永寶屋 辛口純米 八反錦 無濾過生原酒

本日の家飲み 永寶屋(えいほうや) 辛口純米 八反錦 無濾過生原酒

20151109015905458.jpg  20151109015917932.jpg

 福島県会津若松市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みはあったようななかったような…(呆)

 この永寶屋を醸す鶴乃江酒造の通常銘柄は「会津中将」。
 そして会津中将といえば今年、「SAKE COMPETITION2015」の純米大吟醸部門で、東洋美人・十四代を抑えてトップに輝いたのが記憶に新しいところです。(リンク先は私のギャザリー記事)
 ミーハーな自分としては、 そんな銘柄をまだ家飲みできていないことに耐えられず、早速こだまさんで購入させていただいた次第です。

 スペック的には、八反錦を60まで磨いた無濾過生原酒、これも一夏超えた生酒です。
 個人的には「辛口」という表記があるお酒はまたいで通る傾向があるのですが、実は今回は試飲の時点で「こりゃうめえ」と驚愕し、即決でセレクトしました。


 上立ち香は控えめに甘くスッキリとした果実香がそこそこに。
 含むと、程よく落ち着いた濃度と純度の高い甘旨味が力強く入ってきて、キツさのない辛さっぽい感触で輪郭を保ちつつ、息が長く染みこんできます。
 旨味は完熟マスカットを思わせる濃厚な甘味が主役ながら、あくまで裏方に徹した苦味と辛さがしっかりと支えて、スッキリかつ奥深い味わいの世界を創り出します。
 後味はその芳醇な味わいを最小限の辛さが引き取って見事にキレます。

 しっかりとした甘旨味と引き締まった辛さが見事に両立した、極めて完成度の高い芳醇旨甘辛酒でした。
 スッキリさがありつつ、全体的な印象は割とまろやかなんですよね…、これは本当に奥深い、一筋縄ではいかないお酒です。
 ただ、これを「辛口酒」として表示してしまうのは勿体無い気がするなあ…、下手したら凡百の淡麗辛口酒に埋もれてしまうような。
 兎も角、永寶屋と会津中将、今後注目度をググッと上げていきたいと思います。

20151109015932447.jpg

名称:永寶屋 辛口純米 八反錦 無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:八反錦
アルコール度:16%
日本酒度:+7
蔵元情報:鶴乃江酒造
購入価格(税抜):1,400/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年01月21日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |