富久長 特別純米 しぼりたて 無濾過本生 淡くおりからみ

本日の家飲み 富久長 特別純米 しぼりたて 無濾過本生 淡くおりからみ

20170703135443371.jpg  20170703135454303.jpg

 広島県東広島市のお酒です。
 外では何度かいただいていますが、家飲みは初めて。

 富久長は「海風土(シーフード)」という魚介類向け食中酒を出していたり、なんとなく今風の蔵というイメージがあります。
 ホームページを見ると、一見地味なデザインながら、特約店一覧や通販ページなど、消費者が求めるものはしっかり備えている印象を受けました。
 特に特約店一覧を載せるにあたり、取扱店自体は他にもあること、蔵元直販との関係、小売価格が一定でないことなど、お酒の販売について結構センシティブな話題についてもしっかり蔵元としての説明を記載しているところは、素晴らしいの一言だと思います。
 さらに一覧コーナー名を「酒販店は蔵の宝」としているところも素敵。
 この辺りについては一買い手として上から目線で何十回でも繰り返しますが、ホームページに特約店のリストを載せないで「お問い合わせください」みたいな扱いにしている閉鎖的なところは、同蔵のホームページを100回ぐらい見て深く反省して欲しいところですね。

 完全に話が逸れました…、今回いただくのは広島の代表的酒米八反錦を60%まで削って醸した新酒になります。
 「淡くおりからみ」という表記は面白いですね、実際にごり方は薄目でうっすらという感じ。
 
20170703135507719.jpg  20170703135519150.jpg

 上立ち香はセメダインとガスが混じった、ラムネ的な爽やかさのある香りがそこそこに。
 含むと、イメージ通りのシュワシュワした甘旨酸味が、これまた新酒らしい苦渋味で引き締められつつ、最初から最後まで勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりサイダー的な甘味とガスが中心にあるのですが、渋味が仕事をしてそこそこの奥深さを演出していますね、苦味はちょっと甘味と喧嘩している気も…
 後味は、少々渋味を口中に残しつつ、ガス酸で引き上げていきます。

 フレッシュ感と青さと苦味がそれぞれストレートに主張する、今どきの新酒しぼりたての典型のようなお酒でした。
 私がたまに出会う「プラスアルファが欲しい」という想いを抱かせるタイプのお酒ですね、より洗練させる方向でも個性を伸ばす方向でもどちらでも良いのですが。
 ただ、苦味に関しては今期特有の可能性もあるので、一本で印象を決めてしまうのは早計とも思います。
 富久長、次はまた別のスペックも試してみたいと思います。

20170703135531325.jpg  20170703135542814.jpg

名称:富久長 特別純米 しぼりたて 無濾過本生 淡くおりからみ
精米歩合:60%
使用米:八反錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社今田酒造本店
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:鈴木酒販(神田)
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年07月22日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |