獺祭 等外 (火入れ版)

本日の家飲み 獺祭 等外 (火入れ版)

20161127123647270.jpg  20161127123656453.jpg

 山口県岩国市のお酒です。
 ブログでの紹介は5回目、多いような少ないような…

 新政に続くのは、もはや「地酒」の枠を完全に飛び出した感のある「獺祭」です。
 生産量はとんでもない勢いで増えているみたいですね、それがどこまで行きつくのかは個人的にも興味があります。

 今回いただくのは、「等外米」を利用したお酒です、詳細は裏ラベルに解説がありますね。
 気になるのは「等外米を利用したお酒は劣化スピードが速い」という一文ですが、どういう原理なんだろうか…
 なお、獺祭等外には2割3分まで削ったお米を使った「生酒」バージョンもありますが(四合2,300円)、当然ながら火入れのお安い方をセレクトしました。

20161127123736760.jpg

 上立ち香は非常にわかりやすいフレッシュ青リンゴの香りが気持ち強めに。
 含むと、極めて透明度の高い旨味が摩擦ゼロで入ってきたかと思うと、尻上がりに出てくる苦味でギチギチに引き締められ、そのまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは高精白らしい透明感こそあるものの、旨味自体が皮を向いてないままの蜜が足りない青リンゴといった趣で、細い上に苦味が勝ち過ぎな印象。
 後味はその苦味を残してしっかりとキレます。

 獺祭らしい旨味を感じさせつつも、ひたすら細くて引き締まった感じの味わいに留まった、一歩下がった存在感のお酒でした。
 上品ではあると思うのですが、同時に私の忌み嫌う「淡麗辛口」的な面白みの無さを感じてしまいますね。
 獺祭はそういうお酒と一線を画したしっかりとした旨味が魅力と感じていたので、もし50や寒造早槽もこういうお酒になってしまうとちょっと…
 自分にとってこのお酒はスペックはともかく味わいでは、今まで飲んできた獺祭の「お値段以上」というイメージから離れた、「値段相応」のお酒でした。
 といいつつも、「お値段以下」では無いと思いますし、好きな人は居る&日本酒慣れしていない人には一度飲んでもらう価値はあるとも思います。
 獺祭、若干の不安を覚えつつ、次は原点の50か寒造早槽に戻ってみる予定です。

20161127123727715.jpg  20161127123708667.jpg

 なんとなく記念写真。
20161127123639359.jpg
 新政・獺祭の2つを飲んで思ったことは、「やっぱり初心者向けを志向すると、尖った部分を丸くせざるを得ないのかなあ…」ということでした。
 ただ、これはむしろ自分の舌の変化なのかもしれません。
 当ブログの「お気に入り度」では昔よく7点代を付けてましたが、最近はほとんど付けなくなりました。
 それは各蔵の酒質上昇もあると思うのですが、それ以上に自分の「好みの幅」「味わいの許容範囲」が明らかに広がっていることが大きいと思っています。
 裏を返すと、日本酒初心者がマイナス要素と感じる味要素について鈍感になっている感もあるんですよね、これが高じると熟成酒とか変態酒フリークになるのかも…
 その分、そのマイナス要素を排していることが特長のお酒については、「つまらない」と感じてしまっているのでしょう。
 そんなことをつらつらと考えた、今回の初心者向け銘柄家飲みタイムでした。

名称:獺祭 等外 (火入れ版)
精米歩合:35%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:旭酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年12月15日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽25BY

本日の家飲み 獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽25BY

fc2_2014-01-21_14-48-07-421.jpg  fc2_2014-01-21_14-51-42-367.jpg


 山口県岩国市のお酒です。
 このブログでも何度か紹介していますね、自分の地酒入門酒であり、お気に入り銘柄の一つです。

 獺祭はちょくちょく購入しているのですが、最近は以前にも増して売り切れが速くなっているような気がします。
 それは蔵元の積極的なメディア露出(ほこたて・カンブリアとか、ヱヴァ新劇とか)によるところも大きいとは思いますが、やっぱり根底には「旨さ」があると思います。
 実際日本酒と言えばスーパーに常温で置いてある大手メーカー製のものしか知らないような人が、一度獺祭を飲んでしまえばリピーターになるのもむべなるかなといったところで、着実にファンは増えているのでしょう。

 ただ、獺祭の良さは(小規模蔵に比べて)入手しやすいという面にもあったので、この状況はやはりあまり好ましくは無いようにも思えます。
 機械化で量産に成功しているとはいえ、山田錦の仕入などもあるし、当然限界はあるでしょう。
 個人的には、獺祭を入門とした人が他の銘酒に日本酒ファンとしてどんどん流れてくれると嬉しいんですけどね…、自分がそうだっただけに。
 このブログも一応そういう思いを抱きながら、更新していたりします。

 さて完全に話がずれました。
 まあこのスペックは昨年もいただいているので、よろしければそちらも参考にしてください(今見ると似たようなこと書いてますが)。

fc2_2014-01-21_14-51-08-354.jpg

 上立ち香はフレッシュでクセのない感じの吟醸香が強めに。
 含むと、華やかながら意外とまろやかさも感じるような、とても素直にフルーティーな濃い甘旨味がストレートに来ます。
 旨味はやっぱりいつもの獺祭らしい青りんごっぽいもので、生酒のフレッシュさと濃厚さがありつつ、数字以上に高精白を感じさせる感じでスッと入ってきます。
 獺祭としては濃厚フレッシュで若干の新酒らしい苦味もありますが、他の生酒と比べるとクセのなさが際立ちますね、本当に万人向けだと思います。
 後味はその苦味がメインに、スッキリとキレます。

 獺祭の実力を感じさせる、万人向けの芳醇生酒でした。
 うーんやっぱり安定感があります、生酒でこれほど飲みやすいというのは実際凄いと思います、「生酒入門」としても使える一本でしょう。
 獺祭は露出が激しいだけに業界では毀誉褒貶が激しいようですが、私は一ファンとして応援していきたいと思います。

 最後に、獺祭の各スペックについての日本酒ブログ(由紀の酒)さんの記事が充実していたので紹介します。
 いつか私も全部飲んでみたいなあ…。

fc2_2014-01-21_14-52-12-980.jpg  fc2_2014-01-21_16-18-02-695.jpg

名称:獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽
製法情報:生酒
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16度
酵母:不明
日本酒度:+4
蔵元情報:旭酒造株式会社(山口県岩国市)
製造年月:2013/12(24BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年01月27日 山口の日本酒 トラックバック:1 コメント:4

獺祭 純米大吟醸50

本日の家飲み 獺祭(だっさい) 純米大吟醸50

fc2_2013-08-14_20-21-04-105.jpg  fc2_2013-08-14_20-21-39-571.jpg

 私にとって原点といえる銘柄、獺祭です。
 最近売れに売れて、増産を繰り返しているみたいですね。
 
 環境・知識が無い人が良いお酒に出会うためにはやっぱりある程度の生産量が必要なわけですが、こと日本酒に関しては生産量と品質は反比例しがちです。
 個人的には、その生産量と品質との兼ね合いの最適解に今のところ一番近いところにあるのが獺祭なんじゃないかと思っています。
 これからも是非本格日本酒入門酒として最適な品質を保ってほしいと希望します。

 上立ち香は結構華やか、かつ爽やかな吟醸香が強めに。
 含むと、いつもの獺祭らしい爽やかな甘旨味が、ドライな辛さとともに節度を保って広がります。
 旨味はフルーティーな甘味と、きつくない渋辛が拮抗するバランスの良い感じ。
 いやあほんとこの獺祭50はいつでも変わらない安定感があります。
 後味は、少々の辛さでスッキリキレます。

 まさに「万人向け」という言葉がぴったりはまる、爽やかフルーティー酒でした。
 まあ生原酒ばかり飲んでいると「薄い」ようにも感じますね、実際自分は寒造早槽の方が好みではあります。
 ただ、生原酒に飲み疲れた時には最適ですし、普段日本酒をあまり飲まない層には断然こちらの方が受けが良いようです。
 獺祭50はこの味わいを是非ともキープしていって欲しいところです。

 ちなみに、獺祭の申し子のような自分ですが、味が落ちたらすぐに離れるつもりだったりして。
 呑兵衛は贅沢+わがままなのです。

fc2_2013-08-14_20-22-06-679.jpg

名称:獺祭 純米大吟醸50
製法情報:
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16度
酵母:不明
日本酒度:+3
蔵元情報:旭酒造株式会社(山口県岩国市)
製造年月:2013/7(24BY)
購入価格(税込):1,417円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年08月27日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

獺祭 「試」 Tameshi

 本日の家飲み 獺祭 「試」 Tameshi

fc2_2013-04-09_12-52-20-299.jpg  fc2_2013-04-14_20-17-44-957.jpg

 言わずと知れた獺祭ですが、今回は割と珍しいタイプの限定品です。
 ラベルには精米歩合すら記載のない「清酒」なのですが、中身は最高級品「二割三分」のために削られた山田錦のうち、破砕してしまったなどの原因で規格外となったお米で醸されたお酒とのこと(火入れもしているらしい)。
 理屈でいうと、成分は二割三分並の純度がありつつ、形の不揃いさ故に発酵の進み方に少々難があるということなのでしょうか。

 まあ正直、私のような素人にはわからない世界です。
 しかも、私は貧乏舌なせいか、獺祭は三割九分より普通の50の方が好きだったりするので、多少不安もあったりして…。
 兎も角、目の前にあるお酒を純粋に味わって見ることにいたしましょう。

 上立ち香は上品な感じの吟醸香。
 含むと、しばらくは水のように淡い味わいに感じられますが、しばらくすると割合濃厚な旨味がにじみ出てきます。
 旨味はいつもの獺祭に通じるバランスの良いリンゴ系の甘旨味で、ほのかに渋味も混じりスッキリとした印象。
 そして特筆すべきはやはり口当たりですね、少し恐ろしくなるくらいアルコールを感じさせません。
 後味はいわゆる高精白大吟醸の、スーッと消えていく抜群のキレ。

 試作品とはいえ、十分お値段以上に上等な味わいを感じられました。
 私は貧乏性なのでいつもよりお金を出したときは明らかに舌が厳しくなるのですが(笑)、これなら納得です。
 高精白らしいキレがありつつ、あくまで旨味はしっかりしているところは獺祭らしさを感じました。

 値段を考えると、私は三割九分よりも断然こちらを選びます。
 ただ、個人的好みでは50の常に安定した味わいや、寒造早槽の濃厚フレッシュな味わいのほうが好きかな…。
 これはもう好みというか、獺祭に対する私のイメージ的な話なのですが。

 なお、上品さ故に味が濃いものと一緒だとバランスが崩れるように思えます。
 純米大吟醸を飲むつもりで心配りしつつ飲むことをオススメします。

fc2_2013-04-14_20-18-39-293.jpg

名称:獺祭 「試」 Tameshi
製法情報:
精米歩合:不明(基本的に23%のはず)
酒米:山田錦
アルコール度:15度
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:旭酒造株式会社(山口県岩国市)
製造年月:2013/3(24BY)
購入価格(税込):1,838円/720ml
お気に入り度:8.0/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 獺祭

2013年04月14日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽

本日の家飲み 獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽

fc2blog_201212162026034b3.jpg

 獺祭(だっさい)です。
 私が日本酒を飲みだしたのは昨年11月のなのですが、決定的なきっかけは居酒屋でたまたま飲んだ獺祭の味わいを忘れられなかったことだったかと記憶しています。
 全量山田錦の純米大吟醸で、かなりの量を醸す獺祭はやっぱり日本酒入門として最も相応しい銘柄かと思っています。

 その中でのこの「寒造早槽」は、なんといってもその濃厚さで自分の一番のお気に入りでした。
 ラベルには50%と39%を8対2でブレンドしてある旨が明記されてますが、山田錦でその精米歩合からしたら破格の値段です。
 今年も早めに買おうと思っていたのですが、どこの酒屋さんでもすぐ売り切れでかなり入手に手間取った感があります。
 獺祭はある程度入手がし易いところも長所の一つだと思うので、もう少しなんとかして欲しいと思ってしまいます。

fc2blog_20121216202542ed5.jpg

 上立ち香はほんのりと甘い吟醸香が上品に。
 含むと、いつもの獺祭らしいクセのないけど個性的な青リンゴ系の甘旨味を感じます。
 そしてその旨味は生酒らしくいつにもまして濃く強烈にやってきます。
 後味は精米歩合を感じさせる抜群のキレ。
 キレの良さと雑味のなさで、これだけ濃い味わいがありながらあくまで印象はスッキリ。
 どんどん飲めてしまいそうな危険なお酒です。

 いやあ、やっぱり獺祭は凄いお酒です。
 もともと完成度が高い上にこの寒造早槽は濃厚さが加わって、自分の好みのどストライクゾーンに入ります。
獺祭には是非ともこの路線を妥協なく突き進んでいって貰いたいです。
 後、この寒造早槽はもう少し量を増やして欲しいなあ…。

fc2blog_201212162025233c3.jpg

名称:獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽
製法情報:生酒
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16度
酵母:不明
日本酒度:+4
蔵元情報:旭酒造株式会社(山口県岩国市)
製造年月:2012/12(24BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.8/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2012年12月16日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |