村祐 黒 本生

本日の家飲み 村祐 黒 本生

20160426083619343.jpg  20160426083642814.jpg

 新潟県新潟市のお酒です。
 自分としては内外問わず結構飲んでいる印象ですが、以外にもブログでの家飲み紹介は2回目。

 漆黒の曇り硝子瓶に、ピンクの箔押しラベルが一種異様な存在感を放つこのお酒、当ブログでは以前に今は亡き(?)酒徒庵さんでの外飲み時にプチ感想記事を書いています。
 あまりに印象に残りすぎて、去年酒屋さんに並んでいるのをしばらく見つめ、売り切れ後も忘れられず、ついに今期早々に一升瓶で購入してしまいました。
 まあ、そんなにほいほい買えるお値段のお酒ではありませんが、1年に1回ぐらいは許されると思いたい…

 裏ラベルには当然のように特定名称の記載はなく、「清酒 本生」と大きく書いてあります。
 ネットでかき集めた情報によると、どうやら高精白純米大吟醸の無濾過生原酒らしいですね、その割にはアルコール度数は低めの15度。
 また、日本酒度はかなりマイナスに振れているようで、このお酒、飲んでいるとお猪口が机にペタペタ張り付きました。
 昔の安酒で、糖添し過ぎてそうなるものがあるとは聞いたことあったのですが、私が飲んでいるような純米酒でこれは初めての経験です。

(店員さんが気を利かせて箱もつけてくれました、これがまた格好良い!)
20160426083720372.jpg  20160426083737965.jpg

 上立ち香は干しぶどうの砂糖漬けのような、極めて個性的な甘い感じの香りが強めに。
 含むと、その香りのイメージどおりの濃厚な甘旨味が、まさに雑味ゼロで入ってきて、その濃度と透明感をを保持したままトロリと染みこんできます。
 味わいは、やはり巨峰orレーズン的な果実を、砂糖漬けにしてかつ煮詰めたような超濃厚の甘旨味が主役、それでいて甘ったるさを微塵も感じさせないような上品な純度が最後まで続きます。
 後味は酸も辛も苦もほとんど感じさせずに、しかし完璧に自然に引き上げます。

 贅沢なスペックと蔵元の技術の粋を、全て「村祐」という銘柄の魅力を磨き上げることにぶち込んだような、超個性派高級酒でした。
 なんというか、洗練された甘旨味であれば、とことん濃厚にしてもクドくならないということを見事に証明してくれた感じです。
 ただ、流石に飲み手は選ぶでしょうね、一般的な高精白酒とは対照的に、激しく好き嫌いが別れそうなお酒ではないかと。
 そして私は大好きです…、お値段的に他のお酒と比べにくいのですが、「究極の甘口酒」という位置づけで「マイ殿堂入り」にしたいと思います。
 村祐、今後もその姿勢を貫いて欲しいと、一飲み手として切に願います。

 なお、勿体無くて2週間以上かけて飲みましたが、バランスは全然崩れませんでした。
 若干インパクトが薄れて、まろやかになった気もしますね、どっちも良いです。

20160426083654129.jpg

名称:村祐 黒 本生
精米歩合:不明
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:村祐酒造株式会社
購入価格(税抜):8,000円/1,800ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.9/9.0(価格を考慮に入れて)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年05月20日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

たかちよ 「レッド」 無調整生原酒

本日の家飲み たかちよ 「レッド」 無調整生原酒

1411986334204.jpg  1411986362086.jpg

 新潟県南魚沼市のお酒です。
 私のマイブーム銘柄で、ブログで取り上げるのは4回目。

 たかちよについては今まで、氷点貯蔵おりがらみの「スカイブルー」「かすみのピンク」「うすにごり活性生のパープル」「高精米のブラック」と、立て続けにいただいてきました。
 ブログ掲載状況からわかる通り、私は現在とにかく色々な銘柄を飲み比べることを心がけている時期であり、よほどのお気に入り以外同じ銘柄を続けて飲むのは基本避けています。
 つまり、たかちよは風の森や花陽浴と同様自分にとって「よほどのお気に入り」に既に入っている感じなわけです。

 今回頂くのはレッド、スペックはほとんど非公開です。
 にごりも薄く、スタンダードな位置づけにあたるのかな、 「たかちよレンジャー」としてはリーダーっぽいカラーですし。

1411986350121.jpg

 上立ち香はフレッシュで甘さ混じりのアルコール臭が抑えめに。
 含むと、濃厚フレッシュながらバランスの良さを感じさせる甘旨味が塊で入ってきて、少々の酸を伴いつつ溶け出してきます。
 旨味はたかちよらしい蜜たっぷりのリンゴのような濃厚な甘さが主役で、いつも以上に裏方の酸渋とのバランスがよく、クセが限りなく少ない感じ。
 後味はやっぱり芳醇さが嘘のように、酸渋で見事にキレます。

 たかちよらしい魅力が詰まった、見事なまでに完成度の高い芳醇甘旨酒でした。
 これがレッドの風格か…、十分にリーダーを勤め上げられる実力があると思います。
 他のたかちよに比べるとブラックが近いと思いますが、あそこまでの華やかさはなくバランスが良い感じですね。
 両方とも良いのですが、量を飲むなら私はレッドを選びます。
 
 たかちよはやっぱり射美と似て濃厚な甘さが魅力ですが、あちらが砂糖の甘さで後味が自然に消えていくのに対して、こちらはあくまで果実の甘さでかつ塊のように密度が濃く、それを酸で引きあげる印象。
 どちらも甲乙つけがたいほど大好きですね、たかちよはマイブームを超えて最も好きな銘柄の一つになりました。
 今回、その代表という意味も込めてこのレッドを「マイ殿堂入り」とします(現在6銘柄目)
 これからも一生追っていこうと思います。

1411986385373.jpg  1411986373941.jpg

名称:たかちよ 「レッド」 無調整生原酒
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:16度
日本酒度:不明
蔵元情報:髙千代酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
お気に入り度:9.0/9.0(マイ殿堂入り)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年10月22日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

而今 特別純米 にごりざけ生 25BY

本日の家飲み 而今 特別純米 にごりざけ生 25BY

fc2_2014-01-01_12-55-15-458.jpg  fc2_2014-01-01_12-56-38-045.jpg

 明けましておめでとうございます。
 年末はバタバタとして、しばらく更新をサボってしまったので、真っ先に元旦に頂いたお酒を取り上げたいと思います。

 セレクトしたのはいわずと知れた三重県名張の銘酒、而今です。
 実は去年も新年一発目はこの而今のにごりでした。
 今回も酒屋さんのご厚意で大好きなこのスペックを入手できたので、ありがたくいただいた次第です。

 入手したのは11月なので、一ヶ月ほど家の冷蔵庫で寝かしたことになりますね。
 いつもどおり開栓時はプシュッという程度で噴出さず、注ぐと少しあわ立つ程度。
 滓をしっかりと絡ませると、かなりの白濁具合です。

fc2_2014-01-01_12-56-16-924.jpg  fc2_2014-01-01_12-57-00-925.jpg

 上立ち香はクリーミーな印象のあるお米の香がそこそこに。
 含むと粉っぽさはほぼなく、ガスによるフレッシュ感と熟したような芳醇な甘旨味が見事にあわさりながら、力強く染み込んできます。
 旨味はいつもの而今らしい果実の甘味と米の甘旨味が混じったようで、とにかく濃厚ながらダレた感じは皆無。
 いやあこれは旨い…、去年以上に濃厚な印象があり非常に充実感があります。
 後味はガス感とともに極小というかまさに必要最小限の苦味が引き取りしっかりキレます。

 にごりざけの魅力を凝縮し、弱点を極限まで排した理想系のようなお酒でした。
 通常にごりざけは濃厚さはあっても甘ダレるか逆に甘味を縮めてしまうかという二極になりがちですが、このお酒は見事に魅力を両立しています。
 やはり而今のにごりは個人的にはにごりざけの中でダントツに好きですね。
 一ヶ月寝かせた事もプラスに働いたような。
 而今のにごり、何としてでも来年も頂きたいと思いました。

 いやあ、「而今」の語義からはちょっと離れてしまいますが、新年一発目にこんな旨酒を飲めると、今年も良い一年になりそうな気分になりますね。
 一杯で幸せを感じさせてくれる日本酒の世界に、今年も耽溺してしまいそうです。

fc2_2014-01-01_12-59-15-868.jpg  fc2_2014-01-01_12-55-41-391.jpg

名称:而今 特別純米 にごりざけ生
製法情報:生酒 にごりざけ
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:16.5%
酵母:三重MK1
日本酒度:不明
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社(三重県名張市)
製造年月:2013/11(25BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:9.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2014年01月01日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り

風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り(いかきどり)

fc2_2013-10-24_19-40-42-599.jpg fc2_2013-10-24_19-41-13-671.jpg

 私のフェイバリット銘柄、風の森の限定品です。
 秋はひやおろしの時期ですが、風の森ファンにとっては笊籬採りのシーズンでもあったりします。
 基本的に1年の間蔵内で寝かされ(寝かしかたにも独自のやり方があるらしい)、一升瓶限定で出荷されるこのシリーズは、ただでさえ魅力的な風の森の酒質を格段に上げて仕上げられる、まさにこだわりの逸品といえるでしょう。
 実は去年も同じスペックをいただき、すっかり虜になってしまった覚えがあります。

 口には封があり「開栓注意」の赤字が目を引きます。
 笊籬採り経験者ならご存知かと思いますが、これが本当に勢い良く栓が飛ぶんです。
 特に油断しがちな二日目が危ないので要注意ですね、今回も天井まで飛びました。
 
fc2_2013-10-24_19-43-05-265.jpg  fc2_2013-10-24_19-44-33-455.jpg

 注ぐと、いつものようにグラスに細かい気泡がつきます。
 上立ち香は風の森らしいフレッシュかつ甘い感じの果実香。
 含むと、超濃厚かつ非常に整った甘旨味が、若干のガス感を伴い口内にジュワ~ッと染みこんできます。
 旨味は、マスカット的な芳醇な甘味が主役で、そこに渋酸味があくまで裏方として寄り添い、輪郭を整える感じ。
 また後味は、その渋味が、ガス感と相まってこれほど濃厚なのにスッキリキッチリとキレ。

 熟した感じの濃厚な旨み、フレッシュ感のあるキレ、心地よく整った甘味を兼ね備えた、私の好みドストライクのお酒でした。
 正直なところ、このお酒は私の理想の日本酒像の、一つの具現化ともいえるものだったりします。
 今年もやっぱり期待を外さない仕上がりでした、このお酒があると晩酌の幸せ度が上がります。

 それでまた燗が良かったですね…。
 酒屋さんも言っていましたが、今年のこのスペックはかなり甘味が強く出るのですが、私的には全然アリです。
 風の森は本当、不思議なほどに燗の悪いところが出ないのが素晴らしいと思います。

 ちなみにこのスペックについては、開封後は早めに飲むのが個人的にはオススメ。
 風の森は味わいが力強いので基本変化も良いのですが、これに関しては味わいの絶妙なバランスが魅力だと思うので…。
 開封1~3日がやっぱり一番好きかな、今回も一升瓶が一週間持ちませんでした。

 ただでさえ完成度の高い笊籬採りの中でもこの雄町純吟はとりわけ素晴らしい。
 怪しいぐらいのべた褒めになってしまいましたが、私はやっぱりこれ本当に好きなんです。
 来年も必ず飲みます!

fc2_2013-10-25_10-34-35-062.jpg  fc2_2013-10-24_19-42-05-349.jpg


名称:風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:50%
酒米:雄町
アルコール度:17%
酵母:k-7系
日本酒度:-2.5
蔵元情報:油長酒造株式会社(奈良県御所市)
製造年月:2013/9(24BY)
購入価格(税込)3,780円/1800ml
お気に入り度:9.0/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年10月26日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

慶樹 「特純」 中取り無濾過生原酒

本日の家飲み 慶樹(よしき) 特純 中取り無濾過生原酒

fc2_2013-05-07_18-09-46-626.jpg  fc2_2013-05-07_18-10-09-272.jpg

 「射美」を醸す蔵元さんの、杜氏さんの名前を関する鈴傳限定ブランドです。
 詳しくは例によって鈴傳さんホームページ参照のこと、いつみても熱いページだ…。
 
 慶樹は割と最近いただいたのですが、感動ものの旨さだったので今回も選びました。
 微妙なスペック違いもあったのですが、ここは「中取り」をセレクト。
 いつもは揖斐の誉使用と明記しているのですが、今回は「岐阜県産米」になってますね…、実際はどうなんだろう。

fc2_2013-05-07_18-11-21-397.jpg

 今回もおりがらみと見まごうばかりに濁っています。
 ただ、口当たりはあまり粉っぽさは無く、ちょっととろっとしている感じです。

fc2_2013-05-07_18-12-07-662.jpg

 上立ち香はやはり甘い香りがほどほどに。
 含むと、慶樹特有の砂糖菓子のような濃厚な甘旨味が、今回はとても自然にじんわりと広がっていきます。
 特筆すべきは、いつも感じていたクセが皆無で、濃厚ながら透明感のある旨味になっているところですね。
 苦渋味も皆無で、兎に角純粋な甘旨味をじっくりと味わえます。
 その上甘ダレた感じは全くなく、高精白のお酒を思わせる上品な印象を受けます。
 後味も、甘旨味の余韻を残しつつ自然にキレていきます。

 とろみすら感じる個性的で濃厚な甘旨味がありつつ、クセや雑味を極限まで削った、極めて完成度の高いお酒でした。
 これは旨い…、旨すぎてなんか泣けて来ました。
 「中取りだから」といえばそうなのでしょうが、ここまではっきりと違いのある味わいに仕上げてくるのは本当に凄いと思います。

 開栓後は少し落ち着いた感じの味わいになりますが、キレはそのまま。
 これは好みかな…、個人的には甲乙つけがたいです。

 厳選槽場汲み火入れも大好きでしたが、この中取りは更にその上を行く味わいと感じました。
 今までは割と好みの分かれる味わいと思っていましたが、これなら「甘口日本酒」に抵抗のない人全てに勧められます。
 コスパも文句無しでこれは「マイ殿堂入り」ですね、慶樹・射美は一生追い続ける勢いで行こうと思います。

fc2_2013-05-07_18-11-43-441.jpg

名称:慶樹 「特純」 中取り無濾過生原酒
製法情報:無濾過原酒 中取り
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:15%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:杉原酒造株式会社(岐阜県揖斐郡大野町)
製造年月:2013/4(24BY)
購入価格(税込):1,312円/720ml
お気に入り度:9.0/9.0 (マイ殿堂入り)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年05月11日 岐阜の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

飛露喜 特別純米 無濾過生原酒

本日の家飲み 飛露喜 特別純米 無濾過生原酒

 fc2_2013-03-07_19-04-59-525.jpg  fc2_2013-03-07_19-05-26-879.jpg

 言わずと知れた飛露喜です。
 喜ばしいことに今年もなんとか無濾過生原酒を確保することができました。

 自分にとって飛露喜は獺祭と並び、日本酒飲み始めたきっかけとなった特別な銘柄だったりします。
 獺祭でこの道に入り、飛露喜で抜けられないほどにどっぷりとはまってしまったという感じですね。
 昨年特約店さんのネット通販に張り付いて、売り始めから1分で売り切れのところを入手できた、特別純米無濾過生はうまかったなあ…。
 自分の無濾過生原酒志向を決定づけた思い出深い1本だったと思います。

 さて、24BYはいかがでしょうか。
 
 上立ち香はフレッシュな、アルコール混じりで甘めの果実香といった感じ。
 含むと濃厚で心地良い、フレッシュな甘旨味と新酒らしい苦味がじんわりと広がってきます。
 旨味はなんともバランスが良い感じで、白ワインを思わせる上品さと透明感があります。
 最初は少し苦渋が強いかなとも思ったのですが、杯を進めるとうまいこと違和感が消えました。
 やっぱり「ああ飛露喜だなあ」と思わせる完成度ですね…。
 後味は渋味と若干の辛さを感じさせつつ、バッチリキレます。

 飛露喜は今年もブレずに旨いです。
 明確で濃厚でありながら上品さを感じさせる旨みに、今回もメロメロにされてしまいました。
 ただ、無濾過生原酒は生詰に比べ甘味も濃厚で苦渋味もはっきりしているため、食中酒指向の人には合わないかもしれません。
 私は断然無濾過生原酒派ですが。

 どうでもいい話ですが、私はこのお酒を飲む数日前に牡蠣にあたってしばらく寝込んでいました(ブログは書き溜めた記事で更新)。
 病み上がりにこういう芳醇酒を飲むのはどうかなあという危惧もあったのですが、杞憂でしたね。
 五臓六腑に沁みわたるとはこのことです、酒飲みは健康であることが最も大事だと、痛感した今日この頃でした。

fc2_2013-03-07_19-05-50-378.jpg

名称:飛露喜 特別純米 無濾過生原酒
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:55%
酒米:山田錦・五百万石
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社廣木酒造本店(福島県河沼郡会津坂下町)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):2,552円/1800ml
お気に入り度:9.0/9.0 (マイ殿堂入り)

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年03月09日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

花陽浴 純米大吟醸 八反錦 おりがらみ HNB48 

本日の家飲み 花陽浴 純米大吟醸 八反錦 おりがらみ HNB48

fc2_2013-02-25_00-34-21-656.jpg  fc2_2013-02-25_00-34-41-314.jpg

 またまた花陽浴です。
 今回は通常品より多く磨いている、八反錦48%の限定おりがらみ。
 そのため少々お高めですが、同じ純米大吟醸でも山田40よりは遥かにお求めやすいお値段です。
 なぜか今年からラベルが一新されてますね、銀色に光るラベルとブルーボトルはなかなかの存在感です。

 ちなみに「HNB48」という愛称は、ラベル等には記載はありません。
 ただ、各酒販店さんが使っている上にオフィシャルブログにも記載があったので、まあ公式な愛称なのでしょう。
 個人的には「安直過ぎるのでは?」という気もするのですが(笑)、わかりやすいのでここでも記載。

 注ぐと、おりがらみらしく、わりとはっきり濁っています。
 とはいえ口当たりに違和感はなく、うすにごりといった風情です。

 上立ち香はいつもの花陽浴らしい、強めのフレッシュな果実香。
 含むと、これまたいつもの花陽浴らしい、とろみを感じるほどに濃厚でフルーティーな甘旨酸味がじんわりと広がります。
 ただ、他のスペック以上にそれは柔らかく、優しい感じですね。
 おりがらみらしいまろやかさもありますが、それ以上に高精白っぽい上品さを感じるのです。
 いつも通りの濃厚さを残しながら、いつも以上に雑味を感じさせない味わいは、通常品の上位スペックとして理想的であるように思えます。
 後味は、飲み下した数秒後には、余韻すら消えているような素晴らしいキレ方。

 これは本当に、非の打ち所のない、かつ私の好みど真ん中の旨酒でした。
 48%という数字以上に磨いているかのような印象を受ける上品さは、同じく袋吊りである花陽浴の他のスペックと比べてもはっきりと際立ちます。
 個人的にも、このHNB48は花陽浴の中で現状一番好きなスペックですね。
 四合瓶1800円でこれだけ贅沢な気分にさせてくれるというのは本当に素敵です。

 ちなみに、その雑味皆無の上品な旨みをストレートに感じるためにも、開栓後はなるはやで飲むことがオススメです。

fc2_2013-02-25_00-42-33-742.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 八反錦 おりがらみ HNB48
製法情報:無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:48%
酒米:八反錦
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:+1
蔵元情報:南陽醸造株式会社(埼玉県羽生市)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):1,800円/720ml
お気に入り度:9.0/9.0(値段を考慮に入れても「マイ殿堂入り」)
46

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年02月27日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

而今 特別純米 おりがらみ

本日の家飲み 而今 特別純米 おりがらみ

fc2_2012-12-22_03-07-54-326.jpg

 贅沢なことにまたも而今です、しかも一升瓶。
 実はこれは、酒屋さんの手違いでこちらが注文した銘柄が手に入らなくなってしまった代わりに、代替案として同梱していただいたものだったりします。
 その銘柄には悪いと思いつつ、ちょっとラッキーだと感じてしまいました。

fc2_2012-12-22_03-08-19-569.jpg

 開栓時には「じゅわあ」という感じでちょっとガスが出てきます。
 注ぐとおりがらみということで結構白濁しています。
 しっかりと澱を絡ませていただきます。

 fc2_2012-12-22_20-22-20-382.jpg


 上立ち香はいつもの而今の香りで、心持ち麹香が強めな気がします。
 含むとやっぱりいつもの而今らしいパイン系の甘旨味が口の中に濃厚に広がります。
 その旨みは単なる甘さではなく、ある程度の酸味と渋味を伴い、一言では言い表せない味わいになっています(逃げ)。
 おりがらみらしいまろやかさも十分に感じられ、飲み下すのがもったいなく思えてしまうよう。
 意を決して飲み下すと、最低限必要な程度の渋味が現れてキレを受け持ち、余韻は穏やかで心地いいものでした。
 また、本当に不思議なのですが、而今はこれだけ濃い甘旨味がありながら、その旨味の複雑さ故か全然飲み飽きることがなく、いくらでも飲みたくなるような気にさせるのです。

 而今の生の魅力をこれでもかと感じさせていただきました、今まで飲んだ而今の中でも個人的にかなり好きな感じです。
 当然ながら定価購入なので、コストパフォーマンス的にも言うことなしです。
 本格的に非の打ち所の無い美酒だと思います、これが一升で飲めるのは望外の幸せだと感じる今日この頃でした。

fc2_2012-12-22_03-08-42-787.jpg


名称:而今 特別純米 おりがらみ
製法情報:生酒 おりがらみ
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:16.5%
酵母:自社9号
日本酒度:+1
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社(三重県名張市)
製造年月:2012/12(24BY)
購入価格(税込):2,730円/1800ml
お気に入り度:9.2/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2012年12月22日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |