栗駒山 特別純米 無加圧中取り

本日の家飲み 栗駒山(くりこまやま) 特別純米 無加圧中取り

fc2_2014-06-06_12-41-19-784.jpg fc2_2014-06-06_12-43-09-385.jpg

 宮城県栗原市のお酒です。
 外飲みは何度かしていて、家飲みでは2回目、ブログでは初紹介です。 

 一つ予告なのですが、今回家飲みでたまたま「鶴」にゆかりのある銘柄が集中しまして、その偶然が面白かったのでプチ連載といった感じで連続して紹介したいと思います。
 さて、栗駒山がどう鶴に関係しているかというと、こちらを醸す千田酒造の普通酒銘柄が「奥鶴」なのです。
 まあ確かに特定名称酒ブランドとしては奥鶴は地味かも…、都市圏には栗駒山の名称で売り出して正解個人的には思います。
 
 さて、栗駒山は銀座での外飲み時にかなりいい印象があった銘柄です。
 今回のスペックは特別純米酒を名乗っていますが、55磨きでむしろ純米吟醸クラス。
 さらに「無加圧中取り」とのことで、綺麗な味わいを期待してしまいますが、いかがでしょうか。

fc2_2014-06-06_12-42-16-072.jpg

 上立ち香は爽やかでほんのり甘い香りがそこそこに。
 含むと、まずは口当たり柔らかな旨味が自然に入ってきますが、徐々に酸味が出てきてスッキリ感が増していきます。
 旨味は最初はまろやかでバランスの良い旨味が先に出てくる味わい、後は酸味が主役でキレを担当する味わいと、ハッキリと役割が分かれている印象です。
 後味は酸味と辛さがしっかりとあってキッチリとキレます。

 派手さはないのですが、クセのなく飲み飽きないいぶし銀的なお酒でした。
 お値段も高くなく、コスパはかなり良いと思います。
 ただ、旨みが好みなだけにもう少し濃厚な味わいを楽しみたいという思いも抱いてしまったり。
 栗駒山、次は新酒しぼりたてをいただたいと思いました。

 開栓後は徐々に苦さとアルコール感が前に出てくる印象です。
 しかし、口当たりは変わらずバランスとしてはなかなか崩れないので、一升じっくり飲めました。

fc2_2014-06-06_12-43-35-526.jpg

名称:栗駒山 特別純米 無加圧中取り
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:千田酒造株式会社
購入価格(税抜):2,700円/1800ml
お気に入り度:8.1/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年08月17日 宮城の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

外飲み雑記in銀座

 先日、母とその友人方と共に、銀座「酒の穴」さんに初めてお邪魔しました。
 いやあまさかこういう形でザギンで飲むことになろうとは…、人の縁・酒の縁というのは面白いものです。
 
 酒の穴さんは、同じビルの高級すき焼き料理店「銀座 らん月」と一緒の経営母体とのこと。
 私も「さぞお高いんでしょう」ぐらいの気持ちで行ったのですが、実際は私の知る他の銘酒居酒屋と同じぐらいのお値段でした、料理もおいしかったですし場所柄を考えれば格安といっても良いかもしれません。

 また、今回私がお酒の冷蔵庫を見せて欲しいと店員さんに伝えると「どうぞどうぞ」ととても快い返事をいただき、その後冷蔵庫を睨んでいると店長さんがわざわざオススメなどを解説してくれました。
 銘酒居酒屋かくあるべしという、うれしいおもてなしです。
 なお、何気にメニューに載っていない銘柄が多いため、ここで飲むなら絶対冷蔵庫は見せてもらうべきかと思います。

飲んだ銘柄は下記の通りです。
・鍋島 New moon 中汲み純米吟醸無濾過生原酒 雄山錦
・栗駒山 純米吟醸 蔵の華
・而今 純米吟醸 八反錦火入
・金雀 純米吟醸 秘伝隠生酛 八反錦
・寫樂 純米吟醸 一回火入 五百万石
・飛露喜 純米吟醸 黒ラベル 山田錦/五百万石

 金雀は店長さんオススメの山口のお酒で、私も初めていただきました。
 生酛ということでかなり複雑で味わい深い感じながら変な癖のない、玄人好みのお酒という印象です。

fc2blog_20121129091017716.jpg

 個人的に印象に残ったのは栗駒山です。
 甘すぎず辛すぎず、ほんわりとしてるけどもしっかりとした旨みがあり、かつキレが抜群でした。
 次は是非家飲みしたいんですが、扱ってるところが少ないんですよね…。

fc2blog_20121129091043e34.jpg

 連れの皆さんの評判がよかったのは寫樂だったかと思います。
 純米吟醸クラスは本当に欠点らしいところがなく、まさに万人向けの美酒といえるのではないかと。

fc2blog_20121129090932a42.jpg

 まあこのクラスになるとどれも美味しく、後は個人の好みと体調や料理との相性で印象が多少違うぐらいになっている気もします。
 その日は十分に楽しい時間を過ごしつつ、冷蔵庫に残るロ万、王祿、七本槍などなどの銘酒に後ろ髪をひかれながらお店を後にしました。
 また行きたいなあ。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2012年11月29日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |