天虹 純米 無濾過生原酒(23BY)

本日の家飲み 天虹(てんこう) 純米 無濾過生原酒(23BY)

fc2_2013-06-03_08-17-36-777.jpg  fc2_2013-06-03_08-18-03-809.jpg

 今回頂く天虹は本ブログでは初めての静岡県のお酒です。
 吟醸王国との呼び声も高い静岡ですが、実は個人的にはあまり好みではない印象があったりします。
 なんとなくスッキリあっさり系なイメージなので…。
 天虹も初めていただく銘柄です。

 このお酒もネット通販で取り寄せたのですが、実は実物を見て「しまった!」と思いました。
 というのも、製造年月が2012/6で、おそらく酒屋さんでの1年熟成ものだったのです。
 基本無濾過生原酒のフレッシュな感じが好きなので、これは想定外でした。
 ネット通販の落とし穴というか、なかなかBYまで明記してくれてるところは少ないんですよね(聞けば大体教えてくれるので、単にサイト管理の労力の問題だと思いますが)。

fc2_2013-06-03_08-18-29-861.jpg

 気を取り直していただきます。
 注ぐとやっぱり濃い目の色がついてますね。

 上立ち香はアルコール混じりの、ほんのり熟した果実香という感じ。
 含むと、成熟した濃厚な甘旨味が、若干の渋味の刺激をともないじわじわと来ます。
 旨味は甘味が中心の、メープルシロップを思わせるような、とろみすら感じる芳醇なもの。
 さすがにフレッシュ感は無いものの、とてもキレイに熟成というか、味が乗ってきている印象です。
 後味は若干の渋味を残して、なかなかのキレ。

 無濾過生原酒の熟成の可能性を感じさせる、クセのない超芳醇旨酒でした。
 恐らく蔵元さんの以降からは外れていると思いますが、これは素晴らしい熟成ぶりです。 
 実際元の味わいが整っているからこそ、ここまでしっかりとバランスを保っているのでしょう。
 また、酒屋さんの管理もバッチリだったことが伺えます。
 
 いやあ上の方で静岡酒がどうだ熟成がどうだ書きましたけども、そんな懸念を見事に吹き飛ばしてくれましたね…。
 こんなブログ作っておいてなんですが、日本酒は頭で飲むものではないと思い知らされました。
 ただ次は是非新酒も味わって見たいと思います。
 
 ちなみに開封後も全く味わいは後退しません。
 さすがに一年じっくりと味わいを深めてきただけのことはあります。

fc2_2013-06-03_08-19-08-843.jpg

名称:天虹 純米 無濾過生原酒(23BY)
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:60%
酒米:美山錦・日本晴
アルコール度:17~18%
酵母:静岡酵母
日本酒度:+3
蔵元情報:株式会社駿河酒造場(静岡県静岡市)
製造年月:2012/6(23BY)
購入価格(税込):1,313円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 天虹 純米

2013年06月12日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |