誉池月 しぼりたて 純米 木槽しぼり おりがらみ生原酒 ハーブ米コシヒカリ

本日の家飲み 誉池月 しぼりたて 純米 木槽しぼり おりがらみ生原酒 ハーブ米コシヒカリ

20170330102507921.jpg  20170330102517657.jpg

 島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です。
 ブログでの登場は二回目ですね。

 このお酒、なかなかに洒落たデザインも素敵ですが、特筆すべきはそのラベルの情報量だと思います。
 裏ラベルにビッシリと記載された数値情報も素晴らしいですが、特に重要なのはちゃんと「ハーブ米」の解説を書いているところですね(記事下写真参照)。
 やっぱりこういうこだわりポイントはしっかり買い手に伝えて初めて「売り」になるということを、蔵元さんは意識すべきだと思いますよええ。
 そしてその情報媒体として一番重要なのは、(ライバル銘柄が隣に並ぶ)店頭でチェックできる「ラベル」であろうと、個人的には思います。
 (かの新政が売れた要因の一つには、裏ラベルの文章を通じた情報発信があるんじゃないでしょうか)

 閑話休題、今回いただくのはそのハーブ米コシヒカリを60まで削って醸された新酒になります。
 数値的には、日本酒度+10が目を引きますね、ここまで高くなると流石にハッキリ「辛口」な味わいが想像されます(実はこの点には買ってから気づきました…、普通私は買わないレベルの数値です)。
 コシヒカリとはいえ飯米だからか、割とお安いのはありがたいところ。

20170330102528564.jpg  20170330102540596.jpg

 上立ち香は酸とアルコールを感じるキリッとした香りがそこそこに。
 含むと、やはり酸の効いた旨味がキリリと入ってきて、アルコール的な辛さを感じさせつつ、最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘さ僅少でまさに「ドライ」という形容が思い浮かぶ筋肉質なもので、そこに強めの酸、ほんのりとした苦味が相まって徹底的に鋭角な感じなのですが、細くはなくしっかり味は出ていますね。
 後味はその印象のまま力強くキレます。

 酸辛で極めて引き締まった味わいが印象的な、古臭さのないスーパードライ日本酒でした。
 なんとなく島根のお酒にはこういう引き締まった男酒が多いような気がしますね。
 ただ、結構味が多かった前回とは、正直まったく違った印象を受けました、こりゃ後何本か買わないと銘柄の特徴は掴めないかも…
 誉池月、次はまた違ったスペックをいただきたいと思います。

20170330102558274.jpg  20170330102548988.jpg

名称:誉池月 しぼりたて 純米 木槽しぼり おりがらみ生原酒 ハーブ米コシヒカリ
精米歩合:60%
使用米:コシヒカリ
アルコール度:18~19度
日本酒度:+10
蔵元情報:池月酒造株式会社
購入価格(税抜):1,227円/720ml
購入した酒屋さん:大阪屋酒店(吉祥寺)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 誉池月 純米

2017年06月14日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

誉池月 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり 25BY

本日の家飲み 誉池月(ほまれいけづき) 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり

20151108205724481.jpg  20151108205739729.jpg

 島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です、これまた難しい読みですね…
 家飲み、外飲み含め、確か初めていただきます。

 引き続き秋にいただいた生熟酒の紹介です。
 といいつつ、こちらは25BYなので1年以上熟成されていますね、蔵と酒屋両方で結構な年月を経ているお酒です。
 こちらも吉祥寺の大阪屋さんでの購入なのですが、凄いのはその販売元が裏ラベルに印字されていることでしょう。
 お酒の流通はなかなか難しいものらしく、時にブローカーが介在して蔵元さんの意図に反する売られ方をされることもあるようですが、ここまでやってしまえば問題はほぼ無くなるのではないでしょうか。

 スペック的には山田錦を60まで削りつつ「純米」を名乗っているところにこだわりを感じます。
 裏ラベルには詳細がびっしり…この情報公開姿勢は素晴らしいのひとことですね。
 ちなみに蔵元ホームページも簡潔ながら充実しています、特に特約店一覧があるのが素晴らしい!

20151108205753414.jpg

 上立ち香はバランスが良く濃厚な吟醸香がそこそこに。
 含むと、濃厚でトロリとした甘旨味がぐわっと入ってきて、絡みつく苦酸味によってギリギリの線で輪郭を保ちつつ、力強く染みこんできます。
 旨味はやはり完熟果実の甘酸味が主役で、なんというかスモーキーさもある感じ、そして苦味も力強く全体的ににぎやかな味わい。
 後味は辛さも出てきて、しっかりとキレます。

 五味がそれぞれ遠慮無く主張しつつ、ギリギリながらもちゃんとバランスを保った芳醇旨酒でした。
 最初の一杯は少したじろぐような個性なのですが、少し慣れてくるとクセになりそうな味わい。
 何気にこういうお酒は味が濃い料理にも負けないところもありがたいです(ソースとか)。
 ただ、肩ラベルの「華麗」という表現には疑問も…、まあそれは他銘柄と比べるからなのでしょうけど。
 誉池月、確固としたスタイルを持つ銘柄として、今後注目したいと思います。

 裏ラベルでは否定されていますが、なんとなくイケそうだったので燗も付けてみると、バッチリ柔らかく、クセが抑えられました。
 うーむ、だいたい香り系以外のお酒で、ある程度熟していれば生だろうが余裕で燗映えしますね。

20151108205838633.jpg

名称:誉池月 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:池月酒造株式会社
購入価格(税抜):1,359円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 誉池月 純米

2015年12月15日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |