外飲み雑記 「しんばし光寿」&「かんだ光壽」

 先日(といってもずいぶん前ですが)、有名銘酒居酒屋「しんばし光寿」と「かんだ光壽」にお邪魔してきました。
 それぞれ別の日だったのですが、姉妹店ということで両店立て続けに行ってみたかったのです。

 両店ともはしご要らずの日本酒の取り揃えということと、お通し代わりに結構なボリュームの八寸が出てくるところは共通していました。
 ただ全体的な品揃えの傾向とかは結構違っていましたね…、ここで軽く飲んだ銘柄をメモ程度に書いておこうかと。

 先に行ったのは「しんばし光寿」さん。
 お店は地下にありますが、割とスペースは広くとってますね。
 剥がした日本酒ラベルを飾っているお店は良く見ますが、天井にまで所狭しと貼っているのには圧倒されました。
fc2_2013-08-14_20-16-52-267.jpg

 いただいたお酒のラベルはこちら。 

fc2_2013-08-14_20-11-51-410.jpg  fc2_2013-08-14_20-14-01-837.jpg

fc2_2013-08-14_20-14-21-836.jpg  fc2_2013-08-14_20-14-49-152.jpg

fc2_2013-08-14_20-15-10-517.jpg  fc2_2013-08-14_20-15-33-770.jpg

fc2_2013-08-14_20-15-59-218.jpg  fc2_2013-08-14_20-16-22-333.jpg

 銘柄としては美丈夫(発泡)、智則、作、綿屋、忠臣蔵、三千櫻、黒牛、南、MUNEMASA、風の森、町田酒造ですね。
 どれも個人的に好きな味わいのお酒が多く、お値段も良心的だったと思います。
 特に印象に残ったのは最後の、光寿限定の町田酒造純米吟醸でした。
 袋吊り斗瓶囲いということでちょっとだけお高めなのですが、味わい的にはそんじょそこらの大吟醸をしのぐ完成度の、非常にクリアな酒質のお酒だったと思います。


 その後しばらくしてから「かんだ光壽」さんにお邪魔しました。
 こちらは1階ですが席は少々狭め、ただ見事に超満員でした、リーマンっぽいおじさま方が多かったような。

 いただいたお酒のラベルはこちら。

fc2_2013-10-06_22-04-20-031.jpg  fc2_2013-10-06_22-04-42-688.jpg

fc2_2013-10-06_22-05-11-240.jpg  fc2_2013-10-06_22-05-36-982.jpg

fc2_2013-10-06_22-06-03-561.jpg  fc2_2013-10-06_22-06-26-520.jpg

fc2_2013-10-06_22-06-47-511.jpg  fc2_2013-10-06_22-07-16-935.jpg

 銘柄的には、宝剣、黒牛、南、辻善兵衛、松の寿、亀甲花菱、明鏡止水、作、川中島幻舞、根知男山、風の森ですね。
 姉妹店ということでやはり品揃えが似ていることに加え、ほぼ私の好みで選んでいるのでかなり銘柄が被りました。
 ただ、同じ銘柄でも値段はかなり違ったりします…、こちらのお店は「別誂」「袋吊り」「斗瓶取り」のオンパレードで、本醸造はおろか純米クラスすらほとんどないという徹底ぶり。
 そのため何を頼んでも本当に美味しいのですが、どうあがいても贅沢な飲み方になってしまいます、まあ量を飲むところではないのでしょう。
 
 個人的には松の寿が、芳醇さと綺麗さのバランスがよく、好みでした。
 「マツコト」は気になっていながらまだ家飲みできていない銘柄なので、今度見かけたら買おうという気持ちを強める一杯だったと思います。


 両店に行ってみて思ったのは、同じ銘柄でも神田の方が新橋よりワンランク上のお酒が多く、より万人向けの綺麗な酒質のものをセレクトしているということです、そしてその分お高い。
 逆にいうと、新橋はわりと銘柄の個性が出やすい、お求めやすいクラスのお酒が多かったと思います。
 そして料理もそれに対応して、神田は繊細な味を壊さないような上品な味のものがほとんどで、新橋は割と味が濃いものも含まれていました。
 まあ、ネット情報によるとそもそもそういう差別化は意識しているみたいですね。
 
 総じて、神田はちょっとお金を出してでも確実に美味しいお酒を飲みたい方、新橋はコスパを意識しつついろいろなお酒を楽しみたい方にお勧めかと思います。
 個人的には、新橋の方が自分で色々と試す楽しさがあって好みでした、神田は私にはちょっと早いかな…。
 
 もちろん、両店とも銘酒居酒屋として素晴らしいお店であることは確かだと思います。
 いつかまたお邪魔したいと思いました。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年10月29日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

町田酒造 特別純米55 生酒 限定にごり

本日の家飲み 町田酒造 特別純米55 生酒 限定にごり

fc2_2013-02-17_19-58-07-161.jpg  fc2_2013-02-17_19-58-37-893.jpg
(今回開封前に撮り忘れて、既に残り少しの時の写真になってしまいました)

 地元銘柄として清りょうを醸す、群馬県・町田酒造店のお酒です。
 しかし凄い銘柄名ですよね、裏をかいているというか、その発想はなかったというか。
 ただ、単なる「町田」みたいな名称と比べると明らかにインパクトがあるので、ネーミングとしては大成功のように思えます。
 
 ちなみに今回、家飲みでは初めて開栓時にふきこぼしてしまいました…。
 被害は少なかったのですが、注意書きをちゃんと読むべきでした、本当にイキがいいにごりです。
 見た目的にも完全に白濁しています。

fc2_2013-02-17_19-59-31-913.jpg  fc2_2013-02-17_20-00-14-381.jpg

 上立ち香はにごりらしく、米の香り混じりの炭酸ガスといった感じ。
 含むと、かなりのガス感とともに、濃厚な旨味が広がります。
 旨味は基本にごりっぽい米の旨味なのですが、甘さを含めた五味のバランスが良く、正統派な味わいといった印象です。
 これだけ濃厚ながら粉っぽさや甘ダレた感じを与えない処、完成度高いですね。
 後味は若干苦味が残る感じながら、にごりを感じさせないスッキリさ。

 どちらかと言うとスッキリ系ですが、同時に濃厚な旨味もあるにごり酒です。
 このスペックは通常の特別純米を限定でにごりにしたものだと思うのですが、もともとのお酒の完成度を感じさせつつ、にごりのガス感と濃厚な旨味がうまく加えられた一品でした。
 ちなみに個人的には、初日より開栓からちょっと経ってからの、微炭酸といった趣のほうが好みかな。

fc2_2013-02-17_19-59-07-907.jpg

名称:町田酒造 特別純米55 生酒 限定にごり
製法情報:無濾過生原酒 にごり酒
精米歩合:55%
酒米:五百万石
アルコール度:16~17%
酵母:不明
日本酒度:+2
蔵元情報:株式会社町田酒造店(群馬県前橋市)
製造年月:2012/12(24BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年02月22日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |