徳次郎 特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 徳次郎(とくじろう) 特別純米 無濾過生原酒

20170327121419703.jpg  20170327121427569.jpg

 京都府城陽市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらは私にとって完全初見銘柄です、店頭でちょうど「特別純米 無濾過生原酒」という私向けスペック(笑)が出ていたので衝動買いした次第。
 蔵元ホームページを覗くと通常銘柄は「城陽」みたいですね、そして珍しく特約店限定銘柄であるこの「徳次郎」の解説コーナーもあります
 しかし個人的に気になるのは「多くのお客様から問い合わせをいただきまして」紹介コーナーを作ったかのような書きぶりです、そんなんだったら最初から掲載しましょうよ…
 実際特約店限定銘柄が蔵元公式ホームページに載っていないことが多いこの地酒業界の慣習は、今日日異常なものだと当ブログとしては繰り返し主張したいと思います。

 ちなみにこの徳次郎の紹介コーナーは、ブランドコンセプトや個別スペックの紹介も無く情報量としてはイマイチ。
 販売店一覧があるのは素晴らしいと思いますが、私が買ったお店が載ってない…、たぶんあまり更新されていないのでしょう。
 スペック的には、五百万石55磨きの無濾過生原酒と、最近の新酒スタンダードの範疇内になっております。


 上立ち香は酸を感じるフレッシュな果実の香りがそこそこに。
 含むと、かなり引き締まった旨味が、伴う酸で舌を少々刺激しつつスルスルと入ってきて、時間差で出てくる苦味で最後までキリリとしたまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりフレッシュな柑橘系果実という印象の酸が効いた旨味が主役、甘味や苦味がそこに寄り添って、ある程度の「飲みがい」を加えている印象。
 後味は苦酸が引き取って、見事にキレます。

 存在感はありつつも極めて引き締まった味わいが特長の、飲みごたえと飲み飽きなさを兼ね備えたお酒でした。
 最近で飲んだ中では一代弥山に似たような方向性を感じますね、酸でキレるタイプの今風食中酒という趣。
 徳次郎、また機会があれば他のスペックもいただいてみたいと思います。

20170403132817812.jpg

名称:徳次郎 特別純米 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:城陽酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年06月02日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |