竹雀 山廃純米無濾過生 木槽袋搾り

本日の家飲み 竹雀 山廃純米無濾過生 木槽袋搾り

fc2_2013-09-23_19-19-57-093.jpg  fc2_2013-09-23_19-20-18-705.jpg

 岐阜県揖斐のお酒です。
 外では何度かいただいてますが、家飲みは初の銘柄。

 岐阜県は最近首都圏に次々と銘酒を送り出しているイメージがありますが、竹雀もその一つだと思います。
 そしてラインナップをみるに山廃が多いようですね、やっぱり山廃という手間のかかる手段を選ぶ酒蔵さんには、一種のこだわりがあるように感じられます。
 今回頂くのも山廃の生、それも純米表記ながら山田錦6割磨きの袋搾りと贅沢なスペックです。

fc2_2013-09-23_19-20-36-700.jpg

上立ち香は少し甘さの混じる米の香りが濃い目に。
含むと、濃厚な米の甘旨味が柔らかい口当たりでじわじわっと染み通ってきます。
旨味はしっかりとした米の甘味が中心ですが、山廃らしい優しい酸味がそれを引き締め、バランスが良い印象。
また、山田錦の袋搾りだけに、雑味が少なく旨味をストレートにじっくりと楽しめます。
後味は、その酸味とほんの少しの辛さを舌に残しつつ、綺麗にキレます。

米の旨みが主役の芳醇酒として、お手本のような完成度のお酒でした。
山廃の生原酒ということもあり、個性も十分ある味わいですね。
芳醇そのものながら優しい味わいで、飲み飽きずに盃が進みます。
最初にこのスペックを飲んでしまったのでちょい不安もありますが、次は他の竹雀も頂いてみたいと思いました。

山廃ということで今回燗もつけました。
印象としては、結構辛さが表に出てくる感じですが、優しさは変わらず。
ぬる燗から温度が下がってくると、また辛さが引っ込んで自然に入ってくるようになります。
ようやく涼しくなってきた今日このごろ、じっくりやるのにとてもオススメ。

fc2_2013-09-23_19-20-56-841.jpg

名称:竹雀 山廃純米無濾過生 木槽袋搾り
製法情報:無濾過生酒 山廃
精米歩合:60%
酒米:山田錦
アルコール度:17~18%
酵母:9号酵母
日本酒度:+3
蔵元情報:大塚酒造株式会社(岐阜県揖斐郡)
製造年月:2013/7(24BY)
購入価格(税込):1,680円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 竹雀 純米 山廃

2013年09月26日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:8

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |