久保田 紅寿 純米吟醸

本日の家飲み 久保田 紅寿 純米吟醸

20150927193127731.jpg  20150927193138804.jpg

 新潟県長岡市のお酒です。
 家飲みは初めて(!)、外飲みもほとんど経験なし。

 泣く子も黙る久保田です、とある宴会での余りものを「捨てるぐらいなら頂戴」ということで貰い受けました。
 ちなみに「カクヤス」でプレミア価格で買ったとか…、格安なのに割高とはこれいかに。
 どうせ自分は参加しないということでセレクトに口を出さなかったのですが、流石にちょっと後悔(私がこの値段でセレクトしたら、余らない自信があります)。

 スペックはごくごく普通の純米吟醸、たぶん加水二回火入れでしょう。
 裏ラベルの表示も最小限(この余白はなんなんだ)で使用米も書いてないですが、蔵元ホームページによると、麹米は五百万石らしいです。


 上立ち香はほんのり熟感が出るほど落ち着いた米の香りがそこそこに。
 含むと、やはり落ち着いた印象の旨味が中濃度で入ってきて、そのまま自然に染み込んできます。 
 旨味は火入れらしく、とんがったところのない優しい米の旨味が中心で、程よい含み香と辛さを伴った味わい。
 後味は少々の辛さでしっかりキレます。

 悪く言えば特筆すべき特徴のない、良く言えば非常に安定感のある、火入れ吟醸酒でした。
 まあ、正直言って先入観バリバリかも…、私もさすがにこのお酒を色眼鏡なしに見ることはできませんでした。
 ただ、良くも悪くもその先入観を大幅に変えさせるようなお酒でもなかったと思います。
 今回改めて思ったのは、自分のいつも飲んでいる抑えのレベルの高さと、こういうお酒をプレミア価格で買うのは愚行としか思えないということぐらいでしょうか。
 久保田、今後の動きを注目していきたいと思います。

 ちなみに、冷蔵庫スペースの関係で一部を常温保存して、そのまま常温で飲んでもいるのですが、これでも良いですね。
 口当たり柔らかになってむしろ好みです。
 この安定感こそ、どんな流通経路でもブランド価値を棄損させない、最大の強みなのかも。

20150927193151707.jpg

名称:久保田 紅寿 純米吟醸
精米歩合:55%
使用米:麹米:五百万石
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:朝日酒造株式会社
購入価格(税抜):詳細不明(5,000円ぐらい)/1,800ml
お気に入り度:7.8/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2015年10月04日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |