残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒

本日の家飲み 残草蓬莱(ざるそうほうらい) 純米吟醸 Queeen(クイィーン) 槽場直詰生原酒

20160812140006084.jpg  20160812140014735.jpg

 神奈川県愛甲郡愛川町のお酒です。
 ブログで同蔵のお酒を紹介するのは3回目ですね。

 こちらのお酒は小路まち(元麹町市場)さんがPBを扱うぐらいに推していたこともあり、ガンガン外飲みしている分家飲みはあまりしていないのですが、味わいにはとても良い印象を持っています。
 今回いただくのはアルコール度12度の生原酒ということで、いわゆる「低アル原酒」になりますね。
 低アル原酒については昨年も記事に書いた通り、最近の日本酒業界の一つのトレンドだと思っています。
 数種飲み比べた上での個人的な一つのスタンスとしては、「あまり進んで選ぼうとは思わないが、濃い系に偏った時に選ぶと気分転換に良い」ぐらいのものでしたが、この「クイィーン」については各所の評判も良かったので今回セレクトしました。

 ラベルはピンクでキラキラとなかなかインパクトがありますね。
 そして「Queeen(クイィーン)」というなぜか「e」と「ィ」が一つ多いという謎ネーミング、裏ラベルのスペックに混じってしれっと書いてある「注目度:123%」の記載、うーむ、何とも言えないセンスですねえ…
 ちなみにQueeenという名前は度数「12度」ともかけているとのことで、こっちは洒落てると思いました。

20160812140030650.jpg  20160812140039444.jpg

 上立ち香は酸を感じるスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、甘さと酸のある軽快な旨味がスルッと入ってきて、酸が唾液腺を刺激しながらジュワジュワと染みこんできます。
 味わいは、酸がとにかく飲みやすさを助長する甘酸っぱいものですが、旨味の存在感はきちんとあって、薄い感じでなくあくまで軽い印象ですね。
 後味はやはり酸が引き取って、見事にキレます。

 ガスが無いのにチューハイレベルの飲み安さがあって、かつ日本酒らしい味わいの奥深さもしっかりあるという、まさに新ジャンルのお酒でした。
 油が濃い目の料理と合わせるとガンガンいってしまいますね、これは危険だ…
 ガツンと来る系のお酒が好きな方には合わない可能性はありますが、それでも一度は試してみる価値はある完成度のお酒だと思います。
 残草蓬莱、昇龍蓬莱と共に、今後一層注目していきたい銘柄だと思いました。

20160812140050452.jpg

(参考)もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

名称:残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:12%
日本酒度:不明
蔵元情報:大矢孝酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年09月01日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

残草蓬莱 純米 緑ラベル 槽場直詰 無濾過生原酒

本日の家飲み 残草蓬莱 純米 緑ラベル 槽場直詰 無濾過生原酒

fc2_2014-02-19_19-05-20-400.jpg  fc2_2014-02-19_19-06-26-697.jpg

 神奈川県愛甲郡のお酒です。
 外では何度もいただいているのですが、行きつけの酒屋にあまり置いていないこともあり、今回通販で入手しました。

 こちらを醸す大矢孝酒造の銘柄としてはこの「残草蓬莱」と「昇龍蓬莱」の二本立てがメインのようです。
 「ざるそうほうらい」っていうのは難読銘柄ひっかけ部門(何じゃそりゃ)の上位にランクインしそうですね、初見ではほぼ読めないでしょう。
 ちなみに「残草蓬莱」の方が比較的安価な米をつかった地元向けメインの銘柄で、「昇龍蓬莱」が山田錦・雄町を使った全国向けの銘柄らしいです。

 今回いただくのはいかにもフレッシュな印象の、緑の箔ラベルの一本です。
 実際「槽場直詰」ということで、フレッシュな味わいが予想されますがいかがでしょうか。

fc2_2014-02-19_19-05-53-353.jpg

 上立ち香は、フレッシュで甘めなメロンのような香りがほどほどに。
 含むと、意外とガス感は抑え目ながら、やはりフレッシュ感のある引き締まった印象の甘旨酸味がジュワーッと広がっていきます。
 旨味は…、ラベルカラーに引っ張られてるかもしれませんが、ちょっと青臭さのあるメロンといった感じの、しっかりとした甘酸味が主役の新酒らしい味わい。
 最初は甘味をしっかり感じるのですが、徐々に苦味が出てきて、そのままキレる感じですね。

 新酒らしいフレッシュさと力強い甘旨酸味を素直に楽しめるお酒でした。
 この時期はやっぱりこういうお酒を飲めるのが嬉しいですね。
 新酒らしさのクセをしっかり押さえているあたり、蔵の実力を感じます。
 残草蓬莱(もしくは昇龍蓬莱)は、今後も機会があれば飲んでいこうと思いました。

fc2_2014-02-19_19-07-02-545.jpg  fc2_2014-02-19_19-07-30-266.jpg

名称:残草蓬莱 純米 緑ラベル 槽場直詰 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:大矢孝酒造株式会社(神奈川県愛甲郡)
製造年月:2013/12(25BY)
購入価格(税込):1,470円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 残草蓬莱 純米

2014年03月01日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外のみ雑記in四ツ谷三丁目2

 割と最近行ったばかりの「日がさ雨がさ」さんに先日またお邪魔してきました。

 今回いただいたお酒は次の通りです。

・こんな夜に…「満月」純米大吟醸 雫斗瓶
・豊賀「22BY氷温熟成」特別純米 無濾過生原酒
・雨後の月 純米吟醸 斗瓶取り あらばしり
・残草蓬莱 純米吟醸 槽場直詰 無濾過生原酒 美山錦
・風の森 純米 真中採り 無濾過生原酒 露葉風24BY
・大信州 手いっぱい生
・積善 純米初しぼり
・萩の鶴 純米吟醸 無加圧直汲み
・辻善兵衛 純米大吟醸 斗瓶囲い
・亀甲花菱 純米 生原酒
・水尾 純米吟醸
・松尾 純米 槽口搾り

 特に心に残ったお酒その1

fc2_2012-12-30_12-58-59-531.jpg  fc2_2012-12-30_12-59-28-358.jpg

 実は今回はこれを飲みに来ました。
 鈴傳さんの数量限定品だったはずですが、すぐ売り切れで買い逃してしまいまして…。
 味わいは、ほんのり熟成香がありながら臭みはなく、味わいがしっかり乗っているという、私が「蔵元氷温熟成」に持っている良いイメージそのものでした。
 期待通り旨かったです。

 その2はこちら

fc2_2012-12-30_13-00-53-740.jpg  fc2_2012-12-30_13-01-25-269.jpg

 風の森はやっぱりうまいです。
 といいつつ実は露葉風は初めていただいたのですが…、特有の甘旨味は変わらず感じられてこれまた私のストライクゾーン真ん中でした。
 限定品とのことで、普通のしぼり華シリーズよりきれいなイメージだったと思います。

 その3はこちら

fc2_2012-12-30_12-59-58-561.jpg  fc2_2012-12-30_13-00-25-221.jpg

 前から気になりつつも、始めていただく銘柄です。
 かなりはっきりと芯のある甘旨みがストレートにくるイメージでした。
 好き嫌いは分かれそうな気がしましたが、私は好きなタイプです。

 さて、いつものごとく書きましたが、実はこの日は完全に飲みすぎました。
 上で挙げた銘柄も後半は記憶があやふやで「どれもうまかった」みたいな感じです。
 
 飲み放題にかこつけて独りで飲みすぎるなんて最低です…、次の日猛省しました。
 絶対にバカスカ飲むべきでないと一目でわかるような美酒に申し訳ないです。
 この記事も書くかどうか迷ったのですが、自戒のためにも記録を残しておきます。
 
 皆さんもこの年末年始、どうかお気をつけてください…。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2012年12月30日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |