金鵄盛典 純米吟醸 生原酒

本日の家飲み 金鵄盛典(きんしせいてん) 純米吟醸 生原酒

20170703135355944.jpg  20170703135407373.jpg

 兵庫県加古川市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらのお酒は、先日紹介した富久長と同時に、最近オープンした「鈴木酒販 小売部 神田店」で購入したお酒です。
 同店は元々三ノ輪に本店があり、前から立ち飲みスペース(角打ち)併設形態で営業していたのですが、それが神田(個人的には秋葉原のすぐ隣という印象)に進出してきた感じです。
 私は三ノ輪にも一回行ったことがあるのですが、日本酒の品揃えは本物であり場所だけがネックと思っていたので、神田店オープンは非常に嬉しい出来事でした。
 秋葉原電気街から万世橋渡ってすぐのところなので、日本酒に興味のあるオタク諸氏には是非一度訪ねて欲しいスポットです。
 (ちなみにかの「ねとらぼ」にもオープン時の記事が載ってました

 今回いただくのは全くノーマークの銘柄で、まさに新店舗初訪問での初めての出会いの結果としてのセレクトでした。
 なんか良く分からないデザイン(失礼)ラベルの限定品のようですが、蔵元ホームページに記載が無いので詳細は不明。
 スペック的には山田錦50%磨きの生原酒、ある意味激戦区ですね。
 そこで個性を発揮できるか、楽しみにしつついただきます。


 上立ち香はセメダイン混じりのキリリとした香りがそこそこに。
 含むと、新酒らしい苦渋を纏った旨味が硬質な感じでグッと入ってきて、じわりじわりと最後まで引き締まったまま口中全体から染み込んできます。
 味わいは、甘味仄かでセメダイン的な苦味を纏った旨味が主役なのですが、嫌らしい感じは全く無く、むしろクセになるような飲み飽きなさがありますね。
 後味はほろ苦い感じを口中に残しつつしっかりとキレます。

 いわゆる食中酒としても仕事をしてくれそうな、個性的なまとまりのあるキリリ系フレッシュ酒でした。
 甘味があまりないのに、全然物足りない感じは無いのが素晴らしく、どんどん飲み進んでしまいますね、全体の完成度は非常に高いと思います。
 前回の瑞鷹同様、いぶし銀的な魅力と言いましょうか、最近流行りの「山田錦50」のメインストリーム(派手な香系)とは一線を画した魅力のあるお酒だと感じました。
 金鵄盛典、次はまた別スペックもいただいてみたいと思います。

20170703135418415.jpg 20170703135430279.jpg
 
名称:金鵄盛典 純米吟醸 生原酒
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:+3
蔵元情報:合名会社岡田本家
購入価格(税抜):1,520円/720ml
購入した酒屋さん:鈴木酒販(神田)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年08月05日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |