東洋美人 限定大吟醸 地帆紅

本日の家飲み 東洋美人 限定大吟醸 地帆紅(じぱんぐ)

20160925190022291.jpg  20160925190032052.jpg

 山口県萩市のお酒です。
 外飲みは何度もしていますが、ブログでの紹介はまだ2回目。

 このお酒は、かの「SAKE COMPETITION 2014」の、「Free Style Under 5000部門」で1位を取ったお酒です
 前から気になってはいたのですが、限定品であること、アル添酒であること、一升瓶しかないことから、つい購入機会を逃しておりました。
 
 スペック的には、山田錦を40まで磨いた堂々たる大吟醸ながら、お値段は税抜3,500円と極めて良心的。
 このあたり前回の「IPPO」愛山と同様、特別品という趣が強いものと思われます。
 また、これもIPPOと同様、蔵が甚大な被害を受けた水害の発生日2013/7/28の日付の記載がありますね。
 なお、どうやら生酒も存在する様なのですが、今回購入したのは火入れバージョンになります。


 上立ち香は硬質な青リンゴ系の香りが意外と控えめに。
 含むと、極めて純度と透明感の高い旨味が摩擦無しでスルスルと入ってきて、時間差で出てくる苦味にぎっちりと引き締められつつ、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、吟醸酒のスタンダード的な青リンゴの旨味が主役なのですが、兎にも角にも上品ですね、正直ジュースのように抵抗なく飲めてしまいます。
 後味は苦味がかなり力強くキツ目に引き取ってキレます。

 お値段以上に上品で透明で、かつ物足りなく無い程度の味わいもある、まとまりのとれた美酒でした。
 実はこのお酒の一番凄いところは「アルコール感が無い」ということかもしれません、特に日本酒を飲み慣れていない人には衝撃的でしょう、このお酒も親戚の集いに持ち込んだのですが、えらい勢いで減ってました。
 ただ、矛盾する様な表現になりますが、私としては後味にアル添のキツさはハッキリ感じるんですよね…(思い込みかもしれませんが、このレベルの大吟醸クラスでも)。
 もちろんこれを「キレの良さ」と前向きに感じる人も多いと思いますが、これが苦手であるということが、私が純米ばかり買っている理由だったりします。
 ともかく、東洋美人の実力を感じた一本であるのは確かです、次はまた別スペックをいただいてみたいと思いました。

20160925190040501.jpg

名称:東洋美人 限定大吟醸 地帆紅
精米歩合:40%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社澄川酒造場
購入価格(税抜):3,500円/1,800ml
購入した酒屋さん:鈴傳(四谷)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月26日 山口の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

東洋美人 「IPPO」 愛山

本日の家飲み 東洋美人 「IPPO」 愛山

20151108201819088.jpg  20151108201831128.jpg

 山口県萩市のお酒です。
 外飲みは数えきれないレベル、家飲みは意外と初めてかも。

 東洋美人は最近の日本酒を追っていれば、恐らく当たり前のように出会う銘柄でしょう。
 私も色々な場所で頂いていましたが、その中でもこの「IPPO」の酒未来が非常に好みだったので、今回セレクトしてみました。
 少し解説すると、このお酒を醸す澄川酒造場は2013年の豪雨で極めて甚大な被害を受けたのですが、周りの関係者の協力で迅速な復興に成功し、その経験で「原点を忘れない」という思いから、直後に醸したお酒の一部に「原点」と名づけました。
 今年は、同じ路線のお酒を、「原点からの一歩」という思いを込めて、「IPPO」と名付けたのです。

 スペック的には、使用米の80%について希少米の愛山を使っています。
 ただ、それ以外のスペックは基本非公開みたいですね、ググると歩合は50みたいなのですが、そうすると恐ろしく割安ということになります。
 特別名称の記載もなく色々と規格外の製品のようなのですが、限定品らしく基本一升瓶しかないようなのが残念。


 上立ち香はスッキリとした果実香が仄かに。
 含むと、程々の濃度の甘旨味が自然な感じで入ってきて、心地よい苦渋味を伴ってバランスを保ちつつ溶け込んできます。
 旨味はトロミを感じる程に濃厚な果実の甘味が主役、しかし苦味も強めでダレ感はないですね。
 後味はその苦味を若干残してガッチリキレます。

 とてもバランスが良く、濃厚な甘旨味をあくまで自然に楽しめる完成度の高い芳醇酒でした。
 東洋美人自体実力派銘柄だと思うのですが、個人的には通常品以上にこのippo(&原点)路線が好みです。
 コスパも文句なしですが、やはり玉に瑕なのが四合瓶が無いことですね、他で出ている米違いスペックを家で飲み比べとかは難しいかと。
 兎も角、東洋美人、今後もその評価はゆるぎなさそうだと感じました。

20151108201842463.jpg

名称:東洋美人 「IPPO」 愛山
精米歩合:不明(50?)
酒米:愛山(80%)
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社澄川酒造場
購入価格(税抜):3,000円/1,800ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 東洋美人

2015年11月22日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |