奥の松 特別純米生原酒

本日の家飲み 奥の松 特別純米生原酒

20160923090153914.jpg  20160923090247167.jpg

 福島県二本松市のお酒です。
 家飲みは初めて、外飲みは確か何回かあったような気がします。

 実はこのお酒、つい先日閉店した「そごう柏店」で購入したお酒だったりします。
 私は同店には子供のころよく行っており、初代ゲームボーイをそこで買ったとか、色々と思い出のある場所ではありました。
 日本酒の品揃えについては、そもそも私が意識し始めたのがつい最近なのであまり詳しくはないのですが、何回か行った限りでは私の家飲み対象となるレベル(スカした言い方ですがかなり実際かなり高水準かと)のお酒もある程度探せたので、決して低くはなかったと思います。
 それに、とある地酒屋さんの店長のお話しによると、実は東京の西のほうにある超有名地酒屋とつながりがあって、安定して結構良いお酒を供給していたとか…
 日本酒漫画「いっぽん」でも描かれていますが、百貨店の日本酒バイヤーというのもなかなか奥深いお仕事なんでしょうね。

 閑話休題、奥の松は福島酒の中では、非マニアにも結構知られている類の銘柄という認識です。
 今回の購入酒も、百貨店向けっぽくスペック情報は最小限で、一般の人に訴求するようなパッケージですね。
 高級酒ではないのですが箱入りで、そこには銘柄の歴史やモンドセレクション金賞受賞(笑)など、びっしりとアピール文章が書きこまれていました。

20160923090301653.jpg  20160923090328811.jpg

20160923090340115.jpg  20160923090350472.jpg

 上立ち香はなぜかレーズンを想起させる個性的な香りが控えめに。
 含むと、極めて濃厚かつ完熟した感じの甘旨味がグググッと入ってきて、時間差で出てくる強めのほろ苦さと拮抗しつつ最後まで力強く染みこんできます。
 味わいは、まさに完熟レーズンと言った趣の奥深さのある甘苦い旨味が最初から最後まで主役を演じる感じですね、ただ熟感はあっても老ねた感じではなく、生熟的なまろやかさもあります。
 後味は苦味が引き取って、しっかりキレます。

 「日本酒中級者向け」といった雰囲気の、芳醇で奥深い味わいの生熟酒でした。
 たまにこういうタイプのお酒には出会う気がしますね、今風の甘酸ジューシーな酒質とは異なりますが、個人的にはこちらも好きです。
 それにしても「老ね」と「熟」の違いって難しいなあ…、人によってそのラインは違うと思いますが、割と激しく味わいの印象に影響する部分なんですよね。
 個人的には常温保存した火入れ酒の熟感はとても苦手ですが、このお酒のような冷蔵保存の生酒の完熟果実感は好きなのだろうと思います。
 ともかく、奥の松、次は新酒もいただいてみたいと思いました。

 温度が上がってくると、口当たりが非常に柔らかくなりますね。
 キツい感じもしないので、個人的には常温がオススメかも(蔵元がどう考えているかが気になるなあ…)

20160923090319181.jpg  20160923090311047.jpg

名称:奥の松 特別純米生原酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:奥の松酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:そごう柏店(閉店直前)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年10月14日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |