笹の譽 特別純米 初しぼり ひとごこち おりがらみ生

本日の家飲み 笹の譽 特別純米 初しぼり ひとごこち おりがらみ生

20170402160327617.jpg  20170402160334822.jpg

 長野県松本市のお酒です。
 外飲み、家飲み経験については後述。

 前回の本金に引き続き、またも「大長野酒祭り」登場銘柄になりました、ただ実はこちらは家飲み経験ありです。
 私の大長野酒祭り初参加は確か第2回の2012年で、その時印象的だった銘柄のうち、この「笹の譽」と「勢正宗」をイベント後間をおかずにこだまさんのところに買いに行った覚えがありますね。
 その時に飲んだのは「笹の譽純米吟醸 中汲み三割麹」で、当時の感想メモによると「上立ち香からあまーい感じ。含むといかにも長野酒といった濃い甘旨味が一杯になる。後味はきっちり苦酸味が締めるが、新酒っぽい癖を多少感じる気もする。」とのこと。
  偉そうに書いてますが今思うと、8月購入酒に「新酒っぽい」っていうのもどうかと思いますね(笑)、まあ素直な感想ではあるのでしょう、今も基本姿勢は変わっていないと思います。

 閑話休題、こちらも本金同様ひとごこちの55%精米の新酒生酒です、日本酒度が-1と低めなのが特徴でしょうか。
 今年(28BY)の傾向として、「初しぼり」という文言に若干の不安もありますが…、先入観を排していただきます。

20170402160341931.jpg

 注ぐと全く濁ってないですね、若干うたい文句に偽りありかな(笑)

 上立ち香はわりと酸を感じる果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり酸の効いた旨味がググっと入ってきて、奥に独特の渋味を感じさせることで複雑さを添えながら、唾液腺を刺激しつつじわじわと染み込んできます。
 味わいは、強めの酸と甘味がせめぎ合う感じの甘酸っぱい系の果実の旨味が主役、渋味はあくまで程々の脇役で、やっぱり中でも酸の印象が強いですね。
 後味は少々苦味を残しつつも酸で力強くキレます。

 最初から最後まで柑橘系果実の酸が主役を演じ続ける、フレッシュ甘酢っぱ酒でした。
 以前家飲みした記憶ではかなりの甘口酒という印象だったのですが、それは「三割麹」というちょっと特殊なスペックのお酒だったからで、もしかしたらこちらがスタンダードな笹の誉の傾向なのかもしれません。
 もしくはこのBYの特徴なのか…、まだ材料が少ないのでなんとも言えませんね。
 笹の譽、次はまた別のスペックを試してみたいと思います。

 開栓後、二日ぐらいたったらさらに甘味が引っ込んじゃったなあ…
 何とか濃くしようと思って燗を付けても、やっぱり強まるのは酸。
 これはあくまで酸味酒好きな人向けのお酒だと、個人的には思いました。
 (しかし、一体この記事で私は何回「酸」という言葉を使ったんでしょうか(笑))

20170402160349070.jpg

名称:笹の譽 特別純米 初しぼり ひとごこち おりがらみ生
精米歩合:55%
使用米:ひとごこち
アルコール度:16度
日本酒度:-1
蔵元情報:豊国酒造合資会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:地酒屋こだま(大塚)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月08日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |