射美 純米吟醸 槽場無濾過生原酒 27BY

本日の家飲み 射美 純米吟醸 槽場無濾過生原酒 27BY

20160812140100197.jpg  20160812140109683.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 当ブログではなじみの銘柄の一つですね。

 入手難易度がかなり上がってしまった射美ですが、たまたま行きつけの酒屋さんにしれっと並んでいたので購入しました。
 今までいただいたものはほとんど特別純米でしたが、今回は純米吟醸です。
 特別純米と純米吟醸については、イメージ的には後者の方がお米を削っている気がするのですが、実は法的な定義ではあまりかわらないんですよね(通常60%以下)。
 違いは「吟醸造り」をしているか否かということが大きいようですが、ここも厳密な定義はない(っぽい)ようで、結局のところどちらを名乗るかは、蔵元がそのお酒にどんなイメージを持たせたいかに係っているように感じています。
 そしてどちらが美味しいかということになると…、これは好みでしょう、個人的には「特別純米」と名乗るお酒の方が嗜好にぴったりハマる印象があります。

 ちなみに今回頂くお酒は精米歩合50%なので、純米大吟醸も名乗れるスペック。
 裏ラベルには相変わらずエッセイ的な文章がつづられています、今まで奥さんの惚気話息子さんへの親バカ話がありましたが、今回は弟さんへのリスペクト話でした、どれも家族を立てる内容なのが素敵ですね。

20160812140123377.jpg

 上立ち香は甘いお米のクリームのような香りがそこそこに。
 含むと、やはり超濃度かつ個性的な甘味がドロリと入ってきて、独特の苦味を裏方に感じさせつつ、じわじわと染みこんできます。
 味わいは、砂糖を煮詰めたような甘味が確固たる主役を演じ、酸は僅少で薬的なほろ苦さが少々の複雑味を加えるいつもの射美味、ただ比較的線が細い印象があります。
 後味は苦味を若干舌先に残しつつ、しっかりと引き上げます。

 存在感バツグンの甘味をダレない感じで楽しめる、芳醇甘旨苦酒でした。
 いつもの射美路線だと思うのですが、なんとなく特別純米より甘味がおとなしい感じ。
 また引き換えに射美のマイナス部分(と私が思っている)の薬臭さが少々表に出てますね、ここらへんが安定すれば素晴らしいのですが…
 やっぱり私は特別純米派なんだなあと改めて感じた一本でした。

20160812140132745.jpg

名称:射美 純米吟醸 槽場無濾過生原酒 27BY
精米歩合:50%
使用米:揖斐の誉「AMS18」
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,629円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 射美 純米吟醸

2016年08月30日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

慶樹 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 27BY

本日の家飲み 慶樹(よしき) 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 27BY

20160412232042615.jpg  20160412232128015.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 当ブログでは何度も取り上げている、殿堂入り銘柄の一つ。

 「日本一小さな蔵のお酒」として、すっかり入手困難酒状態の射美ですが、今回は縁あって同蔵の特別品である慶樹の一升瓶を入手できました。
 個人的に思うのは、これほどまでの甘口酒って結構人を選ぶはずなのに、なぜこれほどまでに品薄なのかということです。
 ある意味煽る側の私が言うのもなんですが、もしその希少性に興味があって飲んでみて、自分の口に合わないと感じたら、次からはあえて飲まなくても良いんじゃないかなあ。
 その分は私のようなガチ甘口派が群がって、絶対飲み切ると思いますし。
 結構入手困難銘柄は反射的にキープしてしまう酒飲みって多い気がしますが、あまり実りのない買い方のように、個人的には感じます。

 さてスペックはいつもの通り、揖斐の誉「AMS」を用いた無濾過生原酒。
 裏ラベルは相変わらず酒造りと全く関係ないですね、前回頂いたものは奥さんに関する惚気話でしたが、今回は親バカ話です(笑)

20160412232203884.jpg

 上立ち香はほんのりお米の甘さを感じる香りが控えめに。
 含むと、粘度の高い甘旨味がゆるりと入ってきて、裏方にほんの少々の苦味を感じさせつつ、あくまで甘味をメインとしながらじわじわと染みこんできます。
 味わいは、やはり砂糖菓子を溶かしたような芳醇な旨味が主役、ポイントは酸味が皆無で、ひたすら純度の高い甘旨味が最後まで続くことでしょうね。
 後味は、あくまで控えめな苦味を感じさせながら、ゆっくりと引き上げます。

 最後まで優しい甘味がゆっくりと染み込んでくる、オンリーワンの甘口酒でした。
 最近黒村祐を飲んだ関係か、そこまで強烈な甘さじゃない気もしてしまうのですが、まあやっぱり普通の感覚からいったらもろ甘いでしょう。
 でも、私にとってはとても心地よい甘さですね…、甘口好きには一度是非試してみてほしい銘柄というのは確かです。
 食中酒というよりは単品でいくらでも飲めてしまいそうなお酒というのもポイントかな、実は気づいたら開栓直後四合やってしまってました…
 慶樹(射美)はこの味わいの路線を、キープして欲しいなあと思いました。

20160412232218125.jpg

名称:慶樹 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 27BY
精米歩合:60%
使用米:揖斐の誉「AMS18」
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年04月24日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

射美 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 26BY

本日の家飲み 射美(いび) 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 26BY

20150409163230585.jpg  20150420120331922.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 本ブログでも何度も紹介している、マイお気に入り銘柄の一つ。

 射美については、ギャザリーのほうでも「入手困難銘柄」「本格甘口銘柄」という切り口で紹介しています。
 正直両方とも乱暴な分け方だと思いますが、まあこのくらいは許容範囲だと思いたい…
 大好きな銘柄については、やっぱり語りたくなるんですよね。

 さて、スペック的には揖斐の誉「AMS18」の60ということで、昨年も同スペックのお酒をいただいています
 その時はピンク文字だったのですが、今回は青文字、正直ここらへんの違いはよくわかりません。
 そして、今回の裏ラベルには看護師の奥さんに対する敬意が表されています、まあ惚気の一種かと。
 しかし直接言えないからってラベルに書いてしまうのは大丈夫なんでしょうか(笑)

20150420120353932.jpg

 上立ち香は甘く、お米のような果実のような独特な香りがそこそこに。
含むと、やはりとろりとした濃厚芳醇そのものの甘旨味が自然に入ってきて、ジュワーッと力強く染みこみます。
 旨味は射美らしい砂糖菓子のような甘味が主役、それを完全に裏方に回った苦味がダレを防いで飲み飽きないように整えます。
 後味はその苦味が甘味を拭い去るように引き取ってバッチリなキレ。

 射美の中ではスタンダードっぽい、直球勝負でまとまりのある芳醇甘旨酒でした。
 酸味をあまり感じないところがこの手のお酒の中では珍しいですね、似たようなお酒がありそうでない、やっぱりオンリーワンのお酒だと思います。
 いやあ飽きないなあ、私は大好きです、後は入手難易度がどうにかなればなあ…。

20150420120412168.jpg

名称:射美 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 26BY
精米歩合:60%
使用米:揖斐の誉「AMS18」
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,296円/720ml
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年04月30日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

射美 吟醸酒 袋吊無濾過生貯蔵 25BY

本日の家飲み 射美 吟醸酒 袋吊無濾過生貯蔵 25BY

1413854438736.jpg  1413854450973.jpg

 岐阜県揖斐郡大野町のお酒です。
 私のマイ殿堂入り銘柄の一つ。

 実はこのお酒、今年の夏に飲んでいたのですが、ラベルの写真なくしたりと個人的トラブルで公開が遅れました…。
 情報が古いのと裏ラベルの写真が見にくいのをご了承ください。

 で、実はこのお酒その裏ラベルに聞き捨てならないことが書いてあります。
 そのまま引用すると「従来の射美とは違った夏にあった味をイメージしました、が、上手くいきませんでした。すいません。」とのこと。
 いやあ、ここまではっきり失敗作って書いてしまうのはある意味凄いですね。
 いかがなものかとも思いますが、まあ巨匠陶芸家のごとく気に入らないから捨てるわけにもいかないでしょうし、よく考えるとなかなか潔いというべきか。

 これだけ書いていても、今の「射美」ブランドなら売れるでしょう、私も逆に味わいが気になって買ってしまいました。
 当ブログには珍しくアル添の吟醸酒です。

1413854470268.jpg

 上立ち香はいつもの射美らしい独特の米の甘さを感じる香りですが、気持ちアルコール強めな感じで、そこそこに。
 含むと、射美好きからすると「ん?」と思うようなクセのある甘旨味が、アルコール感と拮抗しつつ突き刺さってきます。
 旨味は、いつもの上品な甘味を薬臭いクセとアルコールが苛め倒す感じ。
 といいつつ、甘味はやはり魅力的だし、アルコールによるスッキリ感もなかなか。
 後味はアル添らしく、キツくキレます。

 射美らしい甘味が、夏酒指向によって苛められてしまったような印象のお酒でした。
 なんというか、初期の射美のようなこなれていない薬臭さのようなクセが強かったです。
 しかし、目指す方向性は凄くわかるんですよね…、アルコールっぽいキレとか。
 来年の射美のこのスペックに、強く期待をかけたいと思います(買えればですけど…)

1419234879180.jpg

名称:射美 吟醸酒 袋吊無濾過生貯蔵 25BY
精米歩合:50%
酒米:揖斐の誉「S7」
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社
購入価格(税抜):1,425円/720ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 射美 吟醸

2015年01月10日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

射美 特別純米酒 槽場無濾過生原酒

本日の家飲み 射美(いび) 特別純米酒 槽場無濾過生原酒

fc2_2014-03-19_12-09-25-438.jpg  fc2_2014-03-19_12-10-30-957.jpg

 岐阜県揖斐郡のお酒です。
 ここで何度か取り上げている「慶樹」の通常ブランドですね。

 既に自分にとって慶樹は不動のお気に入り銘柄になっていますが、実は射美は家では初飲みです。
 やはり通常銘柄も飲んでみたいと思い、今回頑張って入手しました。
 元々「日本で一番小さい蔵元」ということで生産量が限られている上、そのオンリーワンの酒質から甘口派の左党(私とか)に目をつけられているために、既に非常に入手が難しくなっているようです。

 裏ラベルには相変わらず蔵元さんのエッセイ的な文章が書いてありますね、今回はちょっと良い話。
 例によって揖斐の誉100%仕様の無濾過生原酒です、最大限の期待を込めて頂きます。

fc2_2014-03-19_12-09-52-326.jpg

 上立ち香は甘い米の香りが少々。
 含むと、超濃厚ながら優しい甘味がとても自然な感じで入ってきて、少しずつ染みこんできます。
 旨味はいつものように上品な砂糖菓子を思わせる甘味が主役で、どこかお米の旨味も感じさせるしっかりした味わいです。
 特筆すべきは無濾過生原酒らしからぬ舌触りの滑らかさですね…、特別純米クラスとは思えない完成度です。
 後味はほんの少しの苦味を残しつつ、自然にキレます。

 強烈な濃厚さと、驚愕の上品さを兼ね備えた、ハッキリと甘口指向のお酒でした。
 精米歩合や値段を考えると、まさに異次元の完成度だと思います、期待に見事に応えてくれました。
 辛口好きはびっくりするかもしれませんが、甘口好きにはたまらない味わいで、やっぱり私は大好きです。
 これはさらに需要は増えるでしょう、蔵元さんには「日本で一番小さな蔵」という言葉に囚われず、質を落とさない範囲で是非増産して欲しいと思いました。

fc2_2014-03-19_12-10-53-782.jpg

名称:射美 特別純米酒 槽場無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:揖斐の誉「AMS18」
アルコール度:15%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社(岐阜県揖斐郡大野町)
製造年月:2014/2(25BY)
購入価格(税込)1,312:円/720ml
お気に入り度:8.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年04月04日 岐阜の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |