一ノ蔵 特別純米 素濾過生原酒 ササニシキ

本日の家飲み 一ノ蔵 特別純米 素濾過生原酒 ササニシキ

20160606090722583.jpg  20160606090733336.jpg

 宮城県大崎市のお酒です。
 信じられないことに、もしかしたら初飲みかも…

 宮城のお酒で全国的に有名なお酒といえば、個人的には浦霞とこの一ノ蔵が思いつきます。
 古くは当時の日本酒等級制度を逆手に取った「無鑑査シリーズ」、最近ではいち早く女性向け低アルコールという方向性に目を付けた「ひめぜん」「すず音」など、一般消費者のニーズに即した商品開発という点で非常に経営センスのある会社という印象がありますね。
 が、逆にマニア目線ではなかなか魅力的には映らず、今までいただく機会が無かった次第です。

 今回いただくのはそんな一ノ蔵の「素濾過生原酒」、蔵元ホームページに載っていない系の商品ですね。
 「素濾過」については裏ラベルに解説がありますが、いわゆる「無炭素濾過(≒無濾過)」ということのようです。
 また、生産元がはっきりしている有機栽培のササニシキを使っているところを、特にアピールしていますね。

20160606090751785.jpg  20160606090742707.jpg

 上立ち香はほんの少々熟したリンゴ的な吟醸香がそこそこに。
 含むと、濃厚ながらバランスの取れた甘旨味がトロリと入ってきて、裏方に苦味を感じさせて程よく引き締まりつつ、じわじわと染みこんできます。
 味わいは、やはり蜜たっぷりのリンゴの甘味が主役で、見事なまでに雑味がなく、芳醇さと透明感を両立させていますね、生原酒の王道を征きつつ、荒さが無いのが見事としか言いようがありません。
 後味はやさしい苦味を口中に残しつつ、しっかりとキレます。

 蔵の実力を感じさせる、とても優しく、まとまりのある芳醇甘旨酒でした。
 うーむ、真澄三千盛のときにも思いましたが、やっぱり(準)大手地酒蔵がちゃんとしたスペック・コンセプトで造ったお酒は、非常に納得感のある完成度があります。
 しかしササニシキでこれかあ…、アキツホを使う風の森やひとめぼれを使う勝山もそうですが、飯米でも性質を熟知していれば十分美酒を醸せるということなんでしょうね。
 一ノ蔵、今後もこっち系のお酒も出していって欲しいと思います。

 ちなみに、冷やし過ぎるより常温近辺の方が甘味が出てきますね。
 個人的には味わいが優しくなって好きです。

20160606090802737.jpg

名称:一ノ蔵 特別純米 素濾過生原酒 ササニシキ
精米歩合:60%
酒米:ササニシキ
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社 一ノ蔵
購入価格(税抜):1,475円/720ml
購入した酒屋さん:山内屋(日暮里)
お気に入り度:8.4/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年07月14日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |