醍醐のしずく 菩提もと仕込み

本日の家飲み 醍醐のしずく 菩提もと仕込み

20170402130542106.jpg  20170402130550131.jpg

 千葉県香取郡神崎町(こうざきまち)のお酒です。
 ブログでは初登場の銘柄・酒蔵になりますね。
にごり酒特集の8本目。

 こちらを醸す「寺田本家」については、あまりに特徴があり過ぎて書ききれないので、詳しくはググっていただければ…
 無農薬米、無添加、生もと造りと、とにかく「ナチュラル」な酒造りにこだわりがあり、製品は健康食品ショップで取り扱われることもある、異色の蔵元になります(通常銘柄は「香取」)。
 蔵元ホームページは古臭いデザインながらも内容は充実しており更新頻度も良好、Facebookもあるみたいですね、小規模蔵元は是非見習ってほしいレベルかと。(特に取り扱い店情報が詳細に載っているのが素晴らしい!)

 今回いただく「醍醐のしずく」も、「菩提もと」に加え「精米歩合90」と、一般的な日本酒カテゴリのなかではイロモノ的ともいえる代物。
 蔵元の商品紹介を見ると、「日本酒度/-40~-70」「酸度/6~12」 「アミノ酸度/2~6」とか、数値的にもとんでもないことになっているようです(仕込みごとに数値が異なるため、おおまかな範囲を記してあるとのこと)。
 「菩提もと」造りの詳細も同じページに記載が有りますね、自分の中では「鷹長」のイメージが強いです、奈良県以外でやっているところは相当少ないんじゃないでしょうか。
 「にごり酒」というカテゴリに入るのかどうかは微妙ですが、おりが結構あるということと、なによりお酒自体が完全に色づいて不透明になっているため、今回の特集に入れてみました。

 いやあ見た目からして只者ではない感じのオーラが出てますね…(瓶は透明です)
20170402130612583.jpg

 上立ち香は明らかに日本酒のものではない白ワイン的酸の香りがかなり強めに。
 含むと、濃厚かつ超個性的な甘酸味が少々のガスの刺激とかなり強めの粘性を伴ってとろ~りと入ってきて、唾液腺を強く刺激しながらゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、やっぱり白ワイン的な酸味を中心にしつつ、お米の甘味や旨味が深みを与え、そしてトロミが独特の口当たりを添えるまさにオンリーワンのもの。
 後味は濃厚な味わいを酸で強引に切り上げるキレかた。

 兎にも角にも個性的な、非常に奥深い味わいのトロトロ芳醇甘酸っぱ酒でした。
 酸っぱさはもとより、個人的には未経験の口当たりに衝撃を受けましたね、にごり酒というより生姜湯とか葛湯とかを思い出すトロミでした。
 正直なところ私は酸っぱい系のお酒は苦手なのですが、口当たりの面白さとアミノ酸的な旨味の濃厚さも主張していて酸一辺倒ではないため、結構楽しく飲めましたね。
 逆に三芳菊、亀泉CEL24,アフスあたりが好きな方は絶対一度は飲んでみるべきかと…(実際妻は美味しく飲んでました)
 寺田本家については、実は「むすひ」も同時に買ったので、いつかご紹介したいと思います。

 さて、いよいよ次回は「にごり酒特集」の最終回、今回のMVP酒をご紹介します。

20170402130558199.jpg

20170402130604889.jpg

名称:醍醐のしずく 菩提もと仕込み
精米歩合:90%
使用米:不明
アルコール度:14%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社寺田本家
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:白鳥屋酒店(川口市)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年04月13日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:6

鷹長 純米酒 菩提もと 生酒

本日の家飲み 鷹長 純米酒 菩提もと 生酒

20160925214322243.jpg  20160925214332582.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 風の森と同じ、油長酒造が醸しているお酒ですね、同銘柄としてはブログ2回目の登場。

 こちらは以前いただいたものと同じ「菩提もと」のお酒です、その説明は裏ラベル写真や前回記事をご参照ください(サボリ)。
 一番の違いは前回が火入れの二年熟成ものだったのに対し、今回は生酒の新酒ということでしょう。
 当ブログ的には前回がむしろ特殊なセレクトだったので、一度いつもの嗜好に即したものも買っておこうという感じですね。

 裏ラベルの解説も前回と同文。
 使用米(飯米のヒノヒカリ)も変わらないので、基本的なスペックも同じかな…と思いきや、精米歩合が「59%→70%」、日本酒度が「-15→-25」と大きく変わっています。
 通常製品ならこれだけ変われば同じラベルで売り出すのがミスリーディングなレベルですが、このお酒については「製法」がキモですからね、製法の魅力を引き出す方法を模索するのも正しいことかなという気がします。

20160925214342311.jpg

 上立ち香は洋梨的な極めて個性のある甘い果実の香りがそこそこに。
 含むと、日本酒離れした超濃厚の甘旨味がグワッと入ってきて、その後もやっぱり甘味を正面に備え付けたまま、ゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、甘味が主役なのは間違いないのですが、その甘味自体が熟感等の複雑味を添えて、何とも表現しづらい旨味の世界を創り出します。
 後味は少々の甘味が残るのですが、全体としては面白いほどに自然に引き上げていきます。

 強烈で個性的な甘味が印象に残る、まさにオンリーワンの複雑怪奇な超芳醇酒でした。
 流石にこれは食中酒とするのは難しいでしょうね、ただ逆に、最後にこれを飲めばデザートは要らないぐらいの満足感が得られると思います。
 ちなみにやはり私は火入れより生酒の方が好きでした、まだまだ火入れ熟成のどっしり感よりも生酒のジューシー感の方に魅力を感じるようです。
 ともかく、菩提もとの可能性を感じるお酒ではあると思いました、他の菩提もとのお酒も試してみていきたいですね。


 ちなみに、このお酒は前回紹介した風の森アルファ1と同時に開けました。
 アルファ1を最初に開け、他のお酒を経由し、この鷹長で締める。
 同蔵ながら対照的な酒質も楽しく、そんじょそこらの居酒屋に負けない濃い家飲みタイムでしたね。

20160925214351235.jpg

名称:鷹長 純米酒 菩提もと 生酒
精米歩合:70%
酒米:ヒノヒカリ
アルコール度:17%
日本酒度:-25
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5(若干特殊な判断)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年11月17日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |