智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒

本日の家飲み 智則(とものり) 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒 

20160818011653167.jpg  20160818011703239.jpg

 島根県安来市のお酒です。
 外飲みは何度かしております、家飲みについては後述。

 こちらを醸す吉田酒造の通常ブランドは、当ブログで以前に生熟酒を紹介した「出雲月山」になります。
 智則は、造り手の「古田智則」氏の名前を冠した限定ブランドですね。
 造り手の名前を元ネタにした限定ブランドはぱっと思いつくだけでも「一博」「慶樹」「克正」、苗字だと「山本」「農口」「原田」などがあり、ネーミングとしてはありがちなパターンかと思います。
 が、ある意味究極の生産者表示であり、一種の矜持を込めた名前であるからか、全体的にレベルの高いお酒が多いなあというのが個人的印象ですね。
 この智則も各所の評判は良く、外飲みでの印象も素晴らしかったので前から狙っていたのですが、見かけるのが一升瓶ばかりだったこともあり、ここまで購入が遅れてしまいました。
 
 スペック的には直汲み・中取りといういかにも限定品らしい部分が目を引きます。
 使用米は、島根のお酒にはちょくちょく見る「佐香錦」。

20160818011713507.jpg

 上立ち香は濃厚フレッシュなリンゴ系果実の香りが結構強めに。
 含むと、無茶苦茶華やかながらキツさ押さえ目の甘旨味が少々のガス感を伴いつつブワッと口中に広がって、そこから若干様相が変わった苦味混じりの旨味がゆっくりと染み出してきます。
 味わいは、リンゴか洋梨といったフレッシュな甘味が主役で、直汲みらしいガス感、中取りらしい透明感を兼ね備えており、旨味をしっかりと噛み締めながらもスイスイ飲んでしまいます。
 後味はガスと苦みで素直にキレます。

 今風の日本酒らしい甘旨味に、直汲み・中取りらしいスペシャル感を添えて、バッチリと楽しませてくれる旨酒でした。
 いやあ、こりゃ旨いっすわ…、一升瓶で買っても後悔無しというかむしろハッピー。
 個人的にはこういう「流行り」っぽいお酒こそ、全体の完成度で差がつく気がしていて、このお酒はその意味で非常にハイレベルだと感じました。
 次はまた智則を買うか、久しぶりに出雲月山にするかが迷いどころです。

 ちなみにこういうお酒にしては珍しく、注いでからガスが抜け、温度が上がっても、バランスが崩れませんね。
 口当たりが柔らかくなるのでこちらが好みの方も多いでしょう。
 ただ完全に常温までいっちゃうと、アルコールのキツさが出てくるので個人的には注意かと思いました。

20160818011723038.jpg

(参考)「日本酒感想日誌」さんの同スペック(BY違い)の記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-782.html

名称:智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:佐香錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:+1.0
蔵元情報:吉田酒造株式会社
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
購入した酒屋さん:うえも商店(通販)
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年09月09日 島根の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |