阿部勘 純米吟醸 かすみ うすにごり生酒

本日の家飲み 阿部勘(あべかん) 純米吟醸 かすみ うすにごり生酒

20170116154313896.jpg  20170116154322907.jpg

 宮城県塩竈市のお酒です。
 外では何度かいただいていますが、家飲みは初めてですね。

 初登場銘柄ということで記事ネタ探しに銘柄名でググってみたところ、ネットによる日本酒販売で有名な「佐野屋」の酒屋巡り記事が出てきました。
 その記事の中で個人的に気になったのが「自動圧搾機」の部品を「アルミ板+ゴム」から「プラスチック+シリコン」に変えるだけで、ゴム臭や金属臭などのエグ味が消えて劇的に酒が綺麗になるという旨の記述でした。
 山間の記事でちょっと触れた様に、「直詰」「生酒」においてはゴム臭が致命的になる場合もあることを考えると、この記述には説得力があると感じますね。
 「手造り」ということを強調されがちな地酒業界ですが、最近は精米・洗米段階での技術革新も進んでいるようですし、それによる酒質の上昇は素直に喜ぶべきだと、個人的には思います。
 設備投資に踏み切るという造り手の「覚悟」も、評価や敬意に値すると思いますしね(究極は旭酒造かと)。

 閑話休題、今回いただくお酒もその新しい圧搾機で搾られたであろう、新酒のうすにごり生酒になります。
 精米歩合は55、にごり具合はまさに「かすみ」といった風情の、ほどほどの濃度です。
 

 上立ち香は若干セメダインが混じるフレッシュ果実の香りが仄かに。
 含むと、しっかりと甘味が乗った濃厚な旨味が勢い良く入ってきて、時間差で強まる苦味と酸味にぎっちりと締め上げられつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘酸フレッシュな新酒らしい柑橘系果実の旨味が主役、含んだ一瞬は凄く甘い印象があるのですが、すぐに苦酸がやってきて全体としてはキリリとした感じが強いですね。
 後味は濃厚さをその苦酸が引き取って、ガッツリキレます。

 濃厚な果実の甘味と新酒らしい苦味が拮抗して、独特の味わいのバランスを演出する、個性派芳醇フレッシュ酒でした。
 いやあ、甘味は本当に私のどストライクゾーンですね、後は苦味がもうちっと控えめだったらなあ…
 開栓後置くとか、温度を変えるとか、飲み方でもう少しカバーできそうな予感もするのですが、実際はなかなか難しいですね。
 ともかく、阿部勘はまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20170116154338520.jpg  20170116154330409.jpg

名称:阿部勘 純米吟醸 かすみ うすにごり生酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:阿部勘酒造店
購入価格(税抜):1,619円/720ml
購入した酒屋さん:鈴傳
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月06日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |