喜久酔 特別純米

本日の家飲み 喜久酔(きくよい) 特別純米

20160523084101276.jpg  20160523084114423.jpg

 静岡県藤枝市のお酒です。
 外飲みは数回ありますが、家飲みは初めて。

 茶色のボトル、クラシックなラベル、最低限のスペック情報と、華々しく飾り立て主張するお酒が並ぶ最近の地酒屋冷蔵庫の中で、いっそすがすがしいぐらいに「古臭い」たたずまいを保っていますね。
 個人的には今風のお酒が好みで、こういう見た目だと跨ぎがちなのですが、見落とせなかったのが「要冷蔵」という記載です、生ではないので恐らく一回火入れでしょうか。
 あまり短絡的には言えないのですが、やっぱり「要冷蔵」の表記はお酒セレクトの際にかなり重要だと思っています。
 結局、蔵元での保管、輸送、売り場、色々なところに負担を強いるということですからね、それを甘受してでも味わい・品質の保持を重視するということは、それ自体に意味があるのではないかと。
 同じレトロなラベルでも、スーパーや百貨店の常温棚に並ぶお酒(高級酒含む)とは明らかに別物ということを感じる次第です。

 完全に話がズレました、が、いかんせんスペックも不明部分が多く、ネタがなかったのでご勘弁ください…
 一旦気持ちをリセットして、いただきます。


 上立ち香はクセのない吟醸香がほんの薄っすらと。
 含むと、若干落ち着いた感じの濃厚な甘旨味がゆるやかにしっかりと入ってきて、徐々に出てくる渋みでキリリとしたまま染み入ってきます。
 味わいは、広がらずに凝縮されたような骨太の旨味が主役、ちょっと干したぶどうのような甘味があって、それがほどよい渋みと拮抗することで濃厚ながら飲み飽きない感じです。
 後味はその渋みが引き取って、見事なまでにバッチリキレます。

 とても落ち着いていながら、古臭さのない芳醇な甘旨味を、最後までストレートかつ程よく楽しめる、極めて完成度の高いお酒でした。
 いやあこれこそ貫禄を感じる味わいですね~、古くないと同時にキツさやクドさもなくて、兎に角洗練されてます。
 コスパも文句無しで、蔵の実力をビンビンに感じるお酒でした、これは万人にオススメ。
 喜久酔、おいおい他のスペックもいただいていきたいと思います。

20160523084129208.jpg  20160523084140328.jpg

名称:喜久酔(きくよい) 特別純米
精米歩合:60%
使用米:麹米:不明
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:青島酒造株式会社
購入価格(税抜):1,300円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年06月07日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |