瑞鷹 純米生原酒 菜々

本日の家飲み 瑞鷹 純米生原酒 菜々(さいさい) 

20170726100451857.jpg  20170726100501992.jpg

 熊本県熊本市のお酒です。
 家飲み、外飲み経験については後述。

 熊本の日本酒というと、日本酒マニアなら古くは「香露」最近では「花の香」、非マニアなら「美少年」あたりが東京では結構知られている印象があります。
 ただ、私が昨年例の地震絡みで出張して現地を歩いたところ、看板等で一番目についたのはこの「瑞鷹」だった気がします(後は「れいざん」)、熊本に限った話ではありませんが地産地消銘柄については本当に知名度の落差が激しいですね。
 その時の出張では忙しくてあまり「飲んで応援」ができず、帰りの飛行機で「くまもんカップ」を飲むのが精いっぱいだったため、今回リベンジということでうのかわ酒店さんからのお取り寄せに同梱してみた次第です。

 今回いただく「菜々」については、現在火入れ版が公式通販に載っていました
 「菜々」というネーミングは、使用米を「菜の花栽培」という特別な栽培法で行っていることに由来するようです。
 詳細は不明ですが、以前に飲んだ「ハーブ米」みたいなもんでしょうか。

20170726100511055.jpg

 上立ち香は若干熟感と青さが混じったような、そしてバニラも感じる独特な香りがそこそこに。
 含むと、やはり程よく落ち着いた印象の果実的旨酸味がググっと入ってきて、ほんのりとした苦味と辛味を奥に感じさせつつ、最後まで輪郭を保ったまま染み込んできます。
 味わいは、少々熟していながら酸がしっかり効いた果実の旨味が芯にあって、苦辛はかなりの時間差で存在感を発揮してくるタイプですね、でも荒さキツさが皆無であくまで引き締まりとキレを加えてくれます。
 後味は旨味が嘘のように辛口的なキレ。

 あまり派手な感じではないながら、荒さがしっかりと抑えられた、コクが有るのにキレのあるお酒でした。
 なんというかいぶし銀的な魅力がありますね、飲み飽きもしないですし、食事にもバッチリ合うかと。
 地場で愛されているお酒として説得力を感じますね、流石の実力。
 瑞鷹、いつか他のスペックも飲んでみたいと思いました。

 常温になるとさらにハッキリと酸味が出てきますね。
 なるほど…、やっぱり酸味が下支えしていた味わいということですね。

20170726100520737.jpg  20170726100531639.jpg

名称:瑞鷹 純米生原酒 菜々
精米歩合:65%
使用米:吟のさと
アルコール度:17%
日本酒度:+-0
蔵元情報:瑞鷹株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 瑞鷹 純米

2017年08月03日 熊本の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |