横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生

本日の家飲み 横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生

20160606090507017.jpg  20160606090529083.jpg

 長崎県壱岐市のお酒です。
 外では何度かいただいたことがありますが、家飲みは初めて。

 以前に田中六十五というお酒を紹介したことがありましたが、こちらも同じ路線のネーミングですね。
 ちょっとネットで調べたところ、どうやら蔵元間のつながりもありそうなのですが…、詳細は不明です。
 ちなみに、この横山五十を醸す重家酒造は焼酎をメイン商品としているようです、そちらはあまり詳しくないのですが「ちんぐ」という銘柄は結構有名だったような。
 日本酒の方はしばらく休造中だったのを、最近蔵の跡継ぎが復活させたとのこと(造り自体はまだ別の蔵でやっているようですが)。

 スペック的にはその名の通り、山田錦を50まで削った純米大吟醸です。
 生酒、特にうすにごりは結構珍しかったような。

20160606090539300.jpg  20160606090609993.jpg

 注ぐと、にごりっぷりは薄めで、うっすらという感じ。

 上立ち香はスッキリとした柑橘系果実の香りがそこそこに。
 含むと、甘酸のバランスの良い旨味がトロリかつキリリ?と入ってきて、裏方ながら存在感のある苦味でしっかりと引き締められつつ、じわじわと染みこんできます。
 味わいはグレープフルーツ的な酸苦味のあるものですが、しっかりとグラニュー糖をかけたかのごとく甘味もバッチリ、そしてキツさや荒さは皆無で、最後までバランスを保ったまま、飲み飽きない複雑さを形作っています。
 後味は酸苦が上品に引き取って、自然にキレます。

 甘酸苦が高次元でバランスを保つ、正当派で完成度の高い濃厚フレッシュ甘旨酒でした。
 今日びこのタイプのお酒は数ありますが、その中でも一歩二歩先を言っているような完成度ですね、うーん見事。
 壱岐という地でこれだけの美酒が醸されていることに、ロマンのようなものを感じる今日この頃です。
 横山五十、今後注目していきたいと思います。

 温度が上がると、若干甘味と青さが出てきてメロン的になるような…
 好みですが、これもありでしょう。

20160606090548757.jpg

名称:横山五十 純米大吟醸 山田錦 うすにごり生
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:重家酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年07月10日 長崎の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |