しました。

 肩にかけている札には「日本酒ヌーボー」なる文言が。
 ヌーボーとは新しいという意味らしいので、まあ新酒という意味ですね。
 雪の茅舎はIWCにも積極的に出品してますし、ワインや世界を意識している感じなのでしょうか。
 しかし、筆文字でヌーボーというのはなかなかシュールな気もします。

 スペックは速醸の生、まさにしぼりたてという感じですね。

fc2_2014-01-02_14-45-10-584.jpg  fc2_2014-01-02_14-45-49-520.jpg

 上立ち香は整った心地よい果実香が強めに。
 含むと、意外にも落ち着いた印象の旨味が、生酒らしい若干の渋味を伴いつつじわじわと広がります。
 旨味は程良い甘味のあるフレッシュなフルーツ系の、生酒としては非常にスタンダードな印象を受けるものでした。

 生酒らしいフレッシュさ、青臭さ、濃厚さ、固さと、色々な要素がうまいこと共存しているようなお酒でした。
 なおこれも、常温の方が旨味が早く開くと思います。
 個人的には、やっぱり山廃の方がこの蔵の特徴がでるのかな…、というのが現時点の認識かも。
 とはいえ完成度は折り紙付きなので、今後も山廃速醸両方試していきたいと思います。

(実はこのお酒の感想はメモ一部紛失によりちょっと短めです、ご了承ください…)

fc2_2014-01-02_14-47-13-474.jpg  fc2_2014-01-02_14-46-42-571.jpg

名称:雪の茅舎 純米吟醸 生酒
製法情報:生酒
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社齋彌酒造店(秋田県由利本荘市)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年01月11日 秋田の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸

本日の家飲み 雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ) 秘伝山廃 純米吟醸

fc2_2013-05-07_18-14-38-061.jpg fc2_2013-05-07_18-14-58-900.jpg

 秋田酒第二弾は、言わずと知れた有名銘柄、雪の茅舎です。
 特に意識したわけではないのですが、角右衛門に続きIWC関連銘柄となりました。
 NEXT5を始め若手の勢いがすごい秋田にあって、雪の茅舎はベテランの存在感を示す銘柄というイメージがあります。
 ちなみに茅舎とはかやぶきの家のことだそうです、雪に覆われた日本の村を想起させる趣き深いネーミングですね。

fc2_2013-05-07_18-14-13-061.jpg  fc2_2013-05-07_18-13-50-404.jpg

 私はなぜか飲みはぐれてしまうことが多く、家飲みは実は初めてだったりします。
 山廃に対する想いが強い蔵のようなので、ちょっと上のランクの秘伝山廃をセレクト。
 回数はわかりませんが、火入れされているようです。

 上立ち香はむしろフルーティーな印象の吟醸香。
 含むと、透明感のある甘旨味が、自然な感じて広がっていきます。
 結構濃厚な甘味がありながら、とても上品な味わいですね…。
 山廃でイメージされるようなクセは皆無ですが、旨味に寄り添うやさしい酸味が山廃ならではなのかな。
 その酸味のためか飲み口は軽快なイメージすらあります。
 後味はほんの少し辛さを感じさせて、綺麗にキレていきます。

 秘伝の名にも頷ける、完成度の高いクセのない芳醇旨口酒でした。
 私はどちらかと言うと新興蔵というか、今風の日本酒を好むのですが、こういう歴史の重みを感じさせるお酒も好きです(単純な端麗辛口は論外ですが)。
 なんというかホッとするような印象を受けるんですよね…。
 日本人のDNAに語りかけてくるような味わいに、日本酒の良さをじっくりと感じたひとときでした。

 で、味わいからしてこれはやっぱり燗だろうと思い、試してみました。
 いやあ、飲み口がとてもやわらかくなって、とても良い感じ。
 しかも熱燗~燗冷ましまでの温度変化それぞれが楽しめて、隙がないのです。

 なお、開栓後の変化も味わいがまろやかになり良くなる感じですね。
 どう飲んでも旨いっていうのは本当にすごいなあ。

fc2_2013-05-07_18-15-47-618.jpg  fc2_2013-05-07_18-15-23-953.jpg

名称:雪の茅舎 秘伝山廃 純米吟醸
製法情報:山廃
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社齋彌酒造店(秋田県由利本荘市)
製造年月:2013/2(24BY)
購入価格(税込):1,785円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年05月15日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |