戦勝政宗 特別純米

本日の家飲み 戦勝政宗 特別純米

1412251132627.jpg  1412251141611.jpg

 宮城県仙台市のお酒です。
 家でも外でも何度かいただいていますが、ブログでは初紹介ですね。
 「SAKE COMPETITION」受賞銘柄の三本目。
 
 このお酒を醸す勝山酒造はそのホームページで、「仙台伊達家御用蔵」であることを前面に押し出しています。
 今回いただいたこの「戦勝正宗」は特にその色彩が濃いですね、特殊な形状のブラックボトルに伊達家由来の三日月と日の丸を黄金色であしらったデザインは非常にインパクトがあります。
 勝山酒造は他にも「GACKT」プロデュースのお酒だとか、四合瓶の定価が約3万円の超高級酒「ダイヤモンド暁」を出しており、話題を創る売り出し方がうまい印象がありますね。

 ただ、単に売り方だけでなく実力も十分で、「SAKE COMPETITION」では何度も入賞するなど実績も残しています(今回の戦勝正宗は2014年純米酒部門4位)。
 今年はなぜか使用米がラベルに書いてないですが、ホームページによるとあのメジャーな飯米「ひとめぼれ」を使った、「袋しぼり」のお酒とのこと。
 製法も結構詳しく書いてありますね、贅沢な造りのようですが飯米利用だからかお値段はまあまあのところで抑えられています。

1412251150818.jpg

 上立ち香はなんとなくクリームを感じる甘い吟醸香がそこそこに。
 含むと、やさしい口当たりで芳醇な旨甘味がふわっと広がり、透明感を保ったまま自然に染みこんできます。
 旨味は完熟果実的な落ち着いた濃厚な甘味が主役ながら、少々の渋味がそれをしっかり引き締め、尻上がりに出て来る辛さが最終的には筋肉質な味わいの世界を作り出します。
 後味は綺麗さを保ちつつその辛さで力強くキレ。

 落ち着いた濃厚な旨みを辛さがしっかりと引き上げる、お手本のような旨辛酒でした。
 スペックの割に雑味がなく旨味に透明感があり、口当たりも優しいためにキツさでなく柔らかさを感じるところも見事。
 旨味自体にも個性があるのですが、ボキャ貧で表現しきれないのが悔しいなあ。
 ひとめぼれでこの完成度のお酒を醸す実力には脱帽です。
 他の戦勝政宗はもちろん、今度は勝山もぜひ飲んでみたいと思いました(ダイヤモンド暁は無理ですが)。

1412251161027.jpg

名称:戦勝政宗 特別純米
精米歩合:55%
酒米:ひとめぼれ
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:仙台伊澤家 勝山酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年12月06日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |