萩の鶴 「メガネ専用」 特別純米酒

本日の家飲み 萩の鶴 「メガネ専用」 特別純米酒

20161006142742468.jpg  20161006142756693.jpg

 宮城県栗原市のお酒です。
 同じ蔵の醸す別ブランド、「日輪田」については昨年、火入れ生酒と2回紹介しています。

 さて、このお酒の名前と見た目のインパクトは、流通する全日本酒の中でも五指に入るのではないでしょうか。
 表ラベルにも記載があるように、蔵人がたまたま全員メガネだったことから生まれたお酒だそうです。
 が、ここまでバッチリラベルをデザインして、「メガネの日(10-01)」かつ「日本酒の日」である10月1日に飲めるように出荷日を調整し、Facebookを利用した企画まで用意するという気合の入りっぷりは、まさに「誰がここまでやれと言った」の世界ですね。
 その気合が飲み手にも伝わったのか、販売を開始した昨年は一瞬で店頭から消えてしまい、私も買い逃したのですが、今年は9/30にお店の冷蔵庫に1本だけ残っていたものをゲットできました。

 ちなみに私は20年以上の年季が入ったメガネっ漢であり、筋金入りのメガネっ娘萌えなので、このお酒を飲む資格(笑)はもちろんあるでしょう。 (現在うちの鎮守府の眼鏡艦娘LVは136、133、130、127、127、126、96、89、88、54の平均110.6)

 スペックの記載はあまりありません、精米歩合60の一回火入れみたいですね。
 ボトルは透明で、白く見えるのはまさにお酒の濁りによります。

20161006142808960.jpg  20161006142822161.jpg

 今年はなんとオマケにメガネふきもついてました。
 しかし「メガネ専用メガネふき」とは…、「当たり前やないかーい!」というツッコミ待ちか。
20161006142857643.jpg  20161006142907502.jpg


 上立ち香はスッキリとした柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、火入れとは思えないぐらいにフレッシュで、やはりキリリとした印象の甘酸味が勢い良く入ってきて、バランスを保ったまま自然に染み込んできます。
 味わいは柑橘系果実の引き締まりのある甘酸味が厳然たる主役で、裏方にはほんのりと苦味も感じ、芳醇ながら飲み飽きずスイスイ言ってしまうような雰囲気がありますね。
 後味はその酸苦が引き取って見事にキレます。

 イロモノ的な見た目のイメージとはかけ離れた、現代的な日本酒の魅力を凝縮したような完成の度の高いお酒でした。
 個人的にはこれが火入れというのが信じられないですね…、余程丁寧に瓶燗したのだと感じました。
 また、ひやおろしをはじめある程度熟した感じのお酒があふれるこの時期に、これだけフレッシュなお酒を楽しめるということは、それ自体に価値があると思います。
 ちなみに 「花陽浴に伍する旨さ」というのは一緒に飲んだ母君(メガネ着用)の弁。
 萩の鶴の「本気のおふざけ」の凄みを感じたお酒でした、他のスペックもぜひ試していきたいですね。

20161006142836286.jpg

名称:萩の鶴 「メガネ専用」 特別純米酒
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:萩野酒造株式会社
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月08日 宮城の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |