辰泉 特別純米 ふなまえ酒 「辰ラベル No.1」

本日の家飲み 辰泉 特別純米 ふなまえ酒 「辰ラベル No.1」

20150112142115084.jpg  20150112142131487.jpg
 
 福島県会津若松市のお酒です。
 家飲みは初めて、外では何度かいただいたことがあったような。

 辰泉は以前より名前は知っていて、「ふくしま美酒体験in渋谷2014」でも試飲させていただきました
 正直なところ、その時はあまり印象に残らなかったのですが、やはりそのラベルについては記憶に残りましたね。
 「辰ラベル」ということで龍の絵なのですが、なんともかわいい感じ。
 次の辰年(結構遠いですが)には一躍注目を集められることでしょう。
 
 さて、スペック的には、福島の酒米「夢の香」を用いた、スタンダードな感じの新酒生酒です。
 ちなみに「ふなまえ酒」とは漢字で「槽前酒」と書き、「槽(ふね」という搾り機の前で、搾ってすぐに飲むお酒のことをいうようです、まあ実際は「新鮮な生酒ですよ」ぐらいに捉えればよいかと。


 上立ち香はフレッシュなセメダイン香が抑えめに。
 含むと、いかにもフレッシュ&フルーティーな甘旨味がスルリと入ってきて、新酒らしい苦味で引き締められながら染みこんできます。
 旨味は…、これはメロンかなあ、無濾過生酒の旨味ですが青臭いクセはかなり抑えられていて、とても飲みやすい印象。
 後味はキツくない程度の苦味が引き取って、しっかりキレます。

 ふなまえ酒の名前にふさわしい、フレッシュ生酒の魅力を直球で楽しみつつ、グイグイいけてしまいそうなお酒でした。
 うーん、コストも含めて非常に良いバランスのお酒です。
 新酒の時期だからか正直イベントで飲んだ時よりかなり印象が良かったですね、やはりお酒は少し飲んだぐらいではなかなか判断できません。
 辰泉、今後も注目していこうと思います。

20150112142152171.jpg

名称:辰泉 特別純米 ふなまえ酒 「辰ラベル No.1」
精米歩合:60%
酒米:夢の香
アルコール度:17~18%
日本酒度:+3
蔵元情報:合資会社 辰泉酒造
購入価格(税抜):1,360円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 辰泉 特別純米

2015年02月23日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |