辻善兵衛 純米吟醸 雄町 槽口直汲み 生酒

本日の家飲み 辻善兵衛(つじぜんべえ) 純米吟醸 雄町 槽口直汲み 生酒

20160909100406788.jpg  20160909100415170.jpg

 栃木県真岡市(もおかし)のお酒です。
 外飲みは数え切れないほどしていますが、家飲みは初めて。
 実はこれも、練馬区のうえも商店さんでの購入です、以前まとめて感想上げたときにうっかり漏れてました…

 辻善兵衛自体は、結構前から知る人ぞ知る銘柄という印象で、都内の銘酒居酒屋でも良く見かけていました。
 実際飲んだ印象も良く、いつか家飲みしたいと思っていたのですが、通常巡っている酒屋さんにたまたま取扱いが無く、今になってしまったというよくあるパターンです。
 ちなみに同蔵の地元銘柄は「桜川」で蔵元ホームページもあるのですが、古色蒼然としたデザインで、ろくに情報が有りませんでした…

 スペック的には、雄町を56%という謎に刻んだ数字まで磨いており、「槽口直汲み生」という惹かれるポイントも有ります。
 個人的には、色違いラベルを採用している蔵は、「赤ラベル」には特に気合が入っている印象があるので(たかちよとか)、期待が高まってしまいますね。

20160909100423161.jpg

 上立ち香は、既にトロミを感じさせるような濃厚フレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、香りの印象通りの濃厚な甘旨味が少々の酸苦味を伴いつつググっと入ってきて、最後までバランスを保ったままゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、洋梨?マスカット?的な甘みたっぷりの果実の旨味が主役、華やかな含み香や若干の苦味がありつつも、旨味の濃さでキツさを抑えている印象。
 後味はほんのりとした苦味を残しつつ、しっかりキレます。

 旨甘味の存在感、モダンさ、個性、飲み飽き無さを兼ね備えた、極めて満足度の高いお酒でした。
 うーんこれは私好みですよ、まさにストライクゾーンど真ん中。
 いやあやっぱり栃木のレベルおかしいなあ、県として情報発信さえ上手くできれば、地酒界のダークホース(?)的存在として強い存在感を発揮できそうに思えます。
 ともかく、辻善兵衛は今後も追い続けていきたいと思いました。

20160909100439285.jpg  20160909100430827.jpg

名称:辻善兵衛 純米吟醸 雄町 槽口直汲み 生酒
精米歩合:56%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社辻善兵衛商店
購入価格(税抜):1,571円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店(練馬)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月10日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外飲み雑記in四ツ谷しんみち2 「和酒とおばんざい 和ごころ」

 先日、四ツ谷しんみち通り入口にある居酒屋「和酒とおばんざい 和ごころ」さんにお邪魔してきました。
 こちらは前にお邪魔した「和食ダイニング じきしん」さんの姉妹店として、割と最近オープンしたお店です。

 実はこちらのお店にはオープン日に一人でお邪魔して、挨拶してちょっと一杯で帰るつもりが結局数時間居座ってしまったという思い出があります。
 その日は厨房のブレーカーが落ちたりバイトさんがおたおたしていたりと、絵に描いたようなドタバタぶりで、傍から見る分には面白かったなあ(店長さんすみません)。

 まあそんな個人的思い入れを除いても、お酒・料理などなどレベルの高いお店だと思います。
 じきしんに比べると店長の趣味がより濃くでているそうで、和酒により特化した上、銘柄も比較的マニアックなものが多いです。
(私は飲みませんが、焼酎も凄いらしい)
 雰囲気も初日とは全然変わって落ち着いて飲める感じになっています。

 前置きが長くなりましたが、今回いただいたお酒はこちら。
・登水 純米吟醸 無濾過生原酒
・奥播磨 純米
・甲子 純米活性にごり酒
・くどき上手 純米大吟醸 改良信交
・川鶴 懐純米 パスト&クール 23BY
・豊の梅 純米吟醸あらばしり生酒
・仙禽 雄町50 中取り無濾過生原酒
・醴泉 酒無垢 純米吟醸 雄山錦
・山間 2号 
・阿櫻 袋吊り 大吟醸無濾過生原酒 限定荒走り
・辻善兵衛 純米吟醸 雄町 生
・こんな夜に 雷鳥 純米 奔酒
・亜麻猫 生酒
・新・今錦伝 中取り無濾過生 長野ウルトラD
・國乃長 貴一本 生酒
・栄光 朝しぼり 純米吟醸 無濾過生酒 おりがらみ
・超☆房島屋 純米無ろ過生原酒 厳選槽場汲み
・君盃 特別純米酒 あらばしり
・亜麻猫 生酒 23BY
・十四代 中取り純米吟醸 播州山田錦 生詰

 心に残ったお酒その1は川鶴です。
 前に家飲みでいただいてはいるのですが熟成酒だったので印象はあてにせず、今回は先入観なしでいただきました。
 火入れながら完全に芳醇系で、甘旨みがじっくり楽しめる旨酒でした。

fc2_2013-04-23_08-27-19-608.jpg

fc2_2013-04-23_08-30-36-045.jpg

 その2は辻善兵衛。
 これも最近の注目株なのか、イベントや外飲みではちょくちょく見て実際いただいていた銘柄ですが、家飲みは未だできてません。
 今回頂いたスペックは、フレッシュかつ癖のない味わいで私のストライクゾーンでした。

fc2_2013-04-23_08-28-07-072.jpg

fc2_2013-04-23_08-28-40-649.jpg
 
 その3は國乃長の貴一本。
 全く初聞き、初飲み銘柄でしたが、癖のない超濃厚な甘味が特徴の個性酒でした。
 大阪のお酒とのことです、今後マークしてみようと思います。

fc2_2013-04-23_08-29-02-611.jpg

fc2_2013-04-23_08-29-23-084.jpg

他に頂いたお酒はこんな感じ。
fc2_2013-04-23_08-26-52-498.jpg  fc2_2013-04-23_08-27-43-851.jpg

fc2_2013-04-23_08-29-45-361.jpg  fc2_2013-04-23_08-30-11-078.jpg

 店長さんにいろいろとオススメも頂きつつ、自分が好きなものも飲めてとても充実したひとときでした。
 タイミングを見てまたお邪魔したいと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年05月06日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |