片野桜 山廃純米酒 無濾過生原酒 雄町 27BY

本日の家飲み 片野桜 山廃純米酒 無濾過生原酒 雄町 27BY

20170221102058062.jpg  20170221102105877.jpg

 大阪府交野市のお酒です。
 ブログでの紹介は4回目と、結構な回数になってきました。

 片野桜は今まで、雄町山廃生山田錦山廃生雄町速醸(かたの桜)と微妙にスペックをずらしつつ飲んできました。
 その中で一番雄町山廃生がインパクトのある味わいで印象に残っていたため、今回再セレクトした次第です。
 が、実はこのお酒、店長さん曰く27BYということで一夏越えの生熟酒でした、前回は4月出荷の新酒だったので結構味わいが違うことが予想されます。
 今回は店長さんの説明で買う前に納得できましたが、BYの違いって物凄く味わいに影響することなので、やっぱり本来はラベルに書くべきですよね。
 どの銘柄でもいえることですが、上槽日(搾った日)と出荷日(瓶詰日)を両方明記することが広がって欲しいなあと個人的には思います。

 裏ラベルには、かなり詳細なスペックの記載があります、昔は無かったので情報公開を押し進めたということなのでしょう、非常に良いことだと思います。
 日本酒度-3、酸度1.9も中々な数値ですが、やはり特筆すべきはアミノ酸度2.6でしょう、1.8とかでもかなり濃厚寄りであることを考えると、若干振り切れた数値と言えるかと。

20170221102114855.jpg  20170221102122297.jpg

 注ぐと、うおっと思うぐらいに色づいてますね、まさに黄金色。

 上立ち香はちょっと熟成香混じりの、酸もある完熟果実の香りがそこそこに。
 含むと、キツめの酸を伴った旨味がグワワッと入ってきて、最後まで存在感を保つ酸味が唾液腺を刺激しながら、舌先にもピリピリ感を与えつつ塊のまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ちょっと熟しすぎたような果実の甘旨味を芯に感じるものの、主役は乳酸が発酵したような(完全にイメージ表現)極めて強烈な酸が最初から最後まで受け持って、超個性的な味わいの世界を演出します。
 後味もその酸が引き取り、なんとか引き上げていきます。

 超弩級の酸が強烈に存在感を主張する、超個性派完熟濃厚甘酸酒でした。
 う~む、個人的にはこの濃厚さもアリなのですが、前に飲んだのと比べると主役が甘味から酸味に取って代わられてしまっているのが残念な印象。
 それが造りの変化に因るものなのか、熟成に因るものなのか、原因が分からないのも気になるところです…
 片野桜はまたいつか同スペックを飲んで確かめてみたいと思いました。

 何となく予感がしたので燗をつけてみると…、おお、ようやく甘味が共同主演ぐらいに存在感を発揮してきました。
 これなら良いなあ、個人的にはこのスペックについては断然燗がオススメ。
 熱燗の強烈に甘酸苦が主張する感じも好きですが、裏ラベルにあるぬる燗がバランスが取れていて口当たりが優しくてベストかも。
 熱燗から燗冷ましで色々な温度を味わうのも楽しいと思いました。

20170221102129977.jpg

名称:片野桜 山廃純米酒 無濾過生原酒 雄町 27BY
精米歩合:65%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:-3
蔵元情報:山野酒造株式会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.4(燗上がりも考慮に入れて)/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年03月18日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町

本日の家飲み かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町

20160923090547343.jpg  20160923090558548.jpg
 (今回瓶が汗をかいてしまい、ラベルの写真写りが悪いですね…、反省。)

 大阪府交野市のお酒です。
 結構飲んでいる印象があったのですが、意外にもブログでの紹介はまだ3回目でした。
 酒逢さん購入酒4本目。

 「片野桜」については、雄町山田錦の2スペックを紹介しています、そして今回いただくのはやはり雄町を使った「かたの桜」ですね。
 微妙に名前が違いますが、中身は何が違うかというと、漢字は山廃、ひらがなは速醸と、製法部分での違いになります。
 マニアならその違いが味わいに及ぼす重大さを重々承知しているでしょうが、一般の方には伝わりづらいですからね、「同じお酒を飲んだのに、前と全然味が違う!」みたいな誤解を防ぐため、はっきりと表記を区別しているのでしょう。
 漢字ラベルの男臭さ(笑)とどっしり濃厚な味わいはある種リンクしていたので、桜の花びらも舞う若干女性的なラベルからは軽やかな酒質が想起されますが、どうなんでしょうか。
 
 スペック的には、雄町を58%という微妙な割合まで削って醸した無濾過生原酒。
 ググると、結構58%精米のお酒が他蔵でもちらほらあるみたいなのですが、何か意味があるのでしょうか…謎です。

20160923090608468.jpg

 上立ち香は酸を感じる濃ゆい果実的な香りがそこそこに。
 含むと、酸でしっかりと引き締まった甘旨味がググっと入ってきて、さらに個性的な酸苦味がゆっくりと表に出て、キリリとしたまま染みこんできます。
 味わいは、酸の効いた柑橘系果実っぽい甘旨味が主役なのですが、単に軽くなく若干重みと芯のある印象で、濃縮されつつも飲み疲れない感じ。
 後味はその苦酸で力強くキレます。

 味の乗った旨味に、強めながらキツさの無い酸が並び立つ、食中酒でも単体でも楽しめる万能酒でした。
 山廃に比べると、若干甘味や濃度が控えめで、スッキリ感が増している印象です。
 個人的には「片野桜」の方が好みではありますが、この「かたの桜」の方がラベルのイメージ通り万人向けでしょうね。
 同蔵のお酒はまたいただきたいと思いました。

20160923090619410.jpg

名称:かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町
精米歩合:58%
使用米:雄町
アルコール度:17~18%
日本酒度:+2
蔵元情報:山野酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:酒逢(金町)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月22日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

片野桜 山廃仕込純米酒 山田錦 無濾過生原酒

本日の家飲み 片野桜 山廃仕込純米酒 山田錦 無濾過生原酒

fc2_2013-09-19_09-28-23-739.jpg  fc2_2013-09-19_09-28-49-123.jpg

 前回、その強烈な個性に魅せられてしまった片野桜です。 
 この前は雄町でしたが、今回は山田錦ですね、他のスペックは全く同じ。
 雄町の方が数が少ないのか、こちらのほうだけ在庫があったので、再び購入してみました。

 上槽3月、製造年月日4月なので、おそらく酒屋さんで半年弱寝かせられたものと思われます。
 変なお店だとヒネとかが怖い期間ですが、しっかりした酒屋さんならむしろ良い感じの熟成を期待できるかと。

fc2_2013-09-19_09-29-30-557.jpg

 上立ち香は雄町と似た、甘さを感じる独特の香り。
 含むと、まずは甘味を感じるものの、すぐにかなり個性的な苦渋味が混ざってきて、複雑に形作られた芳醇な旨味がじわじわっと広がっていきます。
 旨味は意外にも甘さほどほどで、むしろ苦味とそれによる辛さが主役を張っている感があります。
 ただ、それが悪い感じではなく、クセになりそうな魅力がありますね…、これまた個性が凄い。
 後味は、その苦味と辛さで引取り、ピリッとキレます。

 苦味が主役ながら、それを前向きに感じさせる芳醇個性酒でした。
 丁度おかずが餃子になってしまったのですが、それに全然負けない味わいの強さがあります。
 ある程度熟成もしてきたのかなあ。
 個人的には甘味も濃厚な雄町の方が好みですが、こちらも十分好きなタイプのお酒です。
 片野桜はこれから注目していこうと、決心させられた一本でした。

fc2_2013-09-19_09-30-15-573.jpg  fc2_2013-09-19_09-30-55-218.jpg

名称:片野桜 山廃仕込純米酒 山田錦 無濾過生原酒
製法情報:山廃 無濾過生原酒
精米歩合:65%
酒米:山田錦
アルコール度:17~18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:山野酒造株式会社(大阪府交野市)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年09月21日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

片野桜 山廃仕込純米酒 雄町 無濾過生原酒

本日の家飲み 片野桜(かたのさくら) 山廃仕込純米酒 雄町 無濾過生原酒

fc2_2013-06-19_20-30-38-443.jpg  fc2_2013-06-19_20-31-17-444.jpg

 本ブログ初の大阪のお酒です。
 先日の外飲みで良い印象だったので購入しました、家飲みは初の銘柄です。

 最近私は「ブログ等で下情報仕入」→「外飲みで未飲銘柄を試す」→「気に入ったものを家飲み」というスタイルが板についてきたように思えます。
 外飲みはできないことも多いのですが、一回飲めると外れが少ないというか、当たりが多くなりますね。
 私が家飲みで飲んでいるような、ちゃんとした酒屋のこの価格帯のお酒は基本どれも美味しいので、その中での差となってくると結局個人的好みになってくるため、試飲が最高の基準になるのです。

 さて、今回はちょっとマイブームの感がある山廃、しかも雄町米利用のスペックです。
 注ぐと、相当に黄色がかっており、いかにも濃厚そうな雰囲気。

fc2_2013-06-19_20-33-34-314.jpg  fc2_2013-06-19_20-32-08-535.jpg

 上立ち香はちょっとクリームっぽい甘い特徴的な香り。
 含むと、濃ゆーい甘旨味がじわじわと広がりつつ、ちょっと刺激的な苦渋味も絡まってきます。
 旨味は熟れきった果実かクリームのように、濃厚かつどっしりした甘味が主役。
 新酒のはずですが氷温熟成酒のように、いやらしくない熟成感のようなものを感じます。
 また、これだけ芳醇ながら辛過ぎないほどの刺激もあって、ダレた感じはしません。
 後味はその刺激が受け持ち、ちょっとしたピリピリ感を舌に残しつつ引いていきます。

 非常に個性的な超濃厚芳醇完熟酒でした。
 甘味の裏にはクセのように感じる苦味(エグ味?)も感じるのですが、それもまた前向きに感じられてしまうのです。
 このちょっとクセのある強烈な完熟タイプの甘味を持つお酒を飲んで、私は慶樹(射美)を思い出しました。
 うーん、これは旨い、私はこれ本当に好きなタイプのお酒です。

 ただ、外飲みで一緒に飲んだ友人は合わなかったそうなので、恐らく人を選ぶタイプなのでしょう。
 ともかく、片野桜は早々に他のスペックも入手してみたいと思いました。

 なお、開栓後は気持ち味わいがまろやかになる感じです。
 こっちのほうが万人向けかな…。
 しかし、これが熟成したらどうなるのか、非常に気になるところです。

fc2_2013-06-19_20-32-35-341.jpg

fc2_2013-06-19_20-32-54-841.jpg

名称:片野桜 山廃仕込純米酒 雄町 無濾過生原酒
製法情報:山廃 無濾過生原酒
精米歩合:65%
酒米:雄町
アルコール度:17~18%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:山野酒造株式会社(大阪府交野市)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年06月29日 大阪の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外飲み雑記in秋葉原1 「きんぼし」

 先日男友達と2人で秋葉原の「きんぼし」さんにお邪魔してきました。
 一昔前に比べれば秋葉原の飲食店はもの凄く増えましたが、ちゃんとした居酒屋、それも日本酒メインとなるとかなり選択肢は絞られてきます。
 きんぼしさんは日本酒メインをうたい、日替わりのメニューでかなりの種類の日本酒を出してくれるお店です。
 串焼きを始め、食事は日本酒用というよりはボリューム重視で若者向けという感じですね。

 ちょっと難があるとすれば電気街から距離があるのと、串焼きの良い臭い(あとタバコ…)が強すぎて、日本酒の香りが楽しみにくいところでしょうか…。
 うーん、私も面倒くさい呑兵衛になったもんです。

 今回はいただいたお酒のなかで、なんといっても印象に残ったのはこちら(左側)。
fc2_2013-06-19_20-16-17-487.jpg

 大阪のお酒、片野桜の山廃無濾過生原酒の雄町米使用バージョンです。
 一口飲んだだけで明らかに他のお酒と違う、個性あふれる濃厚芳醇酒でした。
 ちなみに友達は苦手だったようです。
 こういう好き嫌いの分かれるお酒は、苦手ならそれまでですが、波長にはまると強烈に脳裏に刻まれるという良さがありますね。

 他に頂いたお酒は以下の通り。
fc2_2013-06-16_22-22-08-484.jpg  fc2_2013-06-19_20-15-43-266.jpg

fc2_2013-06-19_20-17-24-752.jpg  fc2_2013-06-19_20-17-55-082.jpg

fc2_2013-06-19_20-18-27-399.jpg

 銘柄を列挙すると、陸奥八仙・星自慢・裏田光・獺祭・屋守・米宋・白露垂珠・旭興。

 やっぱり日替わりメニューのところは、固定メニューのところよりコアなセレクトというか、サプライズがあって楽しいです。
 友達と二人だったこともあり、今回もしたたかに飲んでしまいました。
 しかも割と肉を食べたこともあり、しばらくは満腹の苦しみに支配される始末。
 いつのなったら大人の飲み方ができるようになるのだろう…、まあお酒が美味しければいいんですけど。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年06月25日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |