十八盛 純米大吟醸 朝日 無濾過生原酒 限定直汲み

本日の家飲み 十八盛 純米大吟醸 朝日 無濾過生原酒 限定直汲み

20170123133537964.jpg  20170123133547339.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 同蔵のお酒は、山廃の「青螺姫」限定ブランドの「多賀冶」に続いて三回目の紹介になります。

 出張(時に買って帰った)酒特集もついに7回目、最後の出張先の岡山酒にたどり着きました。
 このお酒を買ったのは「ワインと地酒 武田」さんの岡山幸町店。
 入店直後、冷蔵庫がほとんど無いのを見て「げ!」と一瞬思ったのですが、実はディスプレイには空き瓶が並び、実物は全て店奥に保管されているというタイプのお店でした。
 この店舗を見た限りでは、岡山酒重視というよりは、全国レベルの通用する銘柄を地域にこだわらず取り扱っている印象でしたね、まあ「王祿」を扱っている時点でただものではないということは伝わります。

 今回は前回感想メモ紛失という失態をやらかした、多賀冶の記事に関するリベンジという意味合いもこめたセレクトです。
 地元銘柄ながら、「純米大吟醸」「無濾過生原酒」「限定直汲み」という、マニア向けのフレーズがならぶスペックには否応なしに惹かれますね。
 使用米である「朝日」については、以前の「和心」の記事で若干解説しています
 岡山(とくに赤磐市)については雄町が非常に有名ですが、朝日も結構使われているようですね。

20170123133607806.jpg

 上立ち香はフレッシュで硬質な印象の、甘いセメダイン的な個性的な果実の香りがそこそこに。
 含むと、ガスをしっかりとまとったフレッシュな甘旨味が力強く入ってきて、ほんのりとした苦味を裏方に感じさせつつ、最後まで存在感を保ちながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、ある意味ラベルの印象通りのベリー系の甘酸旨味が主役で、新酒らしくもキツ過ぎない苦味がしっかりと引き締まりと飲み飽きなさを添える、典型的ながらも理想的な新酒らしい魅力にあふれるもの。
 後味は酸苦味がちゃんと表に出てきて、しっかりとキレます。

 存在感のある甘旨味を、ガスと仄かな苦味が引き締めつつも素直に楽しませてくれる完成度の高い芳醇フレッシュ酒でした。
 スタンダードなフレッシュフルーティー酒ではあるのですが、味わいの芯が非常にしっかりとしていて、飲み進めるほどに旨味がより染み出してくるように感じましたね。
 やっぱりこの蔵は実力派なのでしょう、この地酒戦国時代で浮き上がってくるだけのことはあります。
 次はまた多賀冶もいただいてみたいと思いました。

20170123133627506.jpg  20170123133618231.jpg


名称:十八盛 純米大吟醸 朝日 無濾過生原酒 限定直汲み
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:十八盛酒造株式会社
購入価格(税抜):約1400円(レシート紛失…)/720ml
購入した酒屋さん:ワインと地酒 武田(岡山幸町店)
お気に入り度:8.5/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2017年01月28日 岡山の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

多賀冶 純米 雄町 無濾過生原酒 限定直汲み

本日の家飲み 多賀冶(たかじ) 純米 雄町 無濾過生原酒 限定直汲み

20160606090329620.jpg  20160606090352698.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 家飲み経験については後述。
 
 こちらはを醸すのは「十八盛株式会社」、同社は以前紹介した 限定品「青螺姫(せいらひめ)」の蔵元でもあります。
 その時に「次は生を飲みたい」と思ったことや、最近の日本酒ブログ界隈の評価が結構高いと思えたことから、今回セレクトしました。
 ちなみに銘柄名は、蔵元当主五代目「石合多賀治」氏のお名前からとっているとのこと。

 裏ラベルには青螺姫と同じく、誇らしげに「原料米:岡山県産雄町100%」の表記があります。
 やはり「雄町と言えば岡山」というアドバンテージを十二分に活かしていますね、そして精米歩合は微妙な68%。

20160606090404248.jpg  20160606090455339.jpg

 注ぐと、そこそこの量の気泡がグラスにつきますね。

 上立ち香はガスと甘さを感じるサイダー的なもので、少々青さも混じった香りがそこそこに。
 含むと、青くフレッシュな旨味がグワッと入ってきて、(以下メモ紛失)

 …すみません、実は今回感想メモデータの保存をミスってしまいました。
 いつもなら、記憶を辿って補完しているのですが、今回は気づくのが遅れてまったく復元できず…。
 お気に入り度は8.4を付けており、かなり気に入っていたはずなので残念無念。
 一応、飲んだお酒記録と写真ギャラリーの意味合いを重視し、記事として残させていただきます、ご了承ください。
 とりあえず多賀治、早いうちにリベンジと行きたいところです。

20160606090421831.jpg  20160606090439755.jpg

【参考】「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1322.html

名称:多賀冶 純米 雄町 無濾過生原酒 限定直汲み
精米歩合:68%
使用米:雄町
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:十八盛株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年07月08日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

十八盛 山廃純米 雄町 青螺姫

本日の家飲み 十八盛 山廃純米 雄町 青螺姫

1418615393423.jpg 1418615405279.jpg

 岡山県倉敷市のお酒です。
 家飲み、外飲みともに初めて。

 このお酒の肩掛けラベル記載の「雄町サミット」とは、その名の通り全国の雄町酒を一か所に集める試飲イベントで、その中で行われる鑑評会では審査員により部門ごとの優等賞が選ばれるらしいです。
 そして2014年の結果が、JA岡山のホームページに記載されていました
 個人的には純米部門で「結」と「寿喜心」が入っているのを見て、「おお!」という気持ちになりました。

 さて、今回いただくのはラベルの通りその雄町サミットで優等賞を取った、山廃のお酒です。
 「青螺姫(せいらひめ)」とは聞き慣れない言葉ですが、箱の裏に説明がありましたので、下部の写真をご参照ください。

1418615422089.jpg  1418615434802.jpg

 上立ち香はスッキリとしたアルコール臭が仄かに。
 含むと、バランスの良いほどほどに熟した旨味が自然に入ってきて、苦味を伴い染みこんできます。
 旨味は完熟果実らしい感じですが甘味はほどほどで、突出する部分のない飲みやすさがあります。
 山廃っぽさはあまり感じないかなあ。
 後味は辛さでしっかりとキレます。

 スッキリ飲みやすく、かつバランスの良い旨味のある辛口酒でした。
 こういう山廃酒は珍しい感じですね、食中酒としてもレベルが高い感じ。
 私は好みが偏っているのでちょっと物足りない感じもしましたが、これは好みの人が多そうな味わいです。
 十八盛、もし可能なら生酒をいただいてみたいと思いました。

1418615470899.jpg  1418615457337.jpg

名称:十八盛 山廃純米 雄町 青螺姫
精米歩合:58%
酒米:雄町
アルコール度:15%
日本酒度:+4
蔵元情報:十八盛酒造株式会社
購入価格(税抜):1,485円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年01月11日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |