誉池月 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり 25BY

本日の家飲み 誉池月(ほまれいけづき) 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり

20151108205724481.jpg  20151108205739729.jpg

 島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です、これまた難しい読みですね…
 家飲み、外飲み含め、確か初めていただきます。

 引き続き秋にいただいた生熟酒の紹介です。
 といいつつ、こちらは25BYなので1年以上熟成されていますね、蔵と酒屋両方で結構な年月を経ているお酒です。
 こちらも吉祥寺の大阪屋さんでの購入なのですが、凄いのはその販売元が裏ラベルに印字されていることでしょう。
 お酒の流通はなかなか難しいものらしく、時にブローカーが介在して蔵元さんの意図に反する売られ方をされることもあるようですが、ここまでやってしまえば問題はほぼ無くなるのではないでしょうか。

 スペック的には山田錦を60まで削りつつ「純米」を名乗っているところにこだわりを感じます。
 裏ラベルには詳細がびっしり…この情報公開姿勢は素晴らしいのひとことですね。
 ちなみに蔵元ホームページも簡潔ながら充実しています、特に特約店一覧があるのが素晴らしい!

20151108205753414.jpg

 上立ち香はバランスが良く濃厚な吟醸香がそこそこに。
 含むと、濃厚でトロリとした甘旨味がぐわっと入ってきて、絡みつく苦酸味によってギリギリの線で輪郭を保ちつつ、力強く染みこんできます。
 旨味はやはり完熟果実の甘酸味が主役で、なんというかスモーキーさもある感じ、そして苦味も力強く全体的ににぎやかな味わい。
 後味は辛さも出てきて、しっかりとキレます。

 五味がそれぞれ遠慮無く主張しつつ、ギリギリながらもちゃんとバランスを保った芳醇旨酒でした。
 最初の一杯は少したじろぐような個性なのですが、少し慣れてくるとクセになりそうな味わい。
 何気にこういうお酒は味が濃い料理にも負けないところもありがたいです(ソースとか)。
 ただ、肩ラベルの「華麗」という表現には疑問も…、まあそれは他銘柄と比べるからなのでしょうけど。
 誉池月、確固としたスタイルを持つ銘柄として、今後注目したいと思います。

 裏ラベルでは否定されていますが、なんとなくイケそうだったので燗も付けてみると、バッチリ柔らかく、クセが抑えられました。
 うーむ、だいたい香り系以外のお酒で、ある程度熟していれば生だろうが余裕で燗映えしますね。

20151108205838633.jpg

名称:誉池月 純米 山田錦 無濾過生原酒 木槽しぼり
精米歩合:60%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:池月酒造株式会社
購入価格(税抜):1,359円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 誉池月 純米

2015年12月15日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |