積善 純米吟醸 無ろ過生原酒 愛山

本日の家飲み 積善(せきぜん) 純米吟醸 無ろ過生原酒 愛山

20150927192926624.jpg  20150927192937274.jpg

 長野県長野市のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目。

 積善は、私が大長野酒祭りで出会って以来注目している銘柄で、花酵母を積極的に利用していることが特徴です。
 前回の記事で私は、花酵母の雄である「東の来福、西の天吹」に迫る実力を感じている旨を書きましたが、今年、それを裏付けるような出来事がありました。
 それは、積善が「酒米は愛山」「酵母は花酵母(オシロイバナ)」というスペックのお酒で、平成27年度の新酒鑑評会で金賞を受賞したということです。
 多くの蔵がしのぎを削る鑑評会で、いわゆる定番ではないスペックで金賞を獲ったということは、やはりその技術の高さの証左であろうと思います。
 (ちなみに天吹・来福は既に花酵母で受賞歴があるそうです、さすがの一言ですね。)

 今回いただくのは、その金賞受賞酒と同じく、「愛山」を使ったお酒です(酵母はヒマワリなので違いますが)。
 精米歩合50の原酒で、愛山の高価さを考えれば2000円オーバーでもおかしくないスペックですが、実際は1700円程度で相当割安だと思います。

20150927193006021.jpg

 上立ち香は濃厚で少々セメダイン混じりの、甘さのあるアルコール香が控えめに。
 含むと、極めて濃厚かつ個性的な甘旨味が、不思議な事に辛さを最初から伴って、引き締まった印象のまま力強く飛び込んできます。
 旨味は蜜たっぷりの果実といった趣のストレートな甘味が中心、しかし脇役としてキツくない苦味や辛さなどが仕事をすることで、何とも複雑な味わいの世界を創りあげています。
 後味は、しっかり辛さが出てきて力強くキレます。

 複雑な甘味を、個性的な辛さでしっかりと引き締める、お値段以上の純米大吟醸でした。
 最近ようやく「愛山らしさ」という味わいがわかってきた気がするのですが、このお酒にはまさにそういう愛山らしい甘味があると思います。
 その甘味と積善らしいキレが見事にマッチしていて、一つの完成された味わいの世界を魅せてくれました。
 積善、銘酒ひしめく長野酒の中でも今後特に注目していきたい銘柄です。

20150927193018910.jpg

名称:積善 純米吟醸 無ろ過生原酒 愛山
精米歩合:50%
酒米:愛山
アルコール度:17%
日本酒度:-2
蔵元情報:株式会社西飯田酒造店
購入価格(税抜):約1700円(レシート紛失…)/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年10月06日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

積善 純米吟醸 無ろ過生原酒 つるばらの花酵母

本日の家飲み 積善(せきぜん) 純米吟醸 無ろ過生原酒 つるばらの花酵母

1411986236156.jpg  1411986257524.jpg

 長野県長野市のお酒です。
 外飲みは何度かしていますが、家飲みは初めて。

 信州おさけ村購入銘柄第四弾、今回のラストです。
 この時は一升瓶一本と四合瓶三本を抱えて帰ったので、なかなか大変でした…。
 さて、このお酒は以前から大長野酒まつりで頂いていて毎回印象が良かったのですが、なかなか売っているお店を見つけることができず、ようやくの入手となりました。
 こういうお酒が置いてあるところが「信州おさけ村」の真骨頂でしょう。
 
 スペック的には、なんといっても「花酵母」を使っているところが特徴です。
 天吹の記事で書いた通り、花酵母といえば来福と天吹が積極的に使っていることが知られています。
 他にもちょろちょろと使っている銘柄は見かけますが、この2蔵ほど積極的なところはかなり限られる印象です、そして積善はその一つですね。

 今回のスペックで利用しているのは「つるばら酵母」。
 東京農大の花酵母紹介サイトによると、「蔓薔薇酵母(HNG)が造り出す香りはリンゴや洋なしを思わせます。 また、口に入れた瞬間に、力強さを感じさせるお酒です。」とのこと。

1411986246714.jpg

 上立ち香は甘さとアルコールの混じった不思議な香りが気持ち強めに。
 含むと、非常に濃厚な甘旨味の固まりがグッときて、やはり独特な含み香と後から出てくる辛さと共に染みこんできます。
 旨味は甘味濃厚で強い香りを伴うのですが、筋肉質な辛さも感じる表現が難しいオンリーワンのもの。
 確かに力強さは感じますね、また香りは言われてみると花の香りのような気も…、ただバラほど強烈ではなく旨辛と調和している印象。
 後味は完全に辛口酒っぽいピリピリする感じでキレます。

 香りのある芳醇辛口酒という、非常に個性的ながら見事にバランスがとれているお酒でした。
 このお酒が甘いだけなら多分ダレたり飲み疲れる感が出てくるでしょうね。
 超濃厚なのに絶妙な辛さでそうならないところが、まさに個性と実力を兼ね備えているということなのでしょう。
 「東の来福、西の天吹」に加えて「中部の積善」みたいな感じで、存在感を発揮できる実力があると、個人的には思います。
 積善も一つのワールドを魅せてくれるお酒でした、是非他のスペックも頂きたいと思います。

1411986267796.jpg

名称:積善 純米吟醸 無ろ過生原酒 つるばらの花酵母
精米歩合:49%
酒米:ひとごこち
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社西飯田酒造店
購入価格(税抜):1,452円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 積善 純米吟醸

2014年10月20日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |