総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒

本日の家飲み 総乃寒菊(ふさのかんきく)  純米大吟醸 無濾過生酒

20160426092543132.jpg  20160426092600452.jpg

 千葉県山武市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらはIWC(インターナショナルワインチャレンジ)2013において、純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部で千葉トロフィーを受賞した銘柄です。
 世に日本酒コンペは数ありますが、その中でもIWCは個人的にかなり重要視していますね(早い段階で「鍋島」を選出したことが大きい)。
 2013のトロフィー受賞銘柄についても、定番銘柄以外の「喜多屋」「かたふね」については、既に家飲みし、ブログでも紹介しています。
 この「総乃寒菊」については私が千葉県出身なこともあり、かなり気になっていたのですがなかなか入手句会が無く、今回ようやく柏高島屋で見つけたので、喜んで購入した次第です。

 スペックは50磨きのギリギリ純米大吟醸ですね、使用米は不明。
 ラベルを見る限りでは「無濾過」の「生酒」であることは確かですが、加水の有無はわかりません。

20160426092640129.jpg  20160426092658684.jpg

 含むと、爽やかな印象の吟醸香がほどほどに。
 含むと、いかにも純米大吟醸という雰囲気のキレイな旨味がスッと入ってきて、時間差で出てくる苦味を伴いつつ、華やかに口中に広がります。
 味わいは、やはり高精白らしい繊細で線の細いフルーティーな旨味が主役、透明感もあるのですが、口中で転がしすぎると苦味がちょっとキツくなる感があります。
 後味はその苦味を舌先に少々残しつつ、キレイにキレます。

 純米大吟醸生酒の王道を征く、上品なフレッシュフルーティー酒でした。
 やはり無濾過生酒らしく、フレッシュで濃厚な味わいを素直に味わえるのは素敵ですね。
 が、若干割高なのと、まだ「無濾過生酒として」こなれていない印象が少し気になりました(火入れの方が良さそうな印象というか)。
 総乃寒菊、今後に注目していきたいと思います。

20160426092734998.jpg  20160426092717310.jpg

名称:総乃寒菊 純米大吟醸 無濾過生酒
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社寒菊銘醸
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:柏高島屋
お気に入り度:8.1(値段も考慮に入れて)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年05月30日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |