百磐 純米吟醸 おりがらみ生原酒

本日の家飲み 百磐(ひゃくばん) 純米吟醸 おりがらみ生原酒 

20160909100012331.jpg  20160909100026804.jpg

 岩手県一関市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲み経験は一度だけ。

 こちらを醸す磐乃井酒造の通常ブランドは「磐乃井」で、この「百磐」は限定ブランド…だと思うのですが、蔵元ホームページには2ケタに及びそうな数の銘柄名が入り乱れていて、正直わけがわかりません。
 こんなに見た目がバラバラで、全部同じ蔵が造っているってわかる人いるのかな…、蔵のファンを作る気あるのかしら。
 オンラインショップもある小奇麗なホームページなのに、例によって「百磐」は影も形もなく、特約店情報も無し。
 私のようなマニアの立場(東京の地酒屋で、特約店限定ブランド中心に購入)からすると、理解に苦しむ情報発信の方向性ですね、まあマニアは勝手に調べるのである意味姿勢としては正しいのかもしれませんが…

 さて、今回いただくのは純米吟醸生原酒のおりがらみバージョン、精米歩合は50とかなり削っています。
 お米は「吟ぎんが」、酵母は「ゆうこの想い」という純岩手スペック。
 ちなみにこの「ゆうこの想い」という酵母の名前は、「きき酒道岩手県大会」準優勝者による命名だそうです、(多分)素人なのに凄いセンスですね。

20160909100035406.jpg

 上立ち香はセメダイン混じりのスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、若干の苦味を伴ったバランスの良い甘旨味が柔らかに入ってきて、おりと相まって尻上がりに少々強まる苦味でしっかりと引き締められながらゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、甘味と苦味、そして酸味が柔らかく融合した感じのグレープフルーツ的なもので、兎にも角にも飲み飽きない感じでガンガン飲めてしまいます。
 後味は仄かな苦味を口中に残しつつ、しっかりキレます。

 甘苦のバランスが良く、芳醇ながらスイスイ飲めてしまう完成度の高い、かつ今風なお酒でした。
 いやあこれは良いですね、キツくない苦味が非常に良い仕事をしています、甘味もあるので自分好みですし。
 この方向性は強く応援したいですね、このまま洗練していけば十分に人気を得られそうな予感。
 百磐、今後激しく注目していきたいと思います。

 温度が上がると、面白いことにトロミが出てきました。
 変にキツくなる感じもなく、これは良いですね…、このお酒、本当に芯がしっかりしています。
 「お気に入りに追加」です。

20160909100044019.jpg

名称:百磐 純米吟醸 おりがらみ生原酒
精米歩合:50%
使用米:吟ぎんが
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:磐乃井酒造株式会社
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:うえも商店
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年09月11日 岩手の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |