冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ

本日の家飲み 冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ

20160405102719252.jpg  20160405102739783.jpg

 福島県会津若松市のお酒です。
 外飲み家飲み多数回で、純米純吟羽州誉に続き、ブログでも3回目の紹介です。

 前回も書いた通り、この写楽は「SAKE COMPETITION 2014」で全5部門中2部門のトップを取ったことで、人気に火が付いた感のある銘柄です、地酒屋さんでは若干品薄感がありますが、まだ入手困難とまでは言えない印象。
 今回はその新酒うすにごりが店頭に並んでいたのでセレクトしました、前は新聞紙にくるまれた「ささめゆき」という商品だった気がしますが、新聞紙をやめて名称変更したのかな…
 というか実は購入後にレシートを見てみると「ささめゆき」とのの記載が…、更新漏れだと思いますが、品数が多いうえにころころ名称が変わる地酒アイテムの管理について、酒屋さんの大変さを感じた一事でした。

 おりの絡みぐあいはぎりぎり利き猪口の底が見える、ほどよい感じ。
 私には珍しく前にいただいた2本が火入れ酒だったので、生は久しぶりですね、楽しみにしつついただきます。

20160405102804512.jpg

 上立ち香は非常にフレッシュな印象の、ちょいセメダイン混じりのスッキリした香りがそこそこに。
 含むと、やはりフレッシュながら甘味がしっかり乗った濃厚な旨味が、おりのほのかな苦味を伴って、しかし自然に流れ込んできます。
 旨味は濃厚な果実の甘味が主役で、特筆すべきはかなり強めのフレッシュ感がありながら青臭さが皆無なこと、苦味も上品な程度でとどまっています。
 後味はその苦味が自然に引き締めてキレます。

 おりのキツくない苦味とフレッシュな甘みがしっかりと均衡をとる、うすにごり生のお手本のようなお酒でした。
 正直、「もてはやされてるけど実際どうかな~」ぐらいの意地悪な姿勢で飲んだのですが、これはあぐらをかかずにしっかり酒質向上させてきていますね。
 というか特にこのスペックは私好みかも…、とにかく甘味が心地よいです。
 寫樂、今後も注目していきたい銘柄です。

20160405102816489.jpg

名称:冩樂 純米吟醸 生酒 おりがらみ
精米歩合:50%
使用米:五百万石
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:宮泉銘醸株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 冩樂 純米吟醸

2016年04月05日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

冩樂 純米吟醸 羽州誉 一回火入れ

本日の家飲み 冩樂 純米吟醸 羽州誉 一回火入れ

1416127235551.jpg  1416127246626.jpg

 福島県会津若松市のお酒です。
 家でも外でも何度もいただいている銘柄。

 今回大規模きき酒イベント「SAKE COMPETITION 2014」の受賞銘柄を三本ほど購入しましたので、連続で紹介したいと思います。

 さて、冩樂はこのイベントで全5部門中2部門のトップを取るというダントツの成績を残したことで、一躍注目を浴びているようです。
 しかもその部門が家飲みに向く比較的低価格の「純米酒」「純米吟醸」ですからね、しばらく品薄状態が続きそうな予感。
 ちなみに純米酒の方は以前ブログで紹介しています(BYは違いますが)。

 さて、今回いただくのはそんな冩樂の中でもレア感の高い、酒米「羽州誉」を使った純米吟醸です。
 羽州誉については以前惣邑の記事に書きました、今でも使用している蔵元さんは少ない印象。
 他のスペックはスタンダードな純米吟醸という感じですね、一回火入れと明記しているのはありがたいところです。

1416127262575.jpg

 上立ち香はスッキリとした吟醸香がそこそこに。
 含むと、透明感のある旨みがスッと入ってきて、徐々に甘さと苦さによる濃厚さを増しつつ染みこんできます。
 旨味は上品な果実様の旨味と苦味がバランス良く同居する、飲み飽きない印象の味わい。
 表現が難しいですが結構冩樂の旨味も個性的なんですよね…、あえて言うなら洋梨?かなあ…
 後味はしっかりと辛さが出てきてキレます。

 単独で飲んでも、食中酒としても、十分な存在感を発揮しつつシチュエーションに合わせてくれる万能感のあるお酒でした。
 実際、万人向けの完成度がある感じです、コンテストで評価されるタイプというか。
 これは飲み進めるほどに良さがわかってくるお酒ですね…、こういうお酒は晩酌には向いてます、一升で買って正解。
 冩樂はまた他のスペックもぜひ頂きたいと思います。

 温度が上がってくると、甘さがハッキリしてきて口当たりも優しくなります。
 辛さも同時に感じるのですが、個人的には完全に常温が好み。
 一升瓶だったので燗も付けてみました。
 結構甘旨味が濃厚になってくるので、個人的にはアリですね。

1416127274887.jpg

名称:冩樂 純米吟醸 羽州誉 一回火入れ
精米歩合:55%
酒米:羽州誉
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:宮泉銘醸株式会社
購入価格(税抜):3,000円/1,800ml
お気に入り度:8.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 冩樂 純米吟醸

2014年12月02日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

今後の更新について

 いつも当ブログをご愛顧いただきましてありがとうございます。
 ブログ開設から丸2年以上、今までわりと安定した頻度・内容で更新できてきたと思っていますが、最近の周辺環境の変化に伴い、更新内容も変わりつつあるため、アナウンスしておこうかと思います。

 まず、更新頻度についてですが、これは恐らく下がると思います(というか既に下がってますが…)。
 その理由は二つ、一つは単純にプライベートが忙しくなりそうだということですね。
 カンの良い人はお気づきかもしれませんが、最近ラベル写真の背景が変わっているのは引っ越したからで、いろいろとバタバタしております。
 もう一つは冷蔵庫を新調(普通の家庭用ですけど)したことで、一升瓶の保存が楽になったことです。
 今までほぼ四合瓶で購入していましたが、これからはコスト面も考え一升瓶での購入が増えることでしょう。
 飲酒量(一日二合)は増やすつもりはないので必然的に空く瓶が減り、銘柄紹介も減るというわけです。
 ただ、やっぱり一升瓶購入は自分の口に合わないリスクがあり信頼できる銘柄に限りたい思いもあるので、移行は緩やかになると思います。

ちなみに今の在庫(感想アップはいつになるやら…)
1404740516692.jpg

 次に内容について。
 大きくは変わりませんが、記事末尾にいつも記載しているスペック情報を少し簡略化する予定です。
 「酵母」「日本酒度」とかについては、当初ラベルに記載が無ければ自分で調べるぐらいの意気込みだったんですが、やっぱり無理でした…。
 「製造年月」あたりもラベル記載と被りますし、このあたりの情報はラベルの写真をしっかりとることで替えようと思います。
 また、特徴的なスペックに関しては今まで通り本文にも書くつもりです。
 逆に値段については、個人的には非常に重要だと思っているので頑張って書くつもりです。
 ちなみにこれからも基本的には四合1,500、一升3,000円近辺を中心に攻める予定。

 また、本当は購入店も書いた方が参考になるし、宣伝にもなるのかもしれないと思って記載を迷っていたりします。
 しかし、変なことを書いて迷惑になるのが怖くて踏み切れないチキンな私。
 こんどまとめて購入先酒屋さん(通販含む)を紹介する記事でも書こうかしら。

 以上、特に有益な情報ではなく恐縮ですが、アナウンスさせていただきました。
 今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます。

おまけ

 某山の登頂記念にてっぺんで頂いた冩樂
2014-01-02.jpg  2014-01-02 15
 流石に飲み過ぎるとシャレにならないのでお猪口一杯だけいただき、後は麓で飲み干しました。

おまけ2
 私のとある記念日に某店で特別サービスで頂いた、イベントの残りの各種十四代
2014-06-162.jpg

 同日に格安で頂いた黒龍の石田屋
2014-06-16 1  2014-06-163.jpg
 店長さんには激感謝!

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年07月08日 当ブログについて トラックバック:0 コメント:2

プチ外飲み雑記in所沢+α

 所沢のとある居酒屋さんで、彼女とちょっと飲んできたのでメモ程度に記録をつけておきます。
 そのお店は数は少なめながら結構今時の銘柄を揃えていたのですが、十四代本丸が1合1,800円というのを見て、かなり萎えてしまいました。
 なんというか「十四代置いてます!」みたいな売り文句のところほど、こういう値段設定が多い気がします。
 ブランド化というのは功罪入り混じるものだなあと改めて思いました。

 飲んだ銘柄は以下の通り
・鏡山 初しぼり生 
・写楽
・太平海
・百楽門 純米生原酒 五百万石

 写楽のささめゆきは去年家飲みしたことがありましたが、今回飲んでさらに印象が良くなりました。
 うっすら白い感じの見た目と、やさしい甘味がなんともネーミングにあっていると思います。

fc2_2013-01-29_19-35-22-610.jpg

 百楽門は私のお気に入り銘柄の一つなのですが、雄町のイメージが強く五百万石は初飲みです。
 甘さは控えめながら、百楽門らしい米の旨みがはっきりと出ている完成度の高い美酒でした。

fc2_2013-01-29_19-35-58-790.jpg  fc2_2013-01-29_19-36-21-170.jpg

 他2銘柄も含め数は少ないながらも、日本酒自体はどれも美味しかったと思います。
 ただ「やっぱり私がいつも行っているようなお店はレベルが高いんだなあ」と改めて実感したひとときでもありました。

 なんというか、いいお店には店長さんの「思い」がお酒や料理そのもの以外にも、あちらこちらに表れるんですよね。
 それはコメント付きの日替わりメニューだったり、注ぐときの一言解説だったり、黙っても出てくる仕込み水の和らぎ水だったり、あるいは直接お話しした時にストレートに伝わってくるものだったりします。
 私は当然日本酒が大好きなので、そういう思いに触れるのはとても楽しいのです。
 もちろん、そういった部分はある程度コストに反映されることもあるはずですが、プレミア銘柄に本来価格の何倍ものお金を出すよりは遥かに有意義だと私は思います。

 かなり話題が逸れて、思いを書き綴ってしまいました。
 しかし我ながら、2年前には「はなの舞」とかでモスコミュールとかをバカスカ飲んでいた人間の書くこととは思えませんねえ…、自分の半可通ぶりにちょっと呆れてしまいます。
 ま、まあそれだけ今の日本酒には悪魔的な魅力があるということで…。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 冩樂 百楽門

2013年02月01日 外飲み記録 トラックバック:0 コメント:1

冩樂 純米 純愛仕込み 一回火入れ

本日の家飲み 冩樂 純米 純愛仕込み 一回火入れ

fc2blog_20121126193912582.jpg

 矢島酒店さんの『店長矢島が特にお薦めする旬の厳選地酒』5本セットその2。
 今回は四号瓶で1200円を切るという、(ちゃんとした)純米酒としてはかなりお安い価格設定の1本です。

 裏ラベル記載のコメントには、
  「米を愛し、酒を愛し、人を愛す。
   皆様に愛される酒を目指します。」
 とのこと。
 うっすらとみえる「純愛仕込み」の言葉を含め、個人的にはこういう造り手さんの思いが伝わるラベルは好きですね。

 さて、上立ち香は純米大吟醸かのような整った吟醸香。
 含むと甘味と渋味が拮抗して五味のバランスが整いつつ、中心にははっきりとした旨味を感じます。
 少々渋味が残る感もありますが、キレも十分。
 雑味を雑味と感じさせない、素晴らしいコスパのお酒だと感じました。

 ただ、やはり個性が弱い面もあって、ずっと飲むと少々飲み飽きる感もあります。
 また、温度が上がるとちょっと雑味(酸味かも)が目立ってきたようにも感じたので、個人的にはしっかり冷やすことをおすすめしますね。

 ちなみに私は冩樂については23BYの純米吟醸酒未来も頂いたことがあるのですが、そこでもその万人受けしそうな完成度にびっくりした記憶があります。
 冩樂は今後も注目していきたい銘柄です。

fc2blog_20121126193943aa2.jpg

名称:冩樂 純米 純愛仕込み 一回火入れ
製法情報:一回火入れ
精米歩合:60%
酒米:夢の香
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:+2.2
蔵元情報:宮泉銘醸株式会社(福島県会津若松市)
製造年月:2012/11
購入価格(税込):1,155円/720ml
お気に入り度:7.8/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 冩樂 純米

2012年11月27日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |