赤武 純米吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 赤武 純米吟醸 無濾過生原酒

20160411090352563.jpg  20160411090414333.jpg

 岩手県上閉伊郡大槌町のお酒です。
 (但し、今回のお酒が実際に造られたのは盛岡市)
 ブログでは、約一年前に同銘柄を紹介しています。

 このお酒を醸す赤武酒造は被災蔵であり、現在は他の会社に蔵を借りているというあたりの事情については、前回書いた通りです
 一年ぐらいではそのあたりの事情はあまり変わらないようですね…、ただ、ホームページ等での積極的な情報発信を見るに、意気込みも全く衰えていない印象です。
 東北に住んでいない限り、震災を肌で感じられるような場景はほぼ失われている現在ですが、私のような酒飲みとしては被災蔵のお酒を飲むことが、あの惨劇を思い出す数少ない機会だったりします。
(この記事はちょっと前に書き上げたんですが、今現在ではピント外れになってしまいました…、熊本県をはじめとする被災地の復興をお祈り申しあげます。)

 さて、今回いただくのは精米歩合50の無濾過生原酒、裏ラベルのスペックに関する情報量はちょっと物足りないですね。
 ちなみに、前回純米をいただいた後に各所ブログを初め評判をチェックしたところ、こちらの純米吟醸スペックの方か好評だという印象があったため、今回はこちらをセレクトした次第です。

20160411090434042.jpg  20160411090451315.jpg

 注意書き通り開栓時にはちょっと栓が飛び、注ぐとグラスに気泡がちょっとつきました。
 風の森っぽいのですが、それよりちょっとマイルドですね。

 上立ち香は濃厚フレッシュなリンゴ系の吟醸香がそこそこに。
 含むと、若干のトロミを感じさせる極めて濃厚な甘酸味が自然に入ってきて、僅かなガス感と苦味を伴って、そのままバランスを保ちつつ力強く染みこんできます。
 味わいは蜜たっぷりのもぎたてリンゴといった趣で、しっかりとした甘味に酸味が輪郭を付ける、現代の日本酒の王道を行くようなもの。
 後味は裏方の酸苦味がしっかり引き取って最後まで上品にキレます。

 今時の純米吟醸無濾過生原酒のトレンドのど真ん中を堂々といくような、芳醇フレッシュ甘旨酒でした。
 前回の純米同様、あまり奇をてらわない感じの味わいですね、ただ全体のまとまりはこの純米吟醸の方が断然良い印象です。
 これはスペックによる違いなのか、造り手さんが環境に対応した結果なのか、私の好みが変わったのかは判断しかねますが、良い方向に向かっていることは間違いない気がします。
 赤武にはこの勢いを保ってもらい、いつか自蔵で醸したお酒を飲ませて欲しいなあと思いました。

20160411090508356.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1055.html

名称:赤武 純米吟醸 無濾過生原酒
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤武酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 赤武 純米吟醸

2016年04月20日 岩手の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

赤武 純米 生原酒

本日の家飲み 赤武(あかぶ) 純米 生原酒

20150302124426877.jpg  20150302124449048.jpg

 岩手県上閉伊郡大槌町のお酒です。
 (但し、今回のお酒が実際に造られたのは盛岡市)
 家飲み、外飲みともに初めて。

 上にちらと書いた通り、このお酒を醸す赤武酒造は大震災で甚大な被害を受けた大槌町の酒蔵です(中心銘柄は「浜娘」)。
 所謂被災蔵といっても被害の程度は様々ですが、赤武酒造の施設はまさに壊滅的といえる状態だったようです。
 元々の蔵ではとてもお酒造りができる状況ではなかったようなのですが、やはり再興への想いは強く、まず盛岡市の酒造会社に蔵を借りる形で何とか造りを再開できたとのこと。
 そのあたりの経緯や蔵元さんの想いはホームページにかなり詳細に記載されていますので、ご一読をオススメします。
 
 「赤武」は、そんな「赤武酒造 復活蔵」で醸された限定品ブランドのようです。
 いかついラベルには復活への意気込みが表れているのでしょうか…
 純米吟醸もあるようなのですが、まずは純米クラスをセレクトしてみました。


 上立ち香はフレッシュな感じの果実香がそこそこに。
 含むと、濃厚な甘酸味がグワッと入ってきて、新酒らしい苦味を伴いつつ力強く染みこんできます。
 旨味は今風のフレッシュ果実感のある甘味と酸味が主役で、新酒らしい苦味も強め。
 ただ、少し酸味が強めだったり、苦味が浮いていたり、まとまりのない印象もあるかも。
 後味は苦味を残してキレる感じ。

 少々荒削りながら、好ましい芳醇な甘酸味が魅力のお酒でした。
 私好みの味わいなのですが、この方向性の無濾過生原酒は大量にあるので、ある意味かなり競争が激しい分野なんですよね。
 コスパ的にはかなり良いかと思います。
 赤武、次は純米吟醸もいただいてみたいと思いました。

20150302124514296.jpg

名称:赤武 純米 生原酒
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤武酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 赤武 純米

2015年03月22日 岩手の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |