雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり 

本日の家飲み 雁木(がんぎ) 純米無濾過生原酒 槽出(ふなで)あらばしり 

fc2_2014-04-07_15-52-21-070.jpg  fc2_2014-04-07_15-55-24-544.jpg

 山口県岩国市のお酒です。
 このブログでの紹介は2回めですね。

 前回の記事から間は空きましたが、外飲みでもちょくちょくいただいていることもあり、雁木は自分の中では獺祭と共に山口の定番銘柄になっています。
 ところで、「雁木」というのはなかなか馴染みのない言葉ですが、wikipediaに記事もあるように、船着場で荷降ろし等を助けるために作られる階段状の構造物を言うそうです。
 蔵元ホームページによると、酒の原料米がその「雁木」から水揚げされてきたことや、蔵の人たちがそこを遊び場として育ったことから、いわば「原点」として銘柄名に採用したとのこと。

 さて、今回は生酒の上に「あらばしり」というスペックです。
 あらばしりは通常よりフレッシュさと荒々しさが増すというイメージですが、ただでさえフレッシュな雁木だとどうなるのでしょうか。

fc2_2014-04-07_15-53-01-519.jpg

 上立ち香はフレッシュで少々甘目な吟醸香が控えめに。
 含むと、濃厚で活き活きした甘旨味が、少々のガス感と青臭さを伴い飛び込んできます。
 旨味はもうなんというかフレッシュさの権化のような、荒々しく青臭く、しかし魅力的な甘酸味を感じる味わい。
 後味は新酒らしい苦味でキレる形ですね。

 予想以上に「あらばしり」というものの強烈さを叩き込んでくれたお酒でした。
 これは好みが分かれるでしょうね…、飲み比べで存在感を発しそう。
 個人的には通常の生酒のまろやかさも好きだったので、どっちを取るかは難しいところです。
 ただ、どちらも新酒の魅力にあふれたお酒だと思います、雁木も私にとってこの時期の鉄板銘柄ですね。

 開栓後、1~2日ぐらい経つと(四合瓶)、少し口当たりが優しくなりました。
 通常の生酒に少し近づく感じかな、変化も面白いお酒でした。

 ※ちょっとプライベートが忙しく、更新に間が空いてしまいました。
  今後の見通しもちょっと不透明です、ご了承ください。

fc2_2014-04-07_15-56-47-026.jpg

名称:雁木 純米無濾過生原酒 槽出あらばしり
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17~18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:八百新酒造株式会社(山口県岩国市)
製造年月:2014/2(25BY)
購入価格(税込):1,470円
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 雁木 純米

2014年04月11日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外のみ雑記in四ツ谷三丁目4

 会社の同僚2人と四ツ谷三丁目に飲みに行きました。
 お店は、前々から憧れていた、一見さんお断り完全予約制の「酒徒庵」さんです。
 昨年の「大長野酒祭り」で店内に入ったことがあり、その時に壁一面に下げられた錚々たる酒蔵の前掛けと巨大な冷蔵庫に、いかにも日本酒の聖地といった趣きを感じたことを覚えています。

 しかし、日本酒在庫常時700種以上っていうのはほんととんでもないですね…。
 そしてさらにすごいのは、店長さんが無茶苦茶回転が速いであろうその在庫を把握していることだと思います。
 「鍋島は何がありますか?」との問いに「今日は鍋島は、新酒ならNewMoonと、五百万石の純米吟醸生、火入れなら…」みたいな感じで、そらで応えてしまうというのはすごすぎます。
 まさに日本酒への愛がなければできないことだよなあと感服しました。

今回いただいた銘柄
・十六代九郎右衛門 特別純米 にごり生原酒 スノーマン
・十六代九郎右衛門 純米吟醸 にごり生原酒 スノーウーマン
・遊穂 純米 無濾過生原酒おりがらみ
・五十嵐 純米 直汲み
・風の森 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒笊籬採り
・鍋島 純米吟醸 中汲み 生酒 五百万石 オレンジラベル
・天吹 大吟醸 冬色
・花陽浴 純米大吟醸 八反錦 袋吊瓶囲無濾過生原酒
・正雪 特別純米
・雁木 活性にごり発泡純米生原酒 「flight of wharf」
・石鎚 純米吟醸 緑ラベル 槽搾り
・十九 純米吟醸
・戦勝政宗 にごり生酒
・山間 1号 無濾過生原酒
・醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦
・風の森 純米大吟醸 秋津穂 無濾過生原酒笊籬採り
・琥泉 純米吟醸 生原酒 無濾過しぼりたて
・死神
・小左衛門 本醸造 山廃仕込 無濾過生原酒
・雪の茅舎 純米吟醸 生酒
・十四代 槽垂れ 生酒
 多分、この21種類です。
 ラベル写真からおこしているので銘柄は確かですが、火入れ情報は不正確かもしれません。
 いやあしかし飲みましたねえ…、まあそれぞれ半合ずつを回し飲みで、プチ利き酒会のようでした。

 印象に残った銘柄その1:五十嵐 純米 直汲み
 
fc2_2013-02-13_22-35-29-525.jpg  fc2_2013-02-13_22-36-08-804.jpg

 五十嵐という銘柄は寡聞にして知らなかったのですが、天覧山を醸す蔵元さんのお酒でした。
 フレッシュながらなんとも複雑かつ個性的な味わいで、飲み比べの中でも印象に残りました。

印象に残った銘柄その2:雁木 活性にごり発泡純米生原酒 「flight of wharf」

 fc2_2013-02-13_22-34-17-211.jpg  fc2_2013-02-13_22-34-58-166.jpg

 ラベルに「酒徒庵 特別誂え」とあるように、世にも相当珍しい居酒屋さんの限定ブランドです。
 これに関しては先輩上司が一口飲んで旨いと言っていたのに対し、なんとなく「いやあ炭酸が多すぎてちょっと邪道っぽいなあ」みたいなことを口走ってしまったのですが、よくよく味わうと確かに旨かった(笑)
 炭酸に負けない濃厚な甘味と旨みがあって、通常の雁木スパークリングよりも好きな味わいだったように思えました。

印象に残った銘柄その3:小左衛門 本醸造 山廃仕込 無濾過生原酒

fc2_2013-02-13_22-33-37-953.jpg  fc2_2013-02-13_22-31-52-656.jpg

 店長さんに燗でオススメのお酒をお願いして、出してもらったものです。
 「山廃」「本醸造」、しかも「23BY」と、普段の私なら頼まないであろうワードが揃っていましたが、これがまた旨い。
 燗だからなのか、想像されるような臭みはほとんど感じず、分厚い旨みがじんわりと広がる燗酒の王道を行くような逸品でした。

 ちなみに上3種は全部店長さんセレクトです、見事に打ち抜かれた感じですね。
 もちろん他も、ちょうど特集でなんと全種類揃っていた風の森笊籬採りなどなど、どれも素晴らしい味わいでした。
 また、牡蠣をはじめとするお料理も全て日本酒と合うものばかりで、しかも良心的なお値段で美味しかったです。

 いやあ、いつもよりテンションの高い記事になってしまいました、思い描いてた憧れのその上を経験させてもらった気分です。
 「夢のような時間」というのはああいう時を言うのでしょうね、記憶も少しおぼろげですし(笑)
 また行きたいけど、入りびたりになってしまいそうで怖い、そんなお店でした。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年02月15日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

雁木 純米無濾過 初搾り新酒

本日の日本酒 雁木 純米無濾過 初搾り新酒

fc2blog_20121119200355381.jpg

上立ち香は微か。含むと芳醇な旨味がどかっとやってくる。
さすがに新酒なだけあって固さもあるけど、温度が上がってくると甘味も出てきて良し。
個人的には常温がおすすめ。

私が初めて飲んだ「無濾過生原酒」が雁木だったので、なんとなく雁木には思い入れがあります。
実際、無濾過生原酒のフレッシュさ、芳醇さをもっとも体現した銘柄なのではないかと。
純米はコストパフォーマンスも◎です。

fc2blog_20121119200511993.jpg


名称:雁木 純米無濾過 初搾り新酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:山田錦
酵母:記載なし
日本酒度:記載なし
蔵元情報:八百新酒造(山口県岩国市)
製造年月:2012/11(24BY)
購入価格(税込):1,280
お気に入り度:8.2/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 雁木 純米

2012年11月20日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |