かたふね 特別本醸造

本日の家飲み かたふね 特別本醸造

20150927193031067.jpg  20150927193041934.jpg

 新潟県上越市のお酒です。
 家飲み、外飲み含めて初めていただきます。

 肩掛けの札に誇らしく記載されている通り、このお酒はインターナショナルワインチャレンジ(IWC)2015の本醸造部門でトップを獲ったお酒です。
 原則純米派の自分は、積極的に本醸造は飲まない(ブログでも過去黎明・朝日鷹の2本のみ紹介)のですが、流石に気になって買ってきた次第。
 ちなみに、御徒町のスーパー「吉池」での購入です、こういう首都圏であまり見ない越後酒を置いてあるところはさすがですね。
 また、このお酒も公式ホームページに販売店一覧があるのが素晴らしい!

 スペック的には、精米歩合は吟醸並の60。
 しかし、お値段は本醸造らしく1200円を切ります、ブログで紹介しているお酒の中では相当お安いクラスですね。

20150927193052953.jpg  20150927193104271.jpg

 上立ち香は落ち着いた果実感のある香りがそこそこに。
 含むと、ちょい熟感のある旨味が力強く入ってきて、アルコール感の辛さと拮抗しつつも優勢を保ったまま、染みこんできます。
 旨味は伝統的なお酒の米の旨味っぽいのですが、裏側に果実っぽい甘酸味があるためか古臭さは感じず、驚くことに雑味は皆無。
 後味はやはりアルコールの辛さを少々残しつつキレます。

 伝統的な晩酌酒らしさを残しつつ、本醸造っぽいクセやキツさを芳醇な旨味でしっかり覆った、圧巻のコスパ酒でした。
 うーん、これだけ自分が苦手な要素がありながら、最後には納得してしまう完成度、これには脱帽です。
 IWCトロフィーはやはり伊達ではないですね、少なくとも他の銘柄に紛れない確かな個性とまとまりがあります。
 かたふね、次は是非純米も頂いてみたいと思いました。

20150927193115389.jpg

名称:かたふね 特別本醸造
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社竹田酒造店
購入価格(税抜):1,130円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年10月08日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

朝日鷹 新酒 特撰本醸造 生貯蔵酒

本日の家飲み 朝日鷹 新酒 特撰本醸造 生貯蔵酒

20150302124537128.jpg  20150302124554134.jpg

 山形県村山市のお酒です。
 外では何度かいただいていますが、家飲みは初めて。

 こちらのお酒は知る人ぞ知る、あの十四代を醸す髙木酒造の地元銘柄です。
 ネット情報を見るに、以前は十四代とは似ても似つかない安酒的な味わいだったけども、ここ数年で一気に酒質を上げてきたという評が目立ちます。
 私も居酒屋さんで何度かいただき、とても好印象だったので今回セレクトした次第です。

 スペックを見るに、品種は不明ですが歩合は60と結構磨いているアル添本醸造。
 なにより新酒の一回火入れというのがポイントでしょうね、地元銘柄というとスーパーの片隅にも置けるようガチガチの二回火入れのイメージが強いのですが…
 全体としてスペック的には特約店向けと遜色ないかと。


 上立ち香はとても本醸造とは思えない上品な吟醸香がそこそこに。
 含むと、濃厚芳醇な甘旨味が程良くスルっと入ってきて、ほんの少々のアルコールの辛さで輪郭を整えながら広がります。
 旨味は、うーむこれ完全に十四代系のマスカットっぽい甘味がしっかりでてますね、そして苦味・渋味はほとんど表には出てきません。
 後味だけは若干のアルコール感が出てきますが、平均以上のキレ。

 とても本醸造クラスとは思えない完成度の、芳醇甘旨酒でした。
 流石に十四代の上のクラスと比べると味わいの透明感で一二歩譲りますが、これ本丸とは遜色ないんじゃないかなあ、保管状況とか諸事情によってはこちらの方が飲みやすいまであります。
 なんというか気負わずに飲めるんですよね、十四代の純米吟醸以上だと襟を正すような存在感があるのですが、このお酒は気楽にクイクイいける感じ。
 髙木酒造の実力をまざまざと感じさせる一本でした。

 ちなみに先行して、ギャザリーでオススメコスパ酒の一つとして取り上げています
 山形の人がうらやましいなあ…。
 
20150302124636433.jpg  20150302124617111.jpg

20150302124652561.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-798.html

名称:朝日鷹 新酒 特撰本醸造 生貯蔵酒
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:髙木酒造株式会社
購入価格(税抜):セット購入/1800ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年03月30日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

黎明 本醸造

本日の家飲み 黎明 本醸造

20150217161251716.jpg  20150217161304596.jpg

 沖縄県うるま市のお酒です。
 家飲みは初めて、外では一度飲んだことがあります

 黎明は沖縄唯一の日本酒銘柄ということで有名ですね。
 銀座にある沖縄のアンテナショップ(銀座わしたショップ)で、もしかしたらあるかもと思い店員さんに聞いてみたら、泡盛に囲まれて陳列されていました。
 これで全国制覇に一歩近づけると思い購入。

 実は外飲みのときは味わいの割に高価で、あまり良い印象がありませんでした。
 しかし、今回の購入価格はクラス相応に税抜きで千円を切っています、やっぱり輸送費がネックみたいですね。
 スペックは、私が普段は買わないアル添本醸造火入れ。

20150217161317138.jpg  20150217161238666.jpg

 上立ち香は臭くないアルコールがそこそこに。
 含むと、伝統的な日本酒の旨みがぐいっときて、アルコール感と共に広がります。
 旨味はまあ本醸造らしく、良く言えば辛めで落ち着いた感じ、悪く言うと古臭くて面白みのない味わい。
 後味はアルコールの辛さでしっかりキレます。

 一般的な火入れ本醸造酒の味わいの、晩酌に向きそうなお酒でした。
 正直好みの味わいではないのですが、このお値段クラスの本醸造としては特にレベルが低いとは感じません。
 ある意味ハンデを背負って醸していることを考えると、十分蔵元さんは頑張っているように思えます。
 黎明、機会があれば是非純米吟醸(できれば生)も飲んでみたいところです。

 燗をつけると…、うんこれは予想通り。
 味わいもキツさもマシマシになる、典型的な本醸造って感じです。
 私はやっぱりこのアルコール感は苦手ですね、今後も基本本醸造(の二回火入れ)は基本避ける予定です。

 ちなみに妻に一杯飲んでもらい感想を聞いたところ「いつも飲んでるお酒のような味わいの広がりがなく、すぐ終わってしまう」とのこと。
 私も同感ですが、本醸造が好きな人はこれをポジティブに「キレ」と捉えるんでしょうね。

20150217161353541.jpg  20150217161408218.jpg

名称:黎明 本醸造
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:泰石酒造株式会社
購入価格(税抜):995円/720ml
お気に入り度:7.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 黎明 本醸造

2015年03月10日 沖縄の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |