旦 山廃純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 旦(だん) 山廃純米 無濾過生原酒

20170724173452749.jpg  20170724173502455.jpg

 山梨県大月市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 この「旦」については昨年、伊勢元酒店の店長さんオススメということで純米吟醸生原酒(速醸)をいただいています。
 その時は関東ではほとんど取扱い店舗が無いという状態だったと聞いていたのですが、最近あれよあれよと有力酒販店が取り扱いを始めてますね。
 ここらへん、もともと知名度と営業力のある酒造メーカーであることに加え、パーカーポイントが付いたことが大きいんじゃないかな…勝手な想像ですが。
 ともかく、初飲みの印象は非常に良かったため、今年もセレクトした次第です。

 スペック的には前回が速醸だったので今回は山廃にしてみました、ラベルに使用米の記載はありませんが、調べると山田錦と五百万石みたいですね。
 精米歩合は60、お値段は税抜1,300円台と良心的です。

20170724173511886.jpg

 上立ち香はいかにも今風山廃的な、セメダインと乳酸の混じったフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、結構刺激的な酸味がググっと入ってきて、最後まで唾液腺を刺激する酸っぱさが支配する味わいが続きます。
 初日は「あれこんなんだっけ」と思うぐらいに刺々しいですね、これはちょっと開栓後置いてみます。

 二日目の時点で、明らかに丸くなりました、甘味も出てきましたしこちらの方が断然良いです。
 これは注意書き必要なお酒だと思いますよ…、おそらく熟成耐性もバリバリあるでしょう。
 しかも三日目以降はさらにハッキリと甘味も出てきました、うーん面白い!

 さらに燗をつけると…、うおまた酸が復活してきましたね。
 ただ最初の刺々しい感じではなく、じっくりと飲める印象になっています。

 強烈な酸がみるみる落ち着いていく様子が楽しめる、山廃らしい力強さを感じるお酒でした。
 ちょっとびっくりしていつもの感想スタイルでは無くなってしまいましたね。
 最近こういう開栓後少し待つべきタイプのお酒を飲むことが増えてきたので、その場合の紹介の仕方はちょっと考える必要があるかもしれません…
 ともかく、旦は今後要注目銘柄かと思います、今後も追っていこうかと。

20170724173521217.jpg

名称:旦 山廃純米 無濾過生原酒
精米歩合:60%
使用米:山田錦・五百万石
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:笹一酒造株式会社
購入価格(税抜):1,333円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.4/9.0(開栓直後は8.1)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 山廃 純米

2017年08月13日 山梨の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

旦 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦

本日の家飲み 旦(だん) 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦

20161122112735226.jpg  20161122112745121.jpg

 山梨県大月市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 前回の岩の井に引き続き、パーカーポイント関連銘柄になります、しかも今回は評価対象と完全同スペック。
 今回パーカーポイントで90点以上ついたお酒は、ほとんどが高級品の純米大吟醸ですが、ちょろちょろとお値ごろな純米吟醸が含まれています。
 これは、値段で弾かずブラインドで評価することによる妙味でしょうね、wikipediaにも少々記載がある通り、高級酒に匹敵する日常酒を見つけられることこそ、パーカーポイントの真骨頂なのかもしれません。
 実際、今回リストに「純米吟醸」スペックで入っている銘柄を列挙すると…、萩の鶴御慶事玉川、悦凱陣、ちえびじん仙禽、金滴、勝駒、瀧自慢、早瀬浦、そしてこの旦と、錚々たる顔ぶれです(ブログ登場銘柄には内部リンク貼ってみました。後、金滴はBYが気になるところ…)。

 なお、この「旦」というお酒は、山梨の大手酒造「笹一酒造」の特約店限定ブランドです。
 普通酒・土産ものに力を入れていた地域密着型大手酒造の若い跡取りが、先行きに危うさを感じて県外向けに高品質のお酒を造るという、まあ良くあるパターンのようですね。

 スペックは山田錦55の無濾過生原酒ながら、四合瓶約1500円と良心的な値付け。
 また今回は2月出荷分を秋にいただいたので、お店でひと夏超えた生熟成状態での感想になります。
 
20161122112753754.jpg

 上立ち香はスタンダードなリンゴ系のフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、若干トロミを感じるレベルで濃厚な甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、しっかりとした酸味と拮抗しながら、最後まで濃厚にじわじわと染みこんできます。
 味わいはまさに程よく熟した洋梨?系果実の甘酸旨味が主役なのですが、兎に角濃度が高くかつダレ感は皆無、複雑さも相まって濃厚なのに飲み飽きない感じがたまりませんね。
 後味は酸味が引き取って力強くキレます。

 程よい熟感が果実系の甘旨味を濃縮し、かつしっかり純度を保たせている、極めて完成度の高い旨酒でした。
 これは出荷後の熟成期間でより良い感じになっていますね…、裏を返せばそれだけ芯が強いということでしょう。
 このお酒に高評価を付けていることをもって、パーカー氏の評価も捨てたもんじゃないな(笑)と感じた今日このごろでした。
 ともかく、旦は今後色々なスペックを試していきたいと思います。

20161122112802165.jpg

名称:旦 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦
精米歩合:55%
酒米:山田錦
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:笹一酒造株式会社
購入価格(税抜):1,527円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年11月25日 山梨の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |