亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24

 本日の家飲み 亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24

fc2_2013-04-14_22-44-43-676.jpg  fc2_2013-04-14_22-45-49-889.jpg

 高知酒といえば酔鯨、美丈夫のような辛口男酒といったイメージが個人的にはあります。
 が、こちらのお酒はラベルにでかでかと、「日本酒度 -12.5」「酸度 1.8」、原酒なのに「アルコール度 14.2」と変態的な数値のオンパレード。
 数値はあまりあてにしない方なのですが、これは流石に辛口とは思えません。

 ちなみに蔵元ホームページによるとこの数値は高知県開発の「CEL-24」酵母特有のものらしいです。
 ラベルもこのスペック特有のものらしいので、マニアが数値に仰天して手を伸ばすことを意図しているのでしょう。
 私は亀泉自体初飲みで店頭で見かけるまで買うつもりもなかったので、見事に釣られました(笑)。

 上立ち香からしてリンゴ酢のような、酸を感じる甘い香り。
 含むと、う~ん本当に甘酸っぱい日本酒離れした味わいがじわっと広がります。
 印象はまさに日本酒のリンゴ酢割りといった感じで、含んでいると唾液腺が刺激されているのを強く感じます。
 苦味と渋味は皆無ながら、酸味が効いている関係で甘だれた感じはせず、比較的低アルコールなことも相まって、しっかりした味わいの割にかなり飲みやすいのではないかと。
 後味も酸がメインでキレていく感じ。

 また、蔵元ホームページにあるように、氷を浮かべて飲むとさらに飲みやすくなる感じです。
 甘味が綺麗になる感じでこれはこれでいいのですが、飲兵衛には物足りないかも。

 兎にも角にも甘酸っぱさが特徴の個性酒でした。
 個人的には、酸っぱいお酒は苦手な部類だったりしますが、その個性に敬意を表しつつ「苦手」と言いたいところ。
 私はこれと似たタイプのお酒はひとつしか知りません、同じ四国の三芳菊です。
 まあ三芳菊よりは日本酒の面影を残しているかな…、ハマるとクセになりそうな味わいだとは思います。

 ちなみに、蔵元によると「女性にオススメ」とのこと。
 彼女(三芳菊好き)に飲んでもらったところ、相当気に入ったらしくスイスイいっていました。
 昔ながらの日本酒好きの人にも、日本酒に先入観の無い人にも、一度は飲んでみて欲しい一本です。

 ただ、私はこの個性がcel酵母特有のものか気になるところなので、次は普通のスペックを飲もうと思います。

fc2_2013-04-14_22-45-12-395.jpg

名称:亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24
製法情報:生原酒
精米歩合:50%
酒米:八反錦
アルコール度:14.2%
酵母:CEL-24
日本酒度:-12.5
蔵元情報:亀泉酒造株式会社(高知県土佐市)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:7.2/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 
タグ: 亀泉 純米吟醸

2013年04月20日 高知の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |