(プチ感想)杉勇 特別純米 辛口原酒

名称:杉勇 特別純米 辛口原酒
飲んだ場所:駿河屋賀兵衛(するがやかへい) マーチエキュート神田万世橋店

20150312092435986.jpg  20150312092624004.jpg

 さて、私が駿河屋賀兵衛の初訪問で最初に飲んだお酒がこちらです。
 私は大体最初の一杯は「スタートに向いている、スッキリ系のお酒でオススメなやつをください」みたいな感じでオーダーすることにしています(辛口とは言わない)。
 実はこのオーダーに対する反応でそのお店の傾向が大体掴めるんですよね、どこにでもあるような淡麗辛口を出すか、しっかり味のあるスッキリタイプを出すか、とっときの微発泡系を出すか…
 
 ちなみにこの杉勇はしっかり旨味のあるキレ味抜群のお酒でした。
 「辛口原酒」と明記してあるだけにまさに芳醇辛口といった趣で、クセもなく以前家飲みした生もと以上に好印象。
 最初にこういうお酒をバシっと出してくれると、やっぱりテンションが上がりますね。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年03月21日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

杉勇 純米吟醸 山卸生もと仕込み 雄町

本日の家飲み 杉勇(すぎいさみ) 純米吟醸 山卸生もと仕込み 雄町

1412248920785.jpg  1412248933224.jpg

 山形県飽海郡遊佐町(あくみぐんゆざまち)のお酒です、この地名は読めない…。
 家飲み、外飲み共に確か初めて。

 個人的には、生もと(「もと」の漢字がやはり化けるので今後ひらがなで統一します)のお酒で、「これは!」と思ったお酒にまだ出会えていないと感じています、山廃だと結構有るのですが…。
 ただ、出会えていないからこそ買ってしまうんですよね、まだ諦めるような時間じゃないということで。

 こちらも以前いただいた遊穂同様、山卸をはっきり名乗って、アピールしている感がありますね。
 (山卸=生もとの理屈は遊穂の記事参照)
 裏ラベルの情報開示はシンプルながら必要十分で好感が持てます。

1412248955927.jpg

 上立ち香は意外とスタンダードでちょいアルコール混じりのスッキリとした吟醸香がそこそこに。
 含むと、キリッとした筋肉質な旨味が若干の苦味と共に飛び込んできて、そのまま苦辛で引き締められながら染みこんできます。
 旨味は甘味皆無ながらそこまでキツい感じでもなく、贅肉を削ぎ落した印象でしっかりとした感じ。
 個人的にはちょっと薬臭いクセがあるのが気になるかな…。
 後味は若干の辛さを残しつつ、キレます。

 引き締まった旨味が特徴的な、存在感のある男酒でした。
 雄町50らしく、雑味がなく旨味に芯がありますね。
 ただ、甘味がないのと、生もとだからか少し含み香にクセを感じるのが自分の好みとは外れるかな、まあこれは本当に好みです。
 杉勇は、また居酒屋で出会ったら試してみたいと思いました。

 なお、燗をつけるとクセが和らいでかなり飲みやすくなりました。
 口当たりも良いですし、流石生もと酒、これは燗推奨です。

1412250302885.jpg

名称:杉勇(すぎいさみ) 純米吟醸 山卸生もと仕込み 雄町
精米歩合:50%
酒米:雄町
アルコール度:15%
日本酒度:+2
蔵元情報:合資会社杉勇蕨岡酒造場
購入価格(税抜):1,450円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年11月16日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |