川中島幻舞 純米吟醸 愛山 無濾過生原酒

本日の家飲み 川中島幻舞 純米吟醸 愛山 無濾過生原酒

20151109015633097.jpg  20151109015645612.jpg

 長野県長野市のお酒です。
 自分にとってはもはや定番銘柄ですね、ブログでの紹介は4回目。

 私はこのようなブログをやっていることもあり、セレクトは未飲銘柄を優先する傾向にあります、また、昔いただいて好みではなかったお酒について「今ならどうだろう」と選ぶことも結構あります。
 が、この幻舞のように明らかに自分好みの銘柄については、「どうせ旨いに決まってる」という意味不明な理由から、セレクト対象から外すこともしばしば。
 ただそんな状況でも、限定品にはつい飛びついてしまうのがマニアのサガ、特にラベルが分かり易いとつい衝動買いしてしまいますね。

 というわけで、「i」の英字がデザインされた、洒落たラベルのこの1本を今回いただきます。
 この「i」は愛山のアイですね、高級酒米である愛山を、55%まで磨いた無濾過生原酒。
 四合で1800円と少々お高めではありますが、スペック的には全然割高ではないでしょう。


 上立ち香は濃厚ながらバランスの良い果実香が気持ち強めに。
 含むと、芳醇かつ透明感のある甘旨味が素直に入り込んできて、そこから甘味がそのままダレずに溶け出してきます。
 旨味は高濃度の甘味に上品な酸が寄り添う高級果実の味わいという感じで、雑味になるような苦味、渋味は皆無、兎に角純粋に甘味の魅力を楽しめます。
 後味はそのまま自然にデクレッシェンド的に消えていきます。

 個性と完成度を兼ね備えた、愛山らしさをストレートに感じられる旨酒でした。
 いやあやっぱり幻舞は外さないですね…、自分好みの銘酒ひしめく長野酒の中でも、一歩抜きん出ている印象です。
 愛山酒には確固とした魅力がありますし、今後もう少しお安くなってくれると嬉しいなあ…
 そして、川中島幻舞は今後も、自分にとって絶対外さないお酒として頼りにしようと思います。

20151109015657281.jpg

名称:川中島幻舞 純米吟醸 愛山 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:愛山
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社酒千蔵野
購入価格(税抜):1,800円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0(値段も考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年01月27日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

川中島幻舞 特別純米 ひとごこち 無濾過生原酒

本日の家飲み 川中島幻舞 特別純米 ひとごこち 無濾過生原酒

1411986395043.jpg  1411986422192.jpg

 長野県長野市のお酒です。
 外・家問わず何度もいただいており、ブログでも3度目の紹介となるお気に入り銘柄。

 今年の大長野酒まつりで見事に撃沈してしまったことは先日のブログで書きました。
 が、一応前半部分の記憶は残っていることもあり、イベントしばらくしてから印象に残っている銘柄について新橋の「信州おさけ村」に買い出しに行ったのです。
 信州おさけ村については、立ち飲み経験を以前ブログに書きました、東京でなかなか入手できない長野の銘柄を試飲しつつ購入できるのは素晴らしいです。

 さて、おさけ村購入銘柄第一弾は川中島幻舞です。
 こちらは新規開拓というより、酒まつりで立ち寄ったのが後半で味わいの記憶がほとんど無いため、リベンジということで買った次第。
 また銘柄に対する信頼は既に非常に大きいため、一升瓶にしました。

1411986410864.jpg
 
 上立ち香はさわやかな印象の吟醸香が気持ち強めに。
 含むと、クセのないフレッシュな甘旨味がフワッと広がったかと思うと、すぐに出てくる苦渋味に締め付けられながらグッと入ってきます。
 旨味は爽やかな甘酸が主役の柑橘系果実のもので、いつもの幻舞らしく繊細なバランスを感じる非常に綺麗な味わいです。
 ただ、幻舞の他のスペックとくらべると、苦渋が強めでよりスッキリ感がある印象。
 後味はその苦渋と酸味で綺麗にキレます。

 爽やかで芳醇な甘旨味が心地よい、丁寧に造られたことをひしひしと感じる美酒でした。
 重すぎず軽すぎず、非常に素直に美味しさを楽しめるお酒ですね。
 コストパフォーマンスも素晴らしいの一言。
 川中島幻舞は今後もマイ鉄板銘柄として、毎年買っていきたいと思います。

 なお開封後日が経っても味は崩れず。
 流石に一週間ぐらい経つとちょっと甘ダレた感じも出てきますが、それでもキレは十分ですね。
 一升瓶で買って大正解でした。

1411986432642.jpg

名称:川中島幻舞 特別純米 ひとごこち 無濾過生原酒
精米歩合:59%
酒米:ひとごこち
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社酒千蔵野
購入価格(税抜):2,600円/1,800ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年10月14日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

川中島幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒

本日の家飲み 川中島幻舞(かわなかじまげんぶ) 純米吟醸 無濾過生原酒

fc2_2014-03-19_12-06-41-451.jpg  fc2_2014-03-19_12-08-20-513.jpg

 長野県長野市、川中島のお酒です。
 ブログで取り上げるのは二回目ですね。

 前回は珍しく山田錦を使ったものをいただき、そのコストパフォーマンスに驚愕しました。
 実はその後、大長野酒祭りで千野麻里子杜氏にお酒を注いでもらいつつ「あの値段は凄いです!」と感動を伝えたところ、苦笑しながら「次出すときは値上げすると思います」という感じのコメントをいただきました。
 流石にあの値段は特別だったようですね、正直無茶な設定だと思っていたのでむしろ安心してしまいました。

 今回頂くのは美山錦使用のレギュラ-品です、純米吟醸といいつつ49%まで磨いているのもいつも通り。
 実際半分以上削ってこのお値段ならまだまだ十分過ぎるほどのコスパだと思います。

fc2_2014-03-19_12-07-47-721.jpg

 上立ち香は甘くスッキリとした吟醸香が強めに。
 含むと、濃厚な甘味が、青臭くならない程度に丁度良いフレッシュさに包まれつつ、存在感を保ち続けます。
 旨味は実にフルーティーながら軽い感じでなく存在感があって、フレッシュさとまろやかさを同時に感じるようなバランスの良いもの。
 後味は最小限の苦味で締める理想的なキレ。

 長野酒の良い所を見事に凝縮したような濃厚フレッシュ甘旨酒でした。
 なんというか、とても丁寧に作っていることが味わいから伝わってくるようです。
 幻舞は本当に安定して美味しいなあ、これからも是非毎年買いたいと思います。
 
fc2_2014-03-19_12-08-56-173.jpg

名称:川中島幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:49%
酒米:美山錦
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:+-0
蔵元情報:株式会社酒千蔵野(長野県長野市)
製造年月:2014/1(25BY)
購入価格(税込):1,575円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年04月01日 長野の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒 中取り 山田錦

本日の家飲み 川中島幻舞(かわなかじまげんぶ) 特別純米 無濾過生原酒 中取り 山田錦

fc2_2013-06-03_08-29-27-894.jpg  fc2_2013-06-03_08-30-01-075.jpg

 私は長野酒がかなり好きで、お気に入り銘柄は両手両足でも数え切れなくなりそうな勢いです。
 そんな中でもこの川中島幻舞は特に好きな銘柄であり、昨年もいくつかのスペックをいただきました。
 こちらを醸す「酒千蔵野」さんは400年もの歴史を持つ酒蔵で、かの川中島の戦いで武田信玄が飲んだという逸話も残っているとか。
 これまた「戦国銘柄」ですね(勝手に分類)。

 私としては、山田錦は今回が初飲みです。
 幻舞というと長野県産の美山錦やひとごこちで醸しているイメージが強いのですが、山田錦ではどのような味わいになるのでしょうか。
 ラベルには記載ありませんが、酒屋さんの紹介によると「中取り」らしいです。

 上立ち香はほんのり甘めの果実香がほどほどに。
 含むと、なんともやさしい甘旨味が、徐々に濃厚になりながら広がっていく感じです。
 旨味は甘味中心で、フレッシュさと熟したような芳醇さを兼ね備えており飲みごたえがあります。
 渋味や苦味はあまり感じないのですが、それでいて甘だれた印象はないですね、中取りっぽい透明感を感じます。
 後味は少々の甘味を残しつつ、なかなかのキレ。

 優しい口当たりと、濃厚な甘味、そしてキレイな透明感を兼ね備えた完成度の高いお酒でした。
 いわゆるフルーティー系ということで、個人的にとても好きな味わいです。
 これがこのお値段というのには驚愕の一言。
 幻舞と山田錦の組み合わせは、やっぱり素晴らしいものでした。

 開栓後は少々苦味が出てくるものの、透明感はなかなか失われず悪くないです。
 ただ、なるべく早く飲み切るべきだとは思います。

fc2_2013-06-03_08-30-48-075.jpg

名称:川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒 中取り 山田錦
製法情報:無濾過生原酒 中取り
精米歩合:59%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:+-0
蔵元情報:株式会社酒千蔵野(長野県長野市)
製造年月:2013/5(24BY)
購入価格(税込):1,207円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年06月14日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |