智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒 28BY

本日の家飲み 智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒 28BY

20170331163141564.jpg  20170331163150875.jpg

 島根県安来市のお酒です。
 同銘柄の登場は2回目ですね。

 前回(27BY)をいただいてからそんなに時間が経っていない印象ですが、印象深い旨さであったので今期も購入しました。
 購入した「うえも商店」さんの店頭では、確かスタッフの方が実際現地に行って詰めて来たというような記載のPOPがついていたので、限りなくPBに近い商品と言えるでしょう。
 同店では他にも数銘柄で同様の直汲み商品を扱っていたかと思います、しっかり蔵元と信頼関係を築いている証左かと思いますね。

 最近恒例(?)の蔵元ホームページチェックをしてみると、案の定この「智則」は影も形もないですね(通常銘柄は出雲月山)。
 そして、取り扱い店一覧があるのは素晴らしいのですが、うえも商店さんが無い…(記事作成時現在)、うーん何とも残念。
 スペックは基本的に前回から変更無いようです、地元の酒米「佐香錦」を55%まで磨いた無濾過生原酒になります。

20170331163200796.jpg

 上立ち香はフレッシュかつとにかく濃厚な感じの果実の甘い香りがそこそこに。
 含むと、濃厚かつ透明感のある甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、そこそこのガス感とほんの少々の苦味で輪郭を整えつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはり洋梨的なインパクトのある甘旨味を主役に据えつつ、良い意味での青さ、硬さがあって、ガス感と苦味も相まってどんどん飲み進んでしまう魅力があります。
 後味は、やはり酸苦が引き取る感じで、しっかりとキレます。

 濃厚な甘味、上品な透明感、ガス感によるインパクトなどなどの魅力を、ストレートかつ高次元で味あわせてくれる、極めて完成度の高い芳醇フレッシュ甘旨酒でした。
 いやあやっぱり安定感ありますね、私の好みどストレートです。
 ただ個人的にちょっと失敗したかなと思う点は、購入してから少し家で寝かせちゃったんですよね(2月購入、4月開栓)、せっかくの直汲みなのでやはり即開栓でいただいたほうが面白かったかもと思ったりします。
 ともかく、智則は信頼を置ける銘柄の一つとして、今後も追い続けたいと思いました。

20170331163209648.jpg

名称:智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒 28BY
精米歩合:55%
使用米:佐香錦
アルコール度:17%
日本酒度:+1.0
蔵元情報:吉田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,713円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月22日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:1

媛一会 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒

本日の家飲み 媛一会(ひめいちえ) 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒

20170402160447991.jpg  20170402160455781.jpg

 愛媛県西条市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらのお酒は全く前情報が無かったのですが、こだまさんの店頭でフィーリング衝動買いしました(次の予定があって試飲する時間が無かったのがくやまれますが)。
 結構ラベルが特徴的ですね、瓶を360度覆っており、デザイン化された銘柄名や、「かい入れ歌」の記載が目を引きます(詳しくは写真を拡大してご覧ください)。
 ただ、この全方位ラベル、お酒の残り量がわかりにくいという致命的な弱点があったりします(笑)、どうにか改善を求めたいですね…

 スペック的には、地元の酒米松山三井の60磨き、やはり山廃無濾過生というのがポイントでしょう。
 数値情報は結構詳細で、その中にしれっと「酸度2.5」という記載がありますが、これは異常値かと…(非常に高い)
 そして確か27BYだったかな、結構な期間熟成されているので、それで酸がどうなったか気になるところ。

20170402160502716.jpg  20170402160510711.jpg

 上立ち香はハッキリと熟感がありつつ、酸も感じるスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、やはりかなりの熟成香を纏った、強烈な酸味が鋭角に舌に突き刺さってきて、唾液腺を強烈に刺激しながらもスルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、カラメル的な熟感と、乳酸と柑橘果実の中間的な酸が主役を演じて甘さは控えめ、苦渋は皆無ながら、とにかく酸の主張が激しいために全体の印象は非常に引き締まっていますね。
 後味はそのまま酸味が受け持ってキリリとキレます。
 
 熟感と酸がそれぞれ強烈に主張する、極めて個性的な旨酢っぱ酒でした。
 前に舞美人を買ったときに似た印象を受けましたね、個人的にはここまで「酸っぱい」と、甘味が引っ込んでキツく感じて、ちょっと苦手だったりします。
 ただ、一つのお酒として荒は感じず、熟成や空気接触で丸くなれば伸びていきそうな予感もありますね。
 媛一会、次はまた別スペックもいただいてみたいと思いました。


 あーやっぱり、開栓後数日放置でちょっと刺々しさが和らぎますね、というか一週間以上放置しても全然OK。
 また、お店の商品紹介に従いかなり熱めに燗を付けると旨味が増して、さらにほっこりとした甘味も出てきます。
 相変わらず主役は酸ではあるのですが、甘旨派の私的には断然熱燗がオススメ。

20170402160518884.jpg  20170402160526535.jpg

名称:媛一会 山廃仕込純米吟醸 無ろ過生原酒
精米歩合:60%
使用米:松山三井
アルコール度:17~18度
日本酒度:+1
蔵元情報:武田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:地酒屋こだま(大塚)
お気に入り度:8.3/9.0(燗、変化も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月20日 愛媛の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒

本日の家飲み 川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒

20170402154053914.jpg  20170402154104401.jpg

 香川県観音寺市のお酒です。
 当ブログでの登場は6本目と、かなりの頻度になってます。

 記事ネタ探しに蔵元ホームページに行ってみると、「平成29年度鑑評会金賞受賞」など割とタイムリーな記載があって、ツイッターやFacebookもあり、情報公開には積極的な印象を受けます。
 が、なんと商品紹介コーナーが無い上に、肝心要の「お取扱い店舗」コーナーが「ただいま製作中」…(いつからやねん)。
 正直、「買い手が知りたいこと」が伝わらない情報公開に意味はあるのかしらと、厳しいことを思ってしまいます。
 (なんか最近蔵元の情報公開姿勢ディス記事ばかりになってしまってますが、私としても不本意なんです… 本当は書く内容に困るぐらいの情報を与えて欲しいと切に願っております。)

 今回いただくのは、雄町米利用の新酒生原酒、精米歩合は58。
 川鶴は最近商品名に横文字をよくつけてますね、「Advance」「undiluted sake」なんてのもあるようです。
 裏ラベルには味わい等に関する蔵元メッセージが記載されていますが、ネーミング由来等は謎。

20170402154117540.jpg

 上立ち香は程よく甘くフレッシュな果実の香りがそこそこに。
 含むと、硬質な印象の甘酸旨味が力強く入ってきて、その酸と青い感じの苦味でしっかりと引き締まったまま、グググッと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、さわやかな酸と程々の甘味が一体化した青目の洋梨的なフレッシュな旨味が主役、苦味も結構存在感はありますがギリギリきつくない感じで個性を演出しています。
 後味は、苦酸がしっかり引き取って力強くキレる感じ。

 しっかりとした個性のある甘旨味を、ストレートに感じさせてくれるある種生原酒のお手本のような芳醇旨酒でした。
 割と前から飲んでいる身からすると、着実に酒質を向上させてきている印象を受けます。
 この歩みは止めないで欲しいですね…
 川鶴、引き続き注目していきたいと思います。

20170402154137890.jpg

名称:川鶴 純米吟醸 Wisdom ~継承~ 限定生原酒
精米歩合:58%
使用米:雄町
アルコール度:17度
日本酒度:不明
蔵元情報:川鶴酒造合資会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 川鶴 純米吟醸

2017年06月16日 香川の日本酒 トラックバック:0 コメント:3

桃の里 純米吟醸 28BY

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸 28BY

20170402160240045.jpg  20170402160248073.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも4回目。

 こちらは岡山出張時に購入して衝撃を受けた、私と桃の里との出会いのスペックの28BY新酒バージョンになります。
 その記事ではコメントで色々と情報をいただきまして、非常に参考になりました。
 なかでも、読者様がアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」でこの純米吟醸のカップ酒を発見して、レポしてくれたのが非常に嬉しかったですね。
 そしてさらに、そのコメント情報を見てあろすさんがご自分のブログ「日本酒のカルテ」で購入・感想記事をあげてくれました。
 オススメのお酒を実際に買ってくれた方に反応貰って、その情報が広がっていく手ごたえを感じられるということは、ブロガー冥利につきますね…まさに感無量です。

 ちなみに、このお酒を取り寄せる際に、気になっていた加水の有無と火入れ回数を聞いたのですが、「加水無し・一回火入れ」とのことでした。
 「キエーッ!だったらそう書いてくださいよぉ!」と頭を掻き毟りましたね…、少なくともマニアなら50磨きの一回火入れ原酒で15度という数値を見た時点で、土産物屋に普通に並んでいるような酒とは一線を画したスペックということは読み取れるはず。
 まあ自分としても、この味わいで加水二回火入れとはとても思えないと感じていたので、その意味では納得です。(「要冷蔵にしなくて大丈夫かなあ」という別の心配は生まれましたが)


 上立ち香は少々甘さを感じる果実の香りが仄かに。
 含むと、個性的で濃厚な甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、独特の渋味で輪郭を保ちつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいはやはり桃の里味としか言いようのない熟した果実の甘旨味が主役で、伴うのは草や木っぽいこれまた個性的な渋味。
 後味は複雑味の余韻を残しつつも、濃厚さをしっかりと引き上げてキレます。

 確固とした「桃の里味」を感じさせる、オンリーワンの奥深さがある芳醇甘口酒でした。
 前回(27BY)に比べると若干甘味以外の要素が増した感はありますが、誤差の範囲内という印象ですね、比較的安定感のあるスペックだと思います。
 実は自分以外の感想も聞きたかったのでわざわざ実家に持って帰って母上にも飲んでもらったのですが、やはり高評価でした。
 桃の里、芳醇甘口派(特に村裕の黒・常盤が好きな人)にはとにもかくにも一回は飲んでみてほしい銘柄です。

 今回初めて開栓後数日経ったものを飲んだのですが、若干渋味が勝ってきて、開栓直後に比べると若干バランスが悪くなった印象があります。
 やはり本質的には結構繊細なお酒かなあと思います、一回火入れとはいえ常温保存は心配だなあ…

20170402160255920.jpg

名称:桃の里 純米生原酒
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月12日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

本金 純米吟醸 無濾過生原酒 ひとごこち

本日の家飲み 本金 純米吟醸 無濾過生原酒 ひとごこち

 20170330102723552.jpg  20170330102850231.jpg

 長野県諏訪市のお酒です。
 外飲みは何度かありますが、家飲みは初めて。

 ちょっと前にいただいた「豊香」に引き続き、「大長野酒祭り」で経験しつつも家飲みできていなかった銘柄となります。
 これについてはパッと見ただけで 「笑亀」「高天」「和和和」「大雪渓」「岩清水」等々、まだまだ気になっている銘柄があるんですよね。
 まあこればっかりは取り扱い酒屋との兼ね合いもあるので、少しずつやっていくしかないでしょう。
 ただ、やはり未家飲みの「御湖鶴」にいたっては倒産してしまいましたからね…、本当に日本酒との出会いは一期一会、一旦タイミングを逃すと下手したら一生飲めなくなってしまうこともあり得るわけです。
 そういう出会いを逃さないために、私は今日も日本酒を開けるのです…
 (実際は飲みたいだけ)

 閑話休題、今回いただくスペックは、長野の酒造好適米ひとごこちを55%まで磨いた新酒純米吟醸無濾過生原酒。
 割とスタンダードですね、ただ原酒でアルコール度数15~16度は少し低めかも。

20170330102858187.jpg

 上立ち香は青さと甘さが同居したフレッシュリンゴ的香りがそこそこに。
 含むと、輪郭がハッキリとした甘酸旨味が程よい勢いで入ってきて、ほんのりとした苦味も伴って最後まで引き締まったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、確かな甘さを奥に秘めつつも、表に出てくるのは強めの酸と独特な味わいとしか私には言いようのない旨味で、存在感と飲み飽きなさをしっかり両立させていますね。
 後味はメイン酸、サブ苦、といった感じで見事にキレます。

 しっかりとした個性のある、量を飲んでしまいそうなフレッシュ旨酸酒でした。
 いわゆるミネラル感もありますね、似たようなお酒飲んだことあるな…としばらく考えたところ「山間」にたどり着きました。
 これ系の味わいは昔から「木香」っぽいと感じていたのですが、ブログ仲間のモウカンさんが使っていた「草っぽい」という表現がより合うと思います。
 本金、次はまたほかのスペックもいただきたいと思いました。

 二日目になると、若干甘味が表に出てきたような…
 これは良いですね、もしかしたら熟成適性もあるお酒なのかも。

20170330102913169.jpg  20170330102905759.jpg

名称:本金 純米吟醸 無濾過生原酒 ひとごこち
精米歩合:55%
使用米:ひとごこち
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:酒ぬのや本金酒造株式会社
購入価格(税抜):1,446円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 本金 純米吟醸

2017年06月06日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

豊圀 純米吟醸 中取り本生

本日の家飲み 豊圀(とよくに) 純米吟醸 中取り本生

20170402160356640.jpg  20170402160404356.jpg

 福島県河沼郡会津坂下町(あいづばんげまち)のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 肩掛けラベルには誇らしげに「全国新酒鑑評会9年連続金賞受賞」の文字が躍っています。
 新酒鑑評会については、Wikipediaにも載っているように、その意義についての批判もあります。(私も概ね同意。特に対象酒が「香り系高級吟醸」に偏っているという部分は大きいかと)
 ただ、安定して受賞しているということは酒造技術の高さを示しているのは確かだと思います、そして小規模蔵で9年連続金賞というのはとんでもないレベルと言えるでしょう(ソースは無いですが、たぶん全国でも数蔵なんじゃないかしら)。
 典型的な、「(東京では)知られざる実力蔵」といった趣きですね、こういうお酒をこそ地酒屋さんには見出して欲しいところです。

 蔵元ホームページには受賞歴等が記載されています、個人的には蔵元紹介に書いてある「普通酒から上級酒までふなしぼりで行なっております。」という記載に衝撃を受けましたね。
 ただ、今回のお酒のラベルには55磨きの中取り生ということしか記載なし。
 購入先のこだまさんのHPにはありがたいことに詳細な記載が有りました、使用米は福島の夢の香、日本酒度は少し低めの-2だそうです。

20170402160413657.jpg  20170402160438360.jpg

 上立ち香は程よく落ち着いて濃厚な甘酸を感じる果実の香りが控えめに。
 含むと、やはり落ち着いた印象の甘旨味がゆっくりと入ってきて、そのまま自然な口当たりを維持しつつも、時間差で出てくる苦味が奥深さを添え、じわじわと染み込んできます。
 味わいは砂糖をまぶした洋梨(?)的な、荒さが皆無で優しい甘旨味がしっかりと芯にあり、そこに柔らかいほろ苦さが引き締まりと複雑さを添え、全体としてふくよかさと飲み飽きなさを両立させている印象。
 後味は苦味が引き取ってしっかりとキレます。

 非常に個性的かつ豊かな味わいながら、ダレを感じさせないまとまりと複雑さのあるお酒でした。
 苦味がいいんですよ…、新酒っぽい浮いた感じの苦味でなく、旨味と一体になって奥深さを演出してくれます。
 やっぱり蔵の実力を感じるお酒だと思いますねえ…、私が地酒に求めるものを高レベルで具備している印象(特に個性)。
 豊圀、近いうちに是非他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20170402160430403.jpg  20170402160421582.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同銘柄の記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1644.html
(スペック違いですが、貴重な感想なのと、共通する部分がある気がするので参考までにリンク)

名称:豊圀 純米吟醸 中取り本生
精米歩合:55%
使用米:夢の香
アルコール度:16度
日本酒度:-2
蔵元情報:豊国酒造合資会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:地酒屋こだま(大塚)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年05月31日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

Takachiyo CAPTER TWO AIYAMA JUNMAIGINJO

本日の家飲み Takachiyo CAPTER TWO AIYAMA JUNMAIGINJO

20170330103115727.jpg 20170330103124559.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 同蔵のお酒は当ブログで10回以上登場している常連組ですが、この「Takachiyo」は初家飲みになります。

 こちらは「たかちよ」を醸す蔵の新商品、「Takachiyo 59」シリーズのお酒です。
 今までの「たかちよ」というひらがなラベルと、「髙千代」という漢字ラベルに続く、第三シリーズ…のようですね。
 ひらがなはいわば「若者向け」、漢字は「(比較的)大人向け」、そしてこのアルファベットはその中間を狙っているようです。
 その他のコンセプトも含め、ブログ「ぽんしゅ歴」様の紹介記事に詳しく載せられていたので、興味がありましたらご参照ください。
 (というか細かいコンセプトがあるのに全然エンドユーザーに伝えれられる体制になってませんよね。酒販店にはアナウンスしてるはずなんだからその資料でも公開して欲しいところ)

 なお、このシリーズはスペック的には基本精米歩合59%(扁平精米)、協会酵母1801号利用の生原酒で統一し、米違いで出しているようです(一部例外もあるようですが)。
 今回いただいたのは愛山、シリーズ的には第二弾ですね(実は第一弾の一本〆は油断して買い逃しました…)。
 スタイリッシュな瓶は500mlサイズで、値段的には四合瓶に換算すると1,872円と愛山酒なだけに結構お高い感じです。

20170330103133712.jpg

 上立ち香はいつものたかちよラインの甘い果実香なのですが、若干濃度控えめな感じでそこそこに。
 含むと、いつものように甘旨味が塊となってぐっと入ってくるのですが、やはり濃度は若干控えめで裏方には苦味も感じさせつつ、ゆるゆると流れ込んできます。
 味わいは、うーむ個人的にはベリー系の甘味と若干の酸味が絡み合ったものがメインと感じますね、苦味もそこそこ存在感があってその甘酸と拮抗している印象。
 後味はわりと苦味が優勢になって力強くキレます。

 いつものたかちよ的甘旨味を、ヴェールでコーティングした上でちょっと薄めたような感じのお酒でした。
 うーむ、何というか大人しい分より重い感じがしてしまうかも…、これなら甘酸に振り切れている方が個人的には楽しいような。
 大体予想通りではありましたが、私にとっては基本的にはやっぱりひらがな「たかちよ」シリーズが一番合っているということを再認識した次第です。
 ただ、コンセプト通りではあるとは思いますね、ひらがなでは味が強すぎて、漢字では物足りないという人(果たして居るのか?)なら丁度良く楽しめるでしょう。
 まあ私としても、もう一本ぐらいはアルファベットシリーズも試してみようかな。

20170330103144648.jpg

紹介:「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-736.html

名称:Takachiyo CAPTER TWO AIYAMA JUNMAIGINJO
精米歩合:59%
酒米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/500ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年05月29日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

播州一献 純米吟醸 「ののさん」 生

本日の家飲み 播州一献 純米吟醸 「ののさん」 生

20170402154002466.jpg  20170402154010784.jpg

 兵庫県宍粟市(しそうし)のお酒です、よ、読めない…
 外飲み経験は何度かありますが、家飲みは確か始めて。

 聞きなれない言葉「ののさん」については裏レベルに解説がありますね。
 「観音様」という意味で、お酒自体は「観音様のように大らかで柔らかい酒質」であるとのこと。
 兵庫酒自体は「灘の男酒」に代表されるように辛口酒の印象が強く、播州一献自体も「超辛口」なる製品があるぐらいに、辛口で売られているお酒かと思います。
 個人的には優しいお酒が好きなので、ほぼ別ブラントとして方向性が違うことをはっきりアピールしてくれている、この「ののさん」をセレクトしました。

 ちなみに同蔵のホームページの商品紹介には、ののさんはおろか生酒系ラインナップの記載はろくにありません。
 また、取り扱い店コーナーがあるのは良いなあと思ったら、兵庫県内の記載だけでがっくり。
 商品展開に情報公開が追いついていない地酒蔵の典型的パターンですね、いろいろ事情はあるとは思いますが、数年間その状態を放置するのは、個人的には甘えた姿勢だと感じてしまいます。

20170402154023642.jpg  20170402154031310.jpg

 上立ち香は程よく熟した甘い感じの果実の香りがそこそこに。
 含むと、確かに柔らかい印象で程よい濃度の甘旨味が柔らかい酸を伴って自然な口当たりで入ってきますが、時間差でほんのりとした苦味と渋味が出てきて、わりとキリリとしたまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いかにも旨味系という感じの、含み香控えめかつ濃い目の濃度の洋梨(?)的な果実の甘酸旨味が厳然たる主役で、苦渋は裏方であるために全体の印象はあくまで柔らか。
 後味は酸と苦味が引き取ってバッチリキレます。

 裏ラベルの記載通りの印象の、柔らかくもキレのある、しっかりとした旨味が魅力のお酒でした。
 今どきのお酒が好きな人から、キレ重視の人まで、幅広いターゲットに支持されそうな味わいですね。
 だからこそ、蔵元からの情報発信もしっかりやってほしいなあと改めて思いました。
 播州一献、今後も注目していきたいです。

20170402154038343.jpg  20170402154045224.jpg

名称:播州一献 純米吟醸 「ののさん」 生
精米歩合: 麹米:58% 掛米:60%
使用米: 山田錦:20% 兵庫夢錦:58%
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:山陽盃酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年05月23日 兵庫の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

花邑 純米吟醸 生酒 雄町

本日の家飲み 花邑(はなむら) 純米吟醸 生酒 雄町

20170402130716254.jpg  20170402130725671.jpg

 秋田県湯沢市のお酒です。
 外飲みは何度か経験あり、家飲みは初めて。

 こちらを醸す両関酒造は所謂地場の大手酒造で、通常銘柄の「両関」はほぼ地元向け、この「花邑」は都市圏向けの特定名称酒ブランドというパターンですね。
 それだけなら良くあることなのですが、実はそこに「かの十四代を醸す高木顕統氏の技術指導を受けたお酒」という背景が加わることで、マニア達の注目度、入手難易度が跳ね上がったお酒だったりします。
 私も前から気になってはいたのですが近所に特約店が無く、その間にブログ仲間の日誌係さんやモウカンさんに先を越され、しかも自分好みっぽい感想を書かれてしまい…
 今年は何としてでも手に入れようと思い、川口市まで出張って入手した次第です。
 
 スペック的には雄町を50まで磨いた生酒で、アルコール度数は15度と低め(多分加水しているのかな)。
 そして裏ラベルには「味わい:芳醇甘口」の表記が!最近安易な辛口表記に物申していたいたところだったので、輝いて見えますね(笑)

20170402130733277.jpg

 上立ち香は何となく桃を思わせる上品な果実香がそこそこに。
 含むと、香りの印象通りの上品かつ濃厚なな甘旨味が自然に入ってきて、時間差で出てくる柔らかな苦味にしっかりと引き締められつつ、非常にゆっくりと染み入ってきます。
 味わいは、透明感と存在感を兼ね備えた感じの、ピーチorベリー的な甘苦酸味が最初から最後まで続きつつ、しかし飲み進めると謎の辛さも感じるような、飲み飽きない複雑さも兼ね備えている印象。
 後味は酸苦辛を彷彿とさせつつも、キツさを感じさせずに見事にキレます。

 芳醇な甘味あり、程々の酸味あり、上品な透明感あり、それでいてキツさやクドさ無しの、全体として非常に完成度の高い今風のお酒でした。
 加水感は無かってです、そして何気にラベルのピンクの印象通りの味わいというのが非常に面白いですね(むしろそっちに引っ張られている可能性も高いのですが…)
 また言われてみれば十四代の生酒と系統は似ているような…、多分思い込みでしょうけど(ただ、私は十四代は火入れ(生詰)の方が好きなので、すなわち十四代の完成度には及んでいないという印象でもあります)。
 花邑、入手機会があれば来年もいただいてみたいと思いました。

20170402130741233.jpg

紹介1:「日本酒感想日誌」さんの同スペックBY違い(27BY)の記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1144.html

紹介2:「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペック同BY(28BY)の記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-794.html

 (面白いのが、お二人とも「去年の方が良かった」という感想なんですよね。BYかタンクによって結構ブレるお酒なのかもしれません。)

名称:花邑 純米吟醸 生酒 雄町
精米歩合:50%
使用米:雄町
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:両関酒造株式会社
購入価格(税抜):3,094円/1,800ml
購入した酒屋さん:白鳥屋酒店(川口市)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年05月21日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

やまとしずく 純米吟醸 直詰め生原酒

本日の家飲み やまとしずく 純米吟醸 直詰め生原酒

20170330102921340.jpg 20170330102930057.jpg

 秋田県大仙市のお酒です。
 家飲み・外飲み含め確か初めていただきますが、同蔵の「刈穂」は既に一度紹介しています。

 このお酒の関連情報を探しに蔵元ホームページを見てみたのですが、個人的にはここ素晴らしいと思います。
 重すぎないスッキリとしたデザイン、更新頻度の高さを表すトップページの充実した新着情報、出羽鶴・やまとしずく・刈穂という3ブランドを整理し詳細スペックや飲用温度までしっかり記載した商品紹介(しかもページ下部から直接リンクを設置)、そしてやまとしずくが買える特約店一覧の記載と、情報の整理最適化が理想的。
 トップページから数クリックで、「三銘柄造ってるんだな」「それぞれこんな味わいのお酒なんだな」「このお店に行けば買えるんだな」という、買い手にとってもっとも重要な情報がストレートに伝わるこの構成、単純なようでなかなかできるものではないと思います。
 流石に小規模蔵が真似をするのは難しいかもしれませんが、ホームページ担当者を置けるような大手蔵には是非こちらを参考にして欲しいですね。

 今回のお酒についても、商品紹介ページに実に詳細な情報が載っているので是非ご参照を…、そしてブランドコンセプトについても解説がありますので興味があればこれまたご参照を…、ああ楽だ(笑)
 別スペックである「やまとしずく 生酛純米」はかの日本酒漫画「いっぽん」にも登場していましたね。
 また、遠心分離機にて搾った「ヤマトルネード」という製品もあり、そちらにも惹かれたのですが、まずは通常スペックだろうとこちらをセレクトしました。

20170330102938063.jpg

 上立ち香は典型的なフレッシュリンゴの香りがそこそこに。
 含むと、香りの印象通りの素直に青い甘旨味が若干のガスを伴って勢い良く入ってきて、ほどほどの酸と苦味を裏方に感じさせつつ、最後まで存在感を保ちつつ染み込んできます。
 味わいは、まさに蜜たっぷりのフレッシュ青リンゴといった印象で、ガス・酸・苦を感じさせつつも、甘味がしっかりしているので全体のバランスがしっかり取れており、しかも雑味を感じさせない完成度があります。
 後味はガスと酸が引き取ってスッキリかつ上品にキレます。

 フレッシュ!甘旨!ジューシー!そしてガスと、今時の日本酒の魅力をガッツリとストレートに楽しませてくれるお酒でした。
 いやあ遠心分離じゃなくても十分キレイで、万人向けの美酒といった趣を感じましたね。
 後は個人的にはもう一歩個性や売りが欲しい感じかな…、まあある程度の慎み深さがあった方が良い面もあるので、このあたりは好みだとも思いますが。
 やまとしずく、次はやっぱり遠心分離もいただいてみたくなってしまいました。

 開栓後は少し苦味が強まってきますね。
 ここはセオリー通り早めに飲みきるのがオススメ。

20170330102953538.jpg 20170330102945633.jpg

20170330103000914.jpg

紹介:「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-762.html

名称:やまとしずく 純米吟醸 直詰め生原酒
精米歩合:55%
使用米:秋田酒こまち
アルコール度:16%
日本酒度:-2
蔵元情報:秋田清酒株式会社
購入価格(税抜):1,429円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年05月09日 秋田の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

志太泉 純米吟醸 無ろ過おりがらみ 生酒

本日の家飲み 志太泉(しだいずみ) 純米吟醸 無ろ過おりがらみ 生酒

20170221101856534.jpg  20170221101905142.jpg

 静岡県藤枝市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みももしかしたら今まで縁がなかったかも…

 こちらのお酒についてググったところ、蔵元ホームページにも掲載されている商品紹介チラシのPDFが出てきました(26BYですが)。
 記載内容は結構細かく、もしかしたら基本的には酒屋さん向けなのかもしれませんが、買い手としては非常に参考になります。
 さらに同ホームページには「買える店」一覧がなんと蔵元コメント付きで掲載されています。
 個別スペックの味わい解説と、どこで買えるかの案内という、当たり前のことながらほとんどの蔵元ができていない情報公開をしっかりやっているところは素晴らしいと思いました。

 少々話はずれますが、一般的に日本酒蔵元の情報発信姿勢は酒販店向けと一般消費者向けで格差をつけすぎだと常々感じております。
 酒販店から細かい解説が消費者になされるのが理想なのでしょうけど、実際店頭で各銘柄各スペックについてそこまで詳細な説明なんてできませんからね。
 酒販店向けに商品案内を作ったりした場合、基本その抜粋版でも良いからホームページにも掲載して欲しいところです。
 (それとも見られちゃまずいことでも書いてあるんですかね…「このお酒は出来が悪いのでごまかして売ってください」とか(笑))

 閑話休題、今回いただくのは五百万石を55まで磨いた新酒おりがらみ生。
 真っ赤なラベルは非常にインパクトがありますね、酒質もそのような方向性なのでしょうか。
 
20170221101912907.jpg

20170221101921498.jpg  20170221101929454.jpg

 上立ち香はフレッシュな砂糖菓子(?)的な個性的な香りがそこそこに。
 含むと、濃厚複雑ながらバランスの良い印象の甘旨味がトロリと入ってきて、クリアな酸で輪郭を整えながら、ヌルヌルと柔らかく喉奥に流れ込んできます。
 味わいはアップルジュースにマスカット果汁をブレンドさせたような深みのある甘酸味が主役、そこにほんのりとした苦味がよりそって、柔らかさを損ねない程度にまとまりを演出していますね。
 後味は苦酸が丁度良い存在感を発揮してしっかり切れます。

 無濾過生の新酒らしい心地よい甘旨味を、クリアかつバランスよく楽しませてくれる、高次元の芳醇甘旨酒でした。
 いやあこれは旨いっす、いわゆる問題点が見つからないかつ、旨味がしっかりしているタイプですね、甘味嫌い以外の万人にオススメ。
 静岡のお酒はレベルが高いというのは重々感じているのですが、往々にして自分にとってはインパクト(甘味)不足で合わないなあと思うことも多い中、このお酒はドンピシャストライクでした。
 五百万石でこの味わいというのがまた凄いですね、コスパも文句無し。
 この味わいの方向性はやっぱりこのラベルならではなのかな…、それを確かめるためにも志太泉は今後他のスペックもいただいていこうと思います。

20170221101937966.jpg

名称:志太泉 純米吟醸 無ろ過おりがらみ 生酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社志太泉酒造
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店(練馬)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年05月07日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸 別註直汲み生原酒

本日の家飲み 喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸 別註直汲み生原酒

20170327121000137.jpg 20170327121009687.jpg

 滋賀県東近江市のお酒です。
 外飲みでは何度かいただいたことがありますが、家飲みは初めて。
 
 こちらのお酒は名前にもある通り「酒門の会」取り扱い製品になります、同会については公式ホームページがしっかりしているので、詳しくはそちらをご参照ください。
 ポイントは、会員の酒販店が共同して会員酒蔵に「タンク契約で」製品開発と買い付けを発注しているというところでしょう、直接取引かつ一定のスケールメリットがあるため、流通部分でのコストは相当抑えられるものと考えられます。
 それを受けて、ホームページでは赤字で「酒門の会 推奨酒は各蔵元それぞれのオンリーワンを目指したコストパフォーマンスに溢れる作品揃いです。」と強調しています。
 こういう団体の中で、質だけでなく「コスパ」重視の姿勢を謳うところって少ないんじゃないでしょうか、個人的には非常に好感が持てますね。
 会員蔵は実力と実績を併せ持った錚々たるメンツ、なお当ブログでは同会の取り扱い酒としては「墨廼江 純米吟醸 中垂れ」を既にご紹介しています。

 今回いただくお酒も会のホームページに詳しいスペックを含めた紹介が有りますね。
 恐らく、通常の「三方良し」ブランドの限定スペックという位置づけでしょう。
 酒造好適米を60まで削った生原酒になりますが、お値段は通常品同様の税抜1,125円と破格の領域。


 上立ち香はメロン系の青く濃厚で甘さを感じる香りがそこそこに。
 含むと、その香りの印象通りの青臭さをまとった濃厚な甘旨味がグワッと入ってきて、これまた強めの苦味と拮抗して輪郭をギリギリで保ったまま、力強く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いやあこれこそ芳醇系の生原酒の新酒といった印象の、荒々しい甘旨味が主役を演じつつ、苦味や酸味その他もろもろの賑やかなものながら、全体のバランスが取れている感じ。
 後味は、苦渋酸を感じさせつつ、力強くキレます。

 新酒らしい力強い甘旨味をストレートの剛速球で叩き込んでくれる、超絶コスパの芳醇旨口酒でした。
 流石にキレイ系の純吟と比べると荒っぽいところもありますが、旨甘味自体が好ましくかつ存在感があるため、個人的にはとても好きなタイプです。
 そしてやっぱりこのお値段は素晴らしいの一言でしょう、この価格帯でこのレベル、この系統の純吟生は他に思いつきません。
 喜楽長や酒門の会の実力を感じた一本でした、今後他のスペックもいただいてみたいと思います。

 なお、温度が上がってくるとちょっと雑味が目立ってきます。
 青臭さや苦味が浮く感じですね…、これはキリリと冷やしていただくのがオススメ。

20170327121018395.jpg

名称:喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸 別註直汲み生原酒
精米歩合: 麹米:50% 掛米:60%
使用米: 麹米:山田錦 掛米:滋賀渡船6号
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:喜多酒造株式会社
購入価格(税抜):1,125円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0(値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年05月01日 滋賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 「しろうま」 純米吟醸しぼりたて生

本日の家飲み 桃の里 「しろうま」 純米吟醸しぼりたて生

20170329140822203.jpg  20170329140835895.jpg
 (いつものラベルどアップ写真を撮り忘れました…)

 岡山県赤磐市のお酒です。
 前回に引き続き、蔵元からまとめて取り寄せたお酒の1本になります。
 にごり酒特集の5本目。

 「しろうま」という名前に何となく聞き覚えがあったので、ちょっとググってみたところ、結構な数の蔵が「しろうま」と銘打ったにごり酒を出していることが分かりました。
 検索結果で見つかった菊水酒造(新潟ではなく高知)のブログによると、「「しろうま」の語源は「白くて旨い」という意味で、「どぶろく」などと並ぶにごり酒の呼び名のひとつです。」とのこと、つまりは特定商品名ではなく一般名詞ということですね。
 ちなみに「コトバンク(ニッポニカ)」によると、「どぶろく」の異名の一つとして「白馬(しろうま)」を挙げています、この辺りは厳密な定義があるというよりは慣習的な呼び名が今も残っているという感じなのでしょう。

 スペック的には、五百万石使用の精米歩合60%ということで、同じ純米吟醸でも前回のどぶろくとは異なったものになっています。
 ただ、度数は12~13度と、どぶろく同様相当低め。

 注ぐとこんな感じで、どぶろくのような粒は残っていません。
20170331145945387.jpg

 楽しみにしつつ栓を捻ったのですが、げ、明らかに栓が緩んでる…
 スクリューキャップなのに軽く下のリングごと外れてしまいました、こりゃ穴開きとかのレベルでなく密閉されてないですね、漏れてないのが不思議なレベル。

 上立ち香はガスとお米が混じりあったスッキリとした香りが控えめに。
 含むと、思った以上に強めのガスを伴った甘酸旨味が勢い良く入ってきたかと思うと、途端に勢いを失い若干重い感じで口中を徘徊します。
 味わいは、やっぱり個性的な甘味を感じるのですが、ガスがあるのにちょっとしつこい感じで、米が発酵したような(当たり前)クセのある旨味も感じるもの。
 後味は特にキレる要素もなく、そのまま引き上げていきます。
 
 好ましい甘旨味とガスがありながらも、爽快感が失われてしまって重さが足を引っ張る、濃淳甘口酒でした。
 うーん、こりゃダレてますね、生老ね気味かも…、瓶詰めから二ヶ月で普通こうはならないんじゃないかしら。
 穴開き栓+栓ゆるみ+低アルコール+にごり生という四要素が相まって、異様な速度でダレてしまったものと私は推測しています。
 私が好む甘さ自体は残っているので飲めるレベルではあるのですが、全体のバランスは明らかに崩れてますね。
 蔵元直送でこれはアカンでしょう、たまたまであることを願いますが、コメント等の情報を見るに、どうも「保管(品質保持)」に関して蔵の意識がちょっと低そうなんですよね…、もちろん人手や設備等の事情もあると思うのですが、ちょっとお酒が可哀想というかなんというか。
 桃の里の、酒質以外の部分にやきもきしたものを感じてしまった一本でした。

20170329140854404.jpg

名称:桃の里 「しろうま」 純米吟醸しぼりたて生
精米歩合:60%
使用米:五百万石
アルコール度:12~13%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.0/9.0(この状態でも)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年04月07日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

桃の里 「どぶろく」 純米吟醸

本日の家飲み 桃の里 「どぶろく」 純米吟醸

20170329140722493.jpg  20170329140731199.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 現在当ブログでの最注目銘柄であり、登場は早くも3回目。
 にごり酒特集の4本目となります。

 「にごり酒」カテゴリを語る上では、やはり「どぶろく」の存在を避けては通れないでしょう。
 (ちなみに当ブログでは「ふき」「黒どぶ」を既に紹介しております)
 両者の定義上の違いについては、日本酒ブログ「日本酒好きのおっちゃんが何か言うとるわ」さんが詳細かつ分かりやすく取り上げていましたので、そちらもご参照ください。
 ポイントは酒造りの最後辺りで「こす(搾る)」という工程を経ていれば清酒である「にごり酒」、こしていなければ「どぶろく」になるというのが原則ということかと思います。
 が、その「こす」やり方については法律上も厳格な指定はなかったはずで、非常に目の粗いざる等でこした場合には、その両者の品質上の違いは限りなく小さくなるということかと。

 で、こちらのお酒は裏ラベルにもあるように「荒い網」で一応こしているため、いわば「どぶろく的な清酒」であるようです。
 なので特定名称の記載もありますね、通常の純米吟醸と同スペックなので、多分こし方だけ変えているのでしょう。
 どぶろくについては安全に詰めるために瓶詰め量を減らす蔵が多いなか、わざわざ大きい瓶を使って愚直に720ml詰めてますね、しかもお値段は1,200円ぽっきり。
 但し度数は12度と低めです、ちなみに穴開き栓。
 
 結構強い開栓注意がありますが、ガッチリ冷やしてから開けたら余裕で大丈夫でした。
20170329140748613.jpg 20170329140809214.jpg

 ただ、注いでからちょっと目を離したら大変なことに…、まさに「生きてます」。
20170329140922644.jpg

 上立ち香は桃の里らしい甘い果実香に露骨に米の香りが混ざったものがそこそこに。
 含むと、やはり深みのある甘旨味が、程々のガス感と、少々の粉っぽさ、そして乳酸飲料的な濃い酸をまといつつ、ドロリと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いかにもどぶろく的な甘酒っぽい米の旨味と乳酸味ががっつりあるのですが、程よく落ち着いた果実の甘味を芯に感じて、やはり桃の里の個性がしっかり出ていますね。
 後味は酸を感じさせつつも、驚くほど自然に引き上げていきます。

 「どぶろくらしさ」を十分に楽しめるとともに、桃の里らしい奥深い甘旨味も感じられる、独特な魅力のあるお酒でした。
 やっぱり度数が低い分一種の「軽さ」があるのと、甘酒的な風味があまり好きじゃないことがあって、個人的には通常スペックほど好みではなかったのですが、全体の印象としては十分美味しかったですね。
 逆にこの2要素を前向きに受け入れられて、かつ甘口日本酒がお好きならかなり気に入るかと思います。
 実はもう一本桃の里のにごりを取り寄せているので、次回はそれをご紹介します。
 
20170329140759336.jpg  20170329140740625.jpg

名称:桃の里 「どぶろく」 純米吟醸
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:12%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,200円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年04月05日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 「白燿」

本日の家飲み 栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 「白燿(はくよう)」

20170214213514331.jpg  20170214213533054.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 ブログでの紹介は9回目と結構な回数になってますが、最近ご無沙汰でしたね。
 にごり酒特集の2本目。

 話はそれますが皆さんは「にごり酒」にどのようなイメージを持っていらっしゃるでしょうか。
 私の感覚でいうと、ちょっと前までは「濃い、甘ったるい」というイメージが支配的だったように思えます。
 が、実は最近の地酒業界ではむしろガスを利用した「スッキリ辛口にごり酒」もかなり多くなってきている印象があります(紹介済みの「ど」「どぶろっく」は完全にこっちタイプ)。
 恐らく糖添にごりに対するカウンター的な意味合いが強いものと思われますが、個人的にはやっぱり甘味が欲しいんですよね…
 「にごり」という要素が甘味を増す方向に働いているお酒を探すというのが、今回の集中飲みの主目的だったりします。

 というわけで、にごり酒集中飲み第2弾も、自分の中では甘旨味に信頼感のある銘柄をセレクトしました。
 が、よくよく見るとラベルの記載は「おりがらみ」ですね、濃度について明確な定義はないはずですが、ちょっと今回のコンセプトにはそぐわなかったかも…

 注ぐと、にごり酒というほどドロドロしていませんが、おりがらみとしてはかなり濃い濃度でした。
 
 上立ち香は柑橘果実のスッキリフレッシュな香りに、若干オリっぽさが混じったものがそこそこに。
 含むと、苦味と酸辛さをガッツリまとった旨味がグワッと入ってきて、最後までオリの苦味に締め付けられながら、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、グループフルーツ的な苦酸の立つキリリとした旨味が主役で、そこにさらにオリが絡んで苦いままに濃厚さを増し、全体として極めて引き締まった印象。
 後味はその苦酸でギッチリとキレます。

 苦酸系柑橘果実の果汁タップリのジュースという感じの、濃厚フレッシュ酒でした。
 いわゆる「スッキリ系にごり酒」ですね、辛口というよりは苦酸味でガッチリ引き締まっているタイプ。
 うーむ、確実に需要はあると思いますが、裏ラベルで「自然な甘み」を押しているわりには甘味が物足りない…、今回私が求めるラインからは外れてしまいましたね。
 栄光冨士も結構スペックごとの味わいの差が激しいなあと感じた一本でした。

20170214213551938.jpg  20170214213542871.jpg


名称:栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 「白燿」
精米歩合:60%
使用米:美山錦
アルコール度:16.8%
日本酒度:+1
蔵元情報:冨士酒造株式会社
購入価格(税抜):1,388円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年04月01日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

花陽浴 純米吟醸 生にごり酒

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 生にごり酒

20170116154355374.jpg  20170116154405571.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 言わずと知れた、当ブログの最多登場銘柄になります。

 唐突ですが、皆さんは「にごり酒」はお好きでしょうか?
 私は結構好きなイメージがあって、当ブログでも現在「にごり酒」タグがついた記事が16本にもなっています。
 が…、実はその中身は三分の一ぐらい「而今 特別純米 にごり酒生」が占めていることに最近気づきました、しかも「お気に入り度」が高いのもほとんどが而今という有り様。
 「これではいかん!」と個人的に思い、実は昨年末からかなりの数のにごり酒を意識して集中的に家飲みしております。
 自分の中では「而今にごりに並ぶ甘旨系にごり酒を探せ!」というコンセプトですね。
 当ブログは実飲から記事掲載までのタイムラグがひどいので、開き直って連載っぽくまとめて取り上げてみようと思います。

 トップバッターは而今と並ぶ鉄板銘柄の花陽浴…、なのですが、28BYについては新酒第一弾の美山錦が「らしくない」味わいだったために、若干ビクビクしつつの開栓となりました。
 ちなみに、11月出荷のものを昨年のクリスマスに開けております(実に三ヶ月前…)、なんとなくクリスマスっぽいラベルだったもので。
 このにごり酒はかなり出荷量が少ないらしく、初家飲みのために急いで確保いたしました。


 注ぐと、流石におりがらみとは違ってガッツリと白濁しています。

 上立ち香はいつもの果実香にお米とガスが強めに混じった感じの香りが気持ち強めに。
 含むと、トロトロの甘旨味が高濃度で入ってきて、僅かなガス感と、そこそこのおりの苦味でキッチリと締め上げられながら、塊のまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、いつものパイナップル的甘酸味が主役ながら、やはりオリが苦味と一種のまろやかさも加えていて、なかなかに複雑な世界を創り出していますね。
 後味は酸がしっかり働いて、粉っぽさを感じさせずにしっかりとキレます。

 少々苦味が強めにありつつも、花陽浴らしい甘酸もそこそこに感じる、飲み進めやすい甘旨系にごり酒でした。
 28BY、しかも美山錦利用(らしい)の純吟になりますが、通常の純吟と比べると甘味が出ていたように感じました。
 これはやはり購入から一ヶ月以上置いてから開栓したのが良かったんじゃないかな…、わりと飲み頃であったような。
 にごり酒集中飲みについて、好スタートを切らせてくれた一本でした。

20170116154413925.jpg  20170116154421999.jpg

紹介:「20代から始める日本酒生活」さんの同スペックの記事
http://sakepana.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

名称:花陽浴 純米吟醸 生にごり酒
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月30日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

井の頭 純米吟醸 袋取り無ろ過生しずく 27BY(生熟バージョン)

本日の家飲み 井の頭 純米吟醸 袋取り無ろ過生しずく 27BY(生熟バージョン)

20170214213601895.jpg  20170214213609484.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 当ブログイチオシ銘柄の一つ。

 こちらのお酒は、前回紹介したものと全く同じスペックで、蔵元でさらに半年の熟成期間を経て出荷されたものになります。
 裏ラベルには製造年月と蔵出年月が明記されているため、比較してもらうと一目瞭然です、やはりこの表記はわかりやすい!
 前回も「うえも商店」さんで購入したのですが、今回のお酒は店長さん曰く「150点評価の酒」、ということでしたので、居ても立っても居られずに購入に走った次第です。

 当ブログの読者様なら自明のことかと思われますが、私が同スペックのお酒を一年に二本飲むというのは異常事態です。
 井の頭については、組合直営の「信州おさけ村」以外では、現状都内では「うえも商店」さん、「大阪屋酒店」さんが特約店だったかと思いますが、私からしたらまだまだ「もっと評価されるべき」銘柄という認識があります。
 いやあ東京の地酒屋さんにはもうちょっとしっかりアンテナを立ててほしいところですね(超上から目線)。

20170214213617282.jpg  20170214213625326.jpg

 注ぐと、程よく色づいている印象。

 上立ち香は、熟感はあるものの、甘さも感じる完熟果実的な香りがそこそこに。
 含むと、角が全くない濃厚な甘旨味がトロリと入ってきて、最後までその甘さを保ったままにじわじわと染み込んできます。
 味わいは、やはりリンゴか梨を煮詰めたような完熟果実の甘味が厳然たる主役を演じます、酸は控えめで苦渋も丸い感じと、兎にも角にも素直に甘旨を楽しませてくれますが、ダレは感じませんでした。
 後味は本当に最小限の苦味の影を想起させつつ、自然に引き上げていきます。

 これぞ生熟の真骨頂!といった感じの、元々の芳醇な旨味に、丸みと味乗りがしっかり素直に魅力を上乗せした、極めて旨いお酒でした。
 前回と比べると単純に角が取れた感じですね…、前回の時点で相当旨かったので、今回はそれ以上の評価になります。
 これは店長さんの評価にも納得です、そもそもこういう素直に落ち着いた生熟酒って意外と貴重なんですよね、その上でこの完成度ならそりゃ惚れ込みますよ。
 井の頭、今後もがっつり注目していきたいと思いました。

 開栓後は若干苦味が出てきたかなとも思ったのですが、燗をつけるとあら不思議、旨味が濃くなって苦味が打ち消される感じ。
 これはばっちりな燗上がりですね、やはりしっかり造った生熟酒を燗すると独特の魅力を感じられると思います。
 まだまだ根付いているように思われる「生酒は燗に向いてない」みたいな固定観念は、早めにアップデートして欲しいところです。

20170214213632209.jpg

紹介:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1576.html

名称:井の頭 純米吟醸 袋取り無ろ過生しずく 27BY(生熟バージョン)
精米歩合:55%
使用米:美山錦
アルコール度:15%
日本酒度:+2
蔵元情報:漆戸醸造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.8/9.0(燗上がりも考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月26日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

満寿泉 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

本日の家飲み 満寿泉(ますいずみ) 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

20170221102139596.jpg  20170221102148377.jpg

 富山県富山市のお酒です。
 外飲みでは相当回数いただいている印象がありますが、ブログでの紹介は意外にもまだ2回目。

 こちらを醸す桝田酒造店については、蔵元ホームページの「生立ち」コーナーに来歴の紹介がありました
 その中で印象的なのが「能登四天王」に数えられる名杜氏「三盃幸一」氏に関する記述でした。
 私の生まれるずっと前から酒造りを続けているという時点で「凄い」としか思いようがないのですが、「三盃総杜氏は18歳でこの道に入って以来、 一度も正月を郷里で過ごした事がない。父も親類も杜氏というエリート杜氏の家系、父の後を受け満寿泉の杜氏になった。」みたいな記載に至っては想像を絶する世界です。
 イメージ的には伝統工芸とか伝統芸能を引き継いでいく一族に重なるものがありますね、翻って、そういう伝統と最新工業技術が交錯する日本酒業界のダイナミックさを、私としては改めて想起しました。

 閑話休題、今回いただくのは季節限定品であるおりがらみ生、一升瓶しかないので迷ったのですが、以前紹介した「月中天」と同様に購入先である酒逢さんの店長さんオススメだったので買ってしまいました。
 ラベルにあまりスペック面の記載はありませんが、製造年月と蔵出年月の両方が書いてあるのは流石満寿泉という感じですね、熟成期間に対する意識の高さがうかがえます。
 今回は両方とも1月ということで、搾ってすぐに出荷ということが一目瞭然、やっぱり素晴らしいですよこの表記。

20170221102156113.jpg

 上立ち香はフレッシュさのある、露骨にお米っぽい麹の香りが気持ち強めに。
 含むと、強めの酸味でキリリとした旨味が、しかし自然な口当たりで入ってきて、最後まで甘味と酸味のバランスを保ちつつ喉奥に流れ込んできます。
 味わいはグレープフルーツのグラニュー糖がけのごとく、酸味が中心ながら旨味もしっかり感じるキリリかつ濃厚なもの。
 後味は苦味が表に出てきて、キッチリとキレます。

 万人に勧められるタイプの、旨味の存在感とスッキリ感を両立させつつクセのない、完成度の高いフレッシュ甘酸酒でした。
 人を選ばないと思いますし、単体でも食中酒でもイケそうな、シチュエーション的な万能性も備えている印象。
 いやあ流石ですね、
 ちなみに上澄みを飲んでみると、若干酸がキツく思えたので、これはオリでまろやかを加えている感じだと思われます、この辺りの調整も見事。
 満寿泉は伝統に寄り掛からずに色々新しい試みのお酒も出しているので、今後より注目していきたいと思います。

20170221102210840.jpg  20170221102203557.jpg

名称:満寿泉 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:58%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社桝田酒造店
購入価格(税抜):3,000円/1,800ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月20日 富山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒

本日の家飲み 五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒

20170214213437060.jpg  20170214213458239.jpg

 埼玉県飯能市のお酒です。
 ブログでの紹介は三回目ですね。

 前回前々回と、一升瓶で購入していた五十嵐ですが、今回は四合瓶になります。
 五十嵐はいわばチャレンジブランドということで、最初は一升瓶だけだったのですが、恐らく売れ行きが安定したんでしょうね、最近ようやく四合瓶も出してくるようになりました。
 が、個人的にはこのやり方、非常に不合理に感じます、個人の買い手からしたら味わいが予想できない新規銘柄こそ「まず小瓶で」買いたいと思うのが自然なんじゃないでしょうか。
 直汲み無濾過生原酒みたいな冷蔵必須のお酒を一升瓶限定で売るなんて所業は、冷蔵スペースに限りのある個人客を完全に無視しているものであると個人的には前から思ってますし…
 勿論設備の問題とか、まず飲食店重視とか、色々と売り手側の事情はあると思うのですが…、日本酒業界のこの一升瓶に対する旧態依然の感覚は消費者感覚からはやはりズレていると、繰り返し主張したいと思います。
 (まあ新政や笊籬採りみたいに全て四合瓶出荷になっちゃうとそれはそれで面倒な部分もあるんですけどね。要は買い手に選択肢を与えることが重要なんじゃないかと)
 
 閑話休題、今回いただくスペックは恐らく前回いただいたものと同じものですね、使用米等は明記されて無いので変わっているかもしれませんが。
 最近ラベルの色を変えた米違いとかも出てきていてそれも気になったのですが、今回はなんとなく安定のレギュラースペックをセレクトしました。


 上立ち香は洋梨系(?)のフレッシュフルーティーな香りがそこそこに。
 含むと、高濃度かつ割りと引き締まった印象の甘旨味がググっと入ってきて、少々のガスでチリチリとしながら、酸味と苦渋も感じさせつつ、最後まで濃度を保って染み込んできます。
 味わいは、フレッシュフルーティーな甘旨味が芯にありつつ、全体としては五味がそれぞれしっかりと主張して、インパクトがありながら飲み飽きない複雑な旨味の世界を創り出していますね。
 後味は、苦味がガッチリと引き取って力強くキレます。

 いかにも無濾過生原酒直汲みといった印象の、にぎやかながらギリギリのところでしっかりまとまっている、飲み応えのあるお酒でした。
 新酒らしい荒さもあるのですが、旨味に個性があり、ガス感も含め、私のストライクゾーンであるため、飲んでて楽しいです。
 一杯目は苦味が強めかな…と思ったのですが、飲み進めると中々どうしてこれはこれでクセになるものがありますね。
 やっぱり私はこの「五十嵐味」好きだなあ…
 五十嵐、今後は色々なスペックを試していきたいと思いました。

20170214213524353.jpg

名称:五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:五十嵐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月14日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒

本日の家飲み 雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒

20170214213359867.jpg 20170214213407837.jpg

 栃木県小山市のお酒です。
 外飲み経験は確かイベントであった気がします、家飲みについては後述。

 こちらを醸す杉田酒造さんのお酒としては、「鴎樹(おうじゅ)」を既に紹介しています
 蔵名で検索すると、手作り感あふれるホームページが出てきまして、「当蔵について」コーナーに各種ブランドの紹介も一応書いてありました。
 それによると、「当初は「優等正宗」でしたが関東信越国税局鑑評会で連続優秀賞を受賞し当時の税務署長より「関東の雄となれ」と。」言われ、それに応じて漢字を変えたのがネーミング由来のようです。
 それにしても、サイト自体の更新はすっかり止まっているようですし、地方蔵のご多分に漏れず情報発信は上手くない印象を受けますね。
 
 スペック的には五百万石の55磨きの新酒生酒。
 お店では「あらばしり」ではないスペックも隣に並んでいたのですが、時期的により新酒っぽい勢いのあるお酒が飲みたい気分だったので、こちらをセレクトしました。

20170214213415452.jpg 20170214213422171.jpg

 上立ち香はセメダインとガス混じりの、フレッシュ果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはりフレッシュでインパクトのある旨味が勢い良く入ってきて、一拍おいて出て来るこれまた新酒らしい強めの苦味にギッチリと締め上げられながら、ドドドと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりセメダインを伴う荒々しくもみずみずしい果実の甘酸味と、オリも相まって存在感のある青い苦味がせめぎ合い、「ザ・新酒」といった感じの楽しさを感じさせてくれます。
 後味はその苦味と酸味がキッチリと引き取って、見事にキレます。

 何というか存在感が非常に強い、新酒の楽しさを直球で伝えてくれるキリっとしたお酒でした。
 上で「荒々しい」と書きましたが、いい意味も悪い意味でもあります、が、だからといってバランスが崩れている感じはありません。
 いやあこれは万能の食中酒としても使えるタイプのお酒ですね、油っぽいものでもキッチリと引き上げてくれそうです。
 鴎樹、雄東正宗と来たので、次は発光路強力をいただこうかな…、兎も角、杉田酒造さんのお酒は今後も注目したいと思います。

20170214213429812.jpg

名称:雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉田酒造株式会社
購入価格(税抜):1,343円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月12日 栃木の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

» 次のページ