穏 純米吟醸生原酒 槽口直汲み

本日の家飲み 穏 (おだやか) 純米吟醸生原酒 槽口直汲み

20150302124949891.jpg  20150302125005183.jpg

 福島県郡山市のお酒です。
 この「穏」は初めてですが、蔵元が同じ「金寶自然酒」は先日ブログで紹介しました。

 仁井田本家が醸すお酒のブランドとしては、甘口の「金寶自然酒」、辛口の「田村」、そしてその中間の「穏」があることは、ふくしま酒のイベントレポートでも書きました。
 前回紹介した金寶自然酒の直汲みが私としては抜群に旨かったので、別ブランドのお酒も買ってみた次第です。

 スペック的には、仁井田本家の特長である「全量自然米使用」ということと、酒母に「白麹」を使っているところがポイントでしょう。
 また、特徴的なラベルも目を惹きますね、これはもやしもん的な菌のキャラなのかしら。

20150302125022063.jpg

 注ぐと直汲みらしく気泡がつきます。

 上立ち香は乳酸飲料っぽい吟醸香が仄かに。
 含むと、濃厚で個性的な甘酸味がググっと入ってきて、強めのガス感で輪郭を保ちつつ染みこんできます。
 旨味はやはり乳酸菌飲料的な甘酸っぱさがメインですね、裏方に若干の苦味も感じます。
 後味はそのガス・酸・苦味で問答無用でキレます。

 乳酸系の濃厚ながら柔らかな甘酸味を、ガス感でしっかり引き上げる個性派旨酒でした。
 普通の山廃以上に乳酸をストレートに感じるのですが、甘さのおかげでキツい感じはせず。
 なんというか、ラベルのイメージどおりで、菌類が頑張ってくれていることを感じられるお酒ですね。
 ただ、比べるとやはり甘口派の私は自然酒の方が好みかな。
 兎も角、仁井田本家のお酒は追い続けていきたいと思います。

 常温あたりの温度だと口当たりの柔らかさが増します。
 が、ちょっと酸味が後に残る感も出てくるので、冷酒or常温については好みの飲み方で良いかと。

20150302125034673.jpg  20150302125049501.jpg

名称:穏 純米吟醸生原酒 槽口直汲み
精米歩合:60%
使用米:美山錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社仁井田本家
購入価格(税抜):1,585円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 純米吟醸

2015年04月01日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |