番外自然酒 完熟舐瓜的生もと純米吟醸 無ろ過生原酒

本日の家飲み 番外自然酒 完熟舐瓜的生もと純米吟醸 無ろ過生原酒

20160909100139462.jpg  20160909100148115.jpg

 福島県郡山市のお酒です。
 同蔵のお酒の紹介はこれで4本目。

 「フルーティー」という言葉に象徴されるように、最近の日本酒は果物の味わいに例えられることが多い印象です。
 そんな中、最近「メロン」の味わいということを蔵元自ら謳っているお酒に、同時期に2本出会いましたので、面白いと思い飲み比べてみました。
 一本目は「金寶自然酒」のチャレンジ用ブランドのお酒です。
 暗めの黄緑を使ったラベルには「完熟舐瓜(メロン)的」というフレーズがあり、裏ラベルにも「完熟メロンのような香りと味わいを持ったジューシーな自然酒」とはっきりと記載されていますね。

 スペック的には、生もと仕込みというのが結構意外なポイントです、あまり生もと酒にフルーツ系の甘さのイメージが無いので…
 また、裏ラベルには「汲出し四段の配合を変えて」みたいな記載もありますね。
 詳細は不明ですが、濃厚甘口酒には麹歩合を増やしたお酒がたまに見られるので、そのあたりの調整でしょうか。

20160909100156328.jpg

 上立ち香は甘くフレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、うひやあこりゃ確かにメロンだわという感じの超甘々味がトロリと入ってきて、時間差で出てくる苦渋が弱々しく寄り添いつつ、じわじわと染みこんできます。
 旨味は完熟メロンシロップとしか言いようが無い煮詰めたように濃い甘旨味が主役で、苦渋が複雑さを添えてギリギリのところでダレを防いでいる印象。
 ただ後味はしっかり苦味が引き取ってちゃんとキレますね。

 そう滅多には出会えないレベルの超濃厚な甘味が魅力の、売り言葉通りの完熟メロン酒でした。
 最初の一口は「これはいくらなんでも甘ったるいのでは…」と思ったのですが、意外にも飲み進めると慣れてくるというか、他の味の要素とちゃんと調和が取れていることが伝わってきます。
 これがあるから今の甘口酒は好きなんですよね…、単なる砂糖の甘味では無い、独自の魅力が体中に染み渡ります。
 自然酒は番外品でもしっかりとした個性があるなあと感じた一本でした。

20160909100204256.jpg  

名称:番外自然酒 完熟舐瓜的生もと純米吟醸 無ろ過生原酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社仁井田本家
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年09月24日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒 27BY

本日の家飲み 金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒 27BY

20160224180955288.jpg  20160224181023397.jpg

 福島県郡山市のお酒です。
 全く同じスペックを去年もいただいています、蔵の特徴等はそちらの記事をご参照ください。

 このスペックを頂いて以来、自然酒の各種商品はチェックしていたのですが、どうもタイミングが合わず一年経ってしまいました(同蔵の「穏」は1本いただいていますが)。
 基本的に、日本酒の特定スペックは本当に一期一会ですね…、四季醸造蔵でもない限り期間はかなり限られますし、そもそも生産量が少ないものについては当然売り切れも早い。
 一升瓶数百本とかの出荷数なんてざらですからね、地酒というのは本当に特殊な商品なんだなあと思いを巡らせてしまいます、そんなお酒と巡りあうというのは、ある意味奇跡的と言っても良いのかもしれません。

 閑話休題、今回いただくのもそんな限定品ですね、去年になかった「別誂え」という謳い文句が気になりますが、たぶん中身は同じでしょう。
 お値段は相変わらず、歩合に対しては割高に見えますが、お米へのこだわりを考えるとむべなるかなという感じです。

20160224181055708.jpg

 注ぐと、細かい気泡がグラスにつきます。
 直汲みとはいえ風の森以外では、ここまではっきりしているのは珍しいですね。

 上立ち香は甘くフレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、非常に濃厚な甘旨酸味が若干のガス感と共に入ってきて、その酸味と裏方の苦味でしっかりと引き締まったままで、ジュワーッと染みこんできます。
 味わいは、甘味と酸味と苦味がそれぞれ強烈に主張しながらせめぎ合う賑やかなもので、
 後味は苦酸でしっかりと引き上げていきます。

 芳醇そのものの甘旨味をガス感が引き締める、個性派シュワシュワ旨酒でした。
 大体去年の印象と同じですね、これだけ骨太の個性があると、多少のブレは吸収されるのでしょう。
 このスペックは自分にとって鉄板であると改めて確信できました。
 金寳自然酒、今後も色々なスペックを試していきたいと思います。

 開栓後数日経つと、ガスが抜けて甘味が前面に出てきます。
 うーむ、ちょっとダレ感があるかなあ、このお酒に関しては開栓直後のバランスが好きですね。

20160224181134882.jpg  20160224181304098.jpg

20160224181326430.jpg

名称:金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒 27BY
精米歩合:70%
酒米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社仁井田本家
購入価格(税抜):1,585円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年03月22日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒

本日の家飲み 金寶自然酒(きんぽうしぜんしゅ) 純米原酒 槽口直汲み生原酒

20150112135232962.jpg  20150112135756688.jpg

 福島県郡山市のお酒です。
 家飲み、外飲み含めて初めていただきます。

 こちらを醸す仁井田本家さんは、米作り(いわゆる有機栽培)の段階からがっちり関わってお酒を造っているとのことで、そのこだわりをホームページで強くアピールしています
 その取り組みによりこの金寶自然酒は百貨店はもちろん自然食品のお店などでも見かけるので、営業としても成功しているのでしょう。(ここらへん、千葉の「寺田本家」と似ているような)
 裏ラベルにもその思いがびっしり書かれているのは好印象ですが、米の品種が書いてないのは解せませんね。

 なおこちらのお酒は「ふくしま美酒体験in渋谷2014」に参加した際、一番好印象のお酒でした。
 今回地酒屋さんで限定品の「直汲み生原酒」を見かけたので購入した次第です、こちらは相当に本数が少なく、自然食品のお店とかには並ばない代物とのこと。
 お値段は70磨きの割にお高め、まあこれは上記のこだわりからは仕方ないところでしょう。

20150112135814621.jpg

 上立ち香は甘い米っぽい独特な香りがそこそこに。
 含むと、非常に密度の濃い甘旨味がほんの少々のガス感と共に滑り込んできて、裏方の苦味によってダレないままに力強く染みこんできます。
 旨味は濃厚ながらクセのない感じで、すみません、果物でもお米でもない感じの個性的なものでした。
 後味はびっくりするほどしっかり、自然にキレます。

 芳醇そのものの心地よい甘旨味に、直汲みらしい仄かなシュワシュワ感がアクセントを付ける、個性派旨酒でした。
 うーん、これは旨い…、完全に私の好みどストライクです。
 甘味が濃厚ながらガス感のおかげでダレ、キツさが皆無でスイスイいってしまいます。 
 これは直汲みということがとても良い方向に働いている気がします、このバランスは風の森のしぼり華を彷彿させますね。
 また、ホームページの「自然米の10%パワー」の部分に記載の通り、70%とはとても信じられない雑味の無さも凄いです、たっぷりな味わいをしっかり手綱をとって方向付けている印象。
 金寶自然酒、只者ではないお酒として今後追っていこうと思います。

20150112135833621.jpg

20150112135907232.jpg  20150112135922934.jpg

名称:金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒
精米歩合:70%
酒米:不明
アルコール度:16.8%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社仁井田本家
購入価格(税抜):1,585円/720ml
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年02月09日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |