Raifuku MELLOW

本日の家飲み Raifuku(来福) MELLOW

20161226163200953.jpg  20161226163209148.jpg

 茨城県筑西市のお酒です。
 ブログでの紹介は意外にもまだ2回目ですが、外飲みを含めたら相当数飲んでいる銘柄です。

 こちらのお酒は、裏ラベルに「仕込み水の一部に純米酒を利用」との記載がある通り、いわゆる「貴醸酒」になります、当ブログ登場酒では新政「陽乃鳥」がそうですね。
 今回は貴醸酒という言葉はラベルに見当たりませんが、Wikipediaによるとこれは商標絡みの制限によるものっぽいです。(商標権は「華鳩」で知られる榎酒造が持っているとか)
 前回の記事(来福X)にも書いた通り、来福はいろいろと変わり種の日本酒を醸しており、この「MELLOW」もそのうちの一つという位置づけになるかと思います。

 ラベルデザインは通常品とは全く違った洒落た感じのものです、まあ味わいが全然違うので見た目での差別化も必要でしょう。
 裏ラベルを見ると、精米歩合の記載は無く、特定名称の記載もありません。
 原材料名に米・米麹に加えて清酒(純米酒/国産米)があるのが面白いですね、これが貴醸酒である証明と言えるかと。 


 上立ち香は濃ゆい甘い果実の香りがそこそこに。
 含むと、想像通りの超濃度の甘味が塊で飛び込んできて、最後まで存在感を保ちつつ、喉奥にどろり濃厚に流れ込んできます。
 味わいは、梨を砂糖漬けにして煮詰めたような強烈な甘味が主役、酸や苦味はあるかないかな感じで、甘味に完全敗北している印象ですね。
 後味は口中に甘味を残しつつも、意外にもあまりダレずに引き上げていきます。

 「貴醸酒」のイメージそのままの、圧倒的な甘味が一貫して主役を演じる、超濃厚甘口酒でした。
 裏ラベル記載のように、甘味とバランスを取れるほどの酸味は私は感じませんでした、が、後味のダレなさからして、裏方としてはしっかり仕事をしているのでしょう。
 ただ、やはり量は飲めない系のお酒ですので、基本食前か食後に少量いただく形が相応しいと思います。
 私は芳醇甘口派を自認していますが、やっぱり限度があるんだなあと、こういう振り切れたお酒を飲むと確認できますね。
 ある意味、酸味系のフルーツと合わせるのも面白いかも…
 来福、次はレギュラースペックのものもいただいてみたいと思いました。

20161226163217088.jpg

名称:Raifuku(来福) MELLOW
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:来福酒造株式会社
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 来福 貴醸酒

2017年03月04日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

来福X 【黒】

本日の家飲み 来福X 【黒】

fc2_2013-06-19_20-26-48-331.jpg  fc2_2013-06-19_20-27-17-429.jpg

 今回は茨城県、来福酒造さんの醸す一風変わったラベルのお酒です。
 来福酒造さんは全国でも珍しい、花酵母(東京農大が実用化した花から抽出した酵母)を使ったお酒を醸していることで有名ですね。
 他にも、精米歩合8%のお酒、いわゆる貴醸酒、専用の装置を使った高アルコールの凍結濃縮酒などなど、いろいろなお酒にチャレンジされています。

 私は一度お酒のイベントで蔵元さんと話をしたことがあるのですが、そのとき凍結濃縮酒を注ぎながら「この装置を使えばいくらでも高アルコールの日本酒を作れちゃうんですよ」と、とても楽しそうにお話ししていたのが印象に残っています。
 お酒造りが本当に好きなんだろうなあ…、ご苦労も多いでしょうが数々のチャレンジも基本的に楽しんでやっているのだろうと想像します。

 閑話休題、今回のお酒はスペック非公開のお酒(生原酒)です。
 エックスにはもう一つ赤いラベルのものもありますが、黒の方が高精米で値段も少し高かったはず。
 意向どおり頭を空にしていただきます。

 上立ち香は特徴的な、甘味とセメダインが混じったような香りが濃く。
 含むと、まずは濃厚な甘旨味をじわっと感じますが、次第に追って出てきた渋味と混ざり合い、複雑な表情を見せてくれます。
 旨味はとてもフレッシュで多少のガス感を伴っており、渋味も相まって甘味濃厚ながら非常にキレの良い印象。
 後味は少々の渋味できっちりキレます。

 しっかりとした個性的な旨味のあるフレッシュ生原酒でした。
 ラベルは奇抜ですが、味わいは直球というか正統派というか、結構万人向けに思えます。
 これなら、蔵元さんの意向の通り、黙ってじっくりと楽しめますね。
 来福はレギュラー品、限定品共に今後も注目しようと思います。

 開栓後はちょっと渋味が出てきてより複雑な味わいになる感じですね。
 しかし今回冷酒が十分旨かったこともあって、燗を付けるのを忘れてしまった…。
 裏ラベルに書いてあるように色々な楽しみ方をするには、やっぱり一升瓶が要るのかもしれません。

fc2_2013-06-19_20-27-57-074.jpg

名称:来福X 【黒】
製法情報:生原酒
精米歩合:50%
酒米:不明
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:来福酒造株式会社(茨城県筑西市)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 来福

2013年06月24日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

外飲み雑記in四ツ谷しんみち

 先日、四ツ谷しんみち通りの「和食ダイニング じきしん」さんにお邪魔してきました。
 こちらは、系列店の「和ごころ」さんとともに、相当数の銘酒とおいしい魚料理を楽しめる居酒屋さんです。
 じきしんさんの方はランチもコストパフォーマンスが良く、私は会社の昼休みに魚が食べたくなると何度もお世話になっていたりします。

 さて、今回いただいた銘柄は以下の通りです。(一部は友達とシェアしたため少量だけいただきました)
 花陽浴 純米吟醸 山田錦 袋吊瓶囲無濾過原酒
 出羽桜 純米吟醸 出羽燦々誕生記念 無濾過生
 越前岬 特別純米秋熟生原酒 23Y厳選槽場汲み
 初亀 荒ばしり 本醸造 生酒
 十四代 槽垂れ生酒
 川鶴 吟醸あらばしり 無濾過生酒
 ゆきの美人 純米吟醸
 ZEROMAN
 こんな夜に 鹿 特別純米 生&火入れ
 風の森 純米しぼり華 秋津穂
 穀良都 山廃純米
 来福X 黒ラベル
 蒼斗七星 純米吟醸
 
 そのなかで印象に残ったお酒その1 越前岬
 
 fc2_2013-01-16_20-09-45-488.jpg

fc2_2013-01-16_20-41-36-366.jpg

 鈴傳さんや居酒屋さんで気になりつつ、まだ飲めていなかった銘柄です。
 詳しい味わいは失念しましたが、うまかったです。
 …ひどい感想だ。
 あと、隣の初亀については、純米を頂きたかったなあ。

 その2 こんな夜に 鹿

 fc2_2013-01-16_20-42-13-084.jpg

 fc2_2013-01-16_20-40-54-277.jpg

 店長さんのはからいで生と火入れを飲み比べさせていただきました。
 鹿は以前火入れをいただき、ちょっと自分には酸味が強すぎるかなと思っていたのですが、今回は酸味もまろやかに感じられて良かったです。
 また、生は酸味よりもまろやかな旨み中心で好みでした。
 火入れによって全然違った味わいになることを再確認しつつ、両方の良さを楽しめたと思います。

 なお、隣は私の愛する風の森の秋津穂です。
 友達がこれを痛く気に入ってくれたことが個人的に嬉しかった…。

 そしてもう一つは、写真取り逃しましたが、来福Xの黒です。
 非常に濃厚な甘旨味がありつつ、クセがない感じが素敵でした。
 スペックがわからなくてもうまいものはうまいと、確かに思わされてしまいました。

 ちなみにこの日は4時間以上居座っていたかと思います。
 店長さん曰く、計算したら一人5.5合飲んでいたとのこと。
 前回あんだけ反省したのに全然こりてませんね…。

 ただ、今回は料理と水を大目にしてゆっくり飲んだため、酔いはかなり心地良い段階で帰れました。
 是非またお邪魔したいと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年01月16日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |