御慶事 純米吟醸 しぼりたて 生酒

本日の家飲み 御慶事 純米吟醸 しぼりたて 生酒

20160812105331882.jpg  20160812105346096.jpg

 茨城県古河市のお酒です、通販まとめ買い3本目。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらのお酒は「SAKE COMPETITION2015 純米吟醸部門 第3位」ということや、各所の評判も良いことから、前から気になっていました。
 そのことはギャザリーの自分用メモにも載せております
 サケコンペについては、常連組はほぼ某店取扱いのメジャー銘柄でつまらない(失礼!)のですが、そんな中にちょろちょろと東京であまり見ない銘柄が入っており、そこは審査の公平さを感じると共に、参考になるところと思っています。
 今年、2016の結果をざっと見た限りでは「望bo:」「愛友」「但馬」あたりが要注目でしょうか。

 閑話休題、今回いただくのは受賞スペックに近めの純米吟醸の、しぼりたて生バージョンです。
 茨城の酒米「ひたち錦」と、協会10号酵母(小川酵母)系で茨城県工業技術センターで開発されたらしい「SYS酵母」を使っていることが特徴かな。

20160812105404359.jpg

 上立ち香はさわやかフレッシュかつ甘い感じの果実香がそこそこに。
 含むと、濃厚ながら程良いバランスの甘旨味が自然に入ってきて、裏方にほんのりとした苦味の気配を感じさせつつ、最後まで優しく染みこんできます。
 旨味は、生酒としてはスタンダードな印象の、柑橘系フルーティーな甘旨味が確固たる主役を演じていますね、苦みが裏方で引き締めているのもセオリー通りといいましょうか。
 後味はその苦味が引き取って優しく引き上げていきます。

 スタンダードにフレッシュフルーティーながら、香りや苦味が強すぎない優しい印象のお酒でした。
 なんというか各所の高評価にとても納得感がありますね、生でこれですから、火入れならきっと初心者から玄人まで皆を満足させるまとまりを見せることでしょう。
 こういうお酒を飲むと、コンペ受賞にはやはりある程度の信頼性がおけるんだなあと感じますね。
 御慶事、また他のスペックもいただいてみたいと思いました。

20160812105423892.jpg  20160812105414737.jpg

名称:御慶事 純米吟醸 しぼりたて 生酒
精米歩合:55%
酒米:ひたち錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:青木酒造株式会社
購入価格(税抜):3,200円/1,800ml
購入した酒屋さん:酒専門店 知多繁(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年08月21日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |