咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 

本日の家飲み 咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 

20160602013852835.jpg  20160620132000056.jpg

 群馬県吾妻郡中之条町のお酒です。
 前回に続いての紹介ですね。

 このお酒、自分としては銘柄名に惹かれたという部分も結構大きいです、「コノハナサクヤヒメ」が大元のネタでしょうか。
 (オタ的には「さくや」だと某メイド長、「咲耶」だと某12人の妹のお色気担当をまず思い出しますね)
 さらに、醸しているのは「貴娘酒造」、通常銘柄はそのまま「貴娘(きむすめ)」だそうです。
 うーむ、若干違う漢字が浮かんでしまいますねえ…(おっさん並感)、ちなみに酒造組合ホームページによると、「明治の中頃・女の子の誕生を祝い「誰からも愛され貴ばれる子に育ってほしい」との願いをこめ銘名した。」とのこと。
 ちなみに単に萌えっぽいから惹かれたのではございません、男酒より女酒の方が好きな自分としては、こういうイメージも実はかなり当てになるわけです。

 スペック的には、前回同様の美山錦利用で、精米歩合はちょっとだけ(3%)増えた58%、この微妙な違いにこだわりがあるんでしょうか。
 また今回は「原酒」の表示がありますね、度数はこれまたほとんど変わらないのですが、前回は加水していたのでしょうか…詳細は謎です。

20160602013839934.jpg

 上立ち香は個性的な、濃厚な果実系の香りがそこそこに。
 含むと、インパクトのある甘旨味がググっと入ってきて、少々のガス感と柔らかな酸苦味で輪郭を整えつつ、力強く染みこんできます。
 味わいは、洋梨?っぽい甘酸にほろ苦さが絡みつく複雑かつ個性的なもので、ガスのキレと相まって濃厚ながら飲み飽きない旨味の世界を創り出しています。
 後味は、苦酸が仕事をしつつ、仄かな苦味を舌先に残してキレていきます。

 心地よい甘さ、芳醇さ、複雑さ、個性、キレ、その他諸々の要素がしっかり詰まっていながらしっかりバランスが取れている、出色の芳醇フレッシュ酒でした。
 いやーこれは旨いっす!惚れ込むレベルですね、私の日本酒ブログ読解力は確かでした。
 今回2本いただき、自分の中では完全にお気に入り銘柄になりました、これだけ「いいの見つけた!」とはっきり確信したのは寿喜心以来かも。
 問題は入手経路なので、咲耶美には是非首都圏にどんどん売り込んで欲しいと切に願います。

20160606090227442.jpg

名称:咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒
精米歩合:58%
酒米:美山錦
アルコール度:17%
日本酒度:+-0
蔵元情報:貴娘酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:仲沢酒店(通販)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年06月27日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

咲耶美 純米吟醸 生原酒 直汲み 荒ばしり

本日の家飲み 咲耶美(さくやび) 純米吟醸 生原酒 直汲み 荒ばしり

20160602013222141.jpg  20160602013234807.jpg

 群馬県吾妻郡中之条町のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 さて、ついに今回通販したメインの理由である、どうしても一度飲んでみたかった銘柄の紹介となりました。
 気になっていた理由は、実は少々前にギャザリーに記載しています
 私は日本酒ブログ管理者であると同時に日本酒ブログマニア(笑)でもあるので、界隈で評価が高いとどうしても飲みたくなってしまうんですよね…
 このお酒については、近場では全く取扱い店が見つからず、ググってようやく見つかった仲沢酒店さんへの通販に踏み切った次第です。
 
 ラベルは薄いピンク&濃いピンクという、銘柄名と合ったとても女性っぽいデザイン。
 スペック的には美山錦利用というのがポイントでしょうか、群馬県であえて美山錦をセレクトするところに、個人的にはこだわりを感じますね。
 あとは「直汲み 荒ばしり」ということで、ガス感にも期待。

20160602013246225.jpg

 上立ち香はリンゴ的なスタンダードでフレッシュな吟醸香がそこそこに。
 含むと、これまたフレッシュでクセのない旨甘味が、強めのガス感を伴い、シュワシュワと喉奥に流れ込んできます。
 味わいはやはりド直球の新酒生酒といった趣で、青リンゴ的なフレッシュな甘旨味が主役、青さも感じますがキツくはなく、雑味も皆無で完成度が高い感じ。
 後味は裏方に徹した苦味とガスが引き取ってスッキリとキレます。

 直球勝負で今風の、フレッシュフルーティーかつ全くクセや偏りのない、どんどん飲める芳醇甘旨酒でした。
 なんだかんだで、こういうお酒は青さが目立ってしまったり、甘さでダレたりすることも多いのですが、このお酒は見事な完成度です。
 存在感がありながら、「たおやかさ」も感じるような、名前通りのお酒だったと思います。
 実は今回もう一本咲耶美を購入したので、次回はそちらをご紹介します。

 ちなみに二日目以降はガスが抜けてきて、また違った味わいの世界です。
 ただ、ダレ感は無く、風の森がごとく、一本で二度美味しい感じですね、これも素晴らしい。

20160602013258346.jpg  20160602013308940.jpg

【参考】「日本酒感想日誌」さんの同スペックの感想
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1287.html

名称:咲耶美 純米吟醸 生原酒 直汲み 荒ばしり
精米歩合:55%
酒米:美山錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0
蔵元情報:貴娘酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:仲沢酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年06月25日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |