男山 純米生酒

本日の家飲み 男山 純米生酒

20160721144826552.jpg  20160721144841998.jpg

 北海道旭川市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 当ブログ初めての北海道のお酒となります、これでついに47都道府県のうち46を抑えたことになりますね(最後に残ったのは鹿児島県)。
 これも久留米の古賀美酒店さんで選んだ酒なので、初めての北海道のお酒をわざわざ九州で買うというわけのわからないことになりました。
 でも、ある意味ではロジが発達した現在の地酒事情を象徴していると言えるかもしれませんね。

 ところで、男山は全国に同名ブランドが存在しますが、Wikipediaによると本家はこの旭川の蔵元とのこと
 「明治の初めに廃業したが、江戸期の模倣や廃業の際のブランドの切り売りなどで数多くの「男山」ブランドが日本全国に存在する。」という文言からは、ブランド関係の生生しい事情が伝わってきます。

 今回いただくのはアルコール度数15度と軽めの純米生酒(たぶん加水あり)、歩合は55とかなり削っています。
 北海道らしい(?)ペンギンラベルが涼やかで可愛いですね。


 上立ち香りは甘さ控えめのお米クリーム的な濃い香りがそこそこに。
 含むと、透明感を感じるスッキリとした、しかし力強い旨味がググっと入ってきて、時間差で出てくる辛さに思いっきり引き締められながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、甘さを内包している感じの濃厚なお米の旨味が前半の主役、後半はアルコール的なキリリとした辛さが取って代わりますね。
 後味はしっかりとした辛さが引き取って見事にキレます。

 キリリとした旨味をしっかりとキレさせつつ、物足りなさを感じさせない旨味の存在感があるお酒でした。
 ボトルのイメージに見事に合っているところが素敵ですね、これはキリっと冷やして飲むのが基本でしょう。
 男山はまた他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20160721144851491.jpg  20160721144901159.jpg

名称:男山 純米生酒
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:男山株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:古賀美酒店(久留米)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 男山 純米

2016年08月03日 北海道の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |