東方輝針城Extraクリア!プチ攻略メモ

 というわけで、ようやくExtraもクリアしました。
 いやあきつかった…、個人的には過去最難ぐらいに思えるほど苦手なところが多かったです。

 その分かなりの回数繰り返しプレイして、それぞれの場所の自分なりのやり方を考えました。
 折角なので、攻略というのは烏滸がましいのですが、Extraクリアへのコツをメモ程度に残しておこうと思います。
 機体はボムが結構特殊な魔理沙B(ミサマリ)。

exf.jpg

 リプレイファイルはこちら
 (右クリックメニューでダウンロード後、拡張子をrpyに戻してください)
 正直こなれているとは言いがたいのですが、生々しい初クリアリプレイだと思います。

 ●道中について
 東方のExtra道中は全てそうですが、パターン命。
 今回はさらにハート&ボムのかけらをいかに取っていくかが勝負ですね。
 中型妖精ザコやレーザーザコは攻撃もきついですが落とすアイテムも多いので、2.0が出るところを調べてガンガン決めボムを撃ちましょう。
 後半は残機潰してでも撃った方が安定すると思います。

 ●九十九姉妹
 ・通常弾幕
 どこで避けるかを自分で決めておくのが一番大事かと。
 自分は青弾のスキマを確認して、その中で赤弾を避ける感じで避けてます。
 片方倒せば弾消しも発生するし、相当楽になるのでしっかりアイテムも回収しましょう。

 ・弦楽「嵐のアンサンブル」
 これは…、慣れしかないかな…。
 真ん中ちょい右で、赤青弾それぞれの軌道をしっかり確認しつつ、円を描く感じで避けるのが個人的にはやりやすいと思いました。

 ・弦楽「浄瑠璃世界」
 一応、跳ね返り弾をどこで避けるかを決めておいて、もう一方の弾に気を付ける感じが良いと思いますが…、きついと思います。
 やけに固いので私は基本1ボム(リプではミスってます)。

 ●堀川雷鼓
 ・通常弾幕
 はっきり言ってきついのが多いので、全ボムも十分ありかと思います。
 (というか、魔理沙Bだと重ねボム&複数回収で残機ガンガン増やせるみたいですね…、私は使ってませんが)
 ただ、スペカ突入時に弾消しが残っているとボムバリアの関係でしばらく撃ち込めなくなってしまうので、場合によってはショットを撃ちやめて、撃破タイミングを調整する必要があります。

 ・一鼓「暴れ宮太鼓」
 ミサマリの場合、無理してドクロを撃つより正面キープの方が良いかと思います。
 ドクロは正面付近に来たら壊す感じ。
 二つ壊すときは、できるだけ上で同時に壊した方が避けやすいです。

 ・二鼓「怨霊アヤノツヅミ」
 囲んできたときに「どこで避けるか」を決めるのが大事。
 正面できるだけ下部のスキマが、比較的赤玉弾を避けやすいかと思います。
 意外と、囲みを突破した直後に油断でピチュることが多いので注意(私だけか…)。

 ・三鼓「午前零時のスリーストライク」
 完全なパターン系弾幕ですね、場当たり避けだと死あるのみ。
 左右の太鼓から斜め下に撃ってくるタイミングが一番きついので、そこで根本横まで近づいて、真横に撃つ直前に真下にもぐりこむというのが一応自分のやり方です(安定しませんが…)。
 ミサマリだとボムでジリ貧になりがちなので、ここは是非頑張りたいポイント。
 
 ・死鼓「ランドパーカス」
 かなり運が絡む弾幕かと。
 基本は画面揺れの最中に、道を脳内で描いてスッと避ける感じではあります。
 まあボムも割と有効なので、正面でスキマがなかったら決め打ちしちゃっても良いと思います。

 ・五鼓「デンデン太鼓」
 個人的に、東方特殊弾史上最低最悪に苦手な稲妻レーザ-が鬼門です。
 なぜかあの絶妙なカーブには吸い寄せられるように当たるんですよね…、判定もやけにでかくて本当にきつい。
 一応、黄色弾のスキマを確認し、その中で上から下に下がりながら避けるのが自分のやり方です。
 ここはむしろ食らいボム撃てるように集中すべきかも…。

 ・六鼓「オルタネイトスティッキング」
 ミサマリだといかに正面キープするかが大事ですね。
 追いかける際に、どこのスキマを通るかをしっかり決めておいて決断的に移動するのがポイント。
 ボムはオススメしません。

 ・七鼓「高速和太鼓ロケット」
 これは各自自分の避け方を見つけるべきかもしれません。
 一応私は、炸裂弾を下に撃たせて、ロケットの道を確認しながら上に移動して、そこで残りの赤白弾を避けるというやり方を採用しました。
 反射神経に自信があればずっと上部で貼りつく手もあるし、細かい動作が得意ならずっと下で避けるのもありかと思います。

 ・八鼓「雷神の怒り」
 基本的な避け方はデンデン太鼓と同じです、が、キツい…。
 気合いで避けましょう、もしくはボム祭り。

 ・「ブルーレディショー」
 一段階目は、流れに任せて追い詰められそうになったら弾の線をまたぐ感じでなんとかなるかと。
 二段階目は一瞬で追い詰められがちなので、弾の線のスキマが大きいところを早め早めに見極め、積極的にひょいひょいと渡っていく感じで一応避けられます。
 三段階目は、途中まで避けて休符弾が来たらボムりましょう、無理だコレ(涙)。
 ミサマリなら2ボムで一段階飛ばせるのでここで使い切っていいと思います。

 ・「プリスティンビート」
 ラストは結構正統派な弾幕でした。
 通常弾のスキマが大きいところを確認して、休符弾をそこで避けるのが基本になると思います。
 休符弾のタイミングは音も参考になりますね。
 最終まで行くとスキマは狭いわ弾が増えるわで地獄なので、クリア優先ならボム祭りでしょう。


 一応つらつらと一通り書きました。
 いやあこうして改めてみると、どの弾幕も本当に辛いなあ…。
 まあシューターは基本マゾなので、私もそれがすごく楽しかったんですけどね。 

 正直自分でも避けられないところが多く攻略としてのレベルは低いと思います、すぐに陳腐化してしまうでしょうし。
 まあ、委託販売直後の記事として、参考までにということで…。

(おまけ)
 本編ノーマルの魔理沙のリプレイがずれるので、代わりに咲夜Aのノーマル初クリア時のリプレイを置いておきます
 深夜にやったこともあって凡ミスが多く、なんと残機0残ボム0クリア。
 ラストの追い詰められ感が、ある意味楽しかったです。

nfs.jpg

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年08月21日 ゲーム トラックバック:0 コメント:0

東方輝針城ノーマルクリア!(ネタバレ無し感想)

 今日が東方輝針城の委託販売開始日ということで、早速プレイしてみました。
 で、3回目のプレイにて無事ノーコンクリア。
 機体は、いつもミサマリ使っていることもあり、魔理沙の「妖器を使用しない」です。

nf2.jpg

 (8/19追記)ずれが生じていることに気づいたため、リプレイファイルの公開は停止。
 どうやら魔理沙特有の症状らしい…、対応を待ちたいところです。 

 (ちなみに今作のリプレイファイル保存先はWIN7だと「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\ShanghaiAlice\th14tr\replay」)

 いやあ、今回機体性能もあってファーストプレイで6ボスまでいけて「歴代最低難度かな~」とか調子こいていたのですが、6ボスのスペカがいやらしくていやらしくて…。
 なんだかんだでクリア時は残機ゼロ、最終弾幕時は涙目で避けてました。

 最初の感想としては、やっぱり安定して面白い!
 ちなみに自分は「紅魔郷>妖々夢・永夜抄・地霊殿>それ以外」の順で好きで、早い話がシステムがシンプルな方が好みだったりします。
 今回はシステムは割りと単純化されていて良いのですが、ボスの弾幕がちょっとトリッキー過ぎる部分があり、もう少し直球で来て欲しかったなあというのは正直なところ。
 とはいえ、印象としてはシリーズの中でも好きな方ですね、地霊殿と同じくらい。
 
 音楽は3ボスが一番好きかな…、キャラも可愛いし。
 まあキャラについては、まあこれからの展開待ちでしょう。
 (ちなみに私は11年前から一貫してパチュリー派、ってもう11年も経ったのか…)

 さて、次はEXにするか、他機体も触ってみるか…。
 久しぶりの正式タイトルなので、じっくりと遊んでいこうと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年08月15日 ゲーム トラックバック:0 コメント:0

怒首領蜂最大往生 超限定版購入

 少々更新が出遅れた感がありますが、先週末買ってきました。

fc2_2013-06-03_08-20-51-288.jpg

fc2_2013-06-03_08-28-03-906.jpg

 私は「ストライカーズ1945II」以来のアーケードシューティングファンなのですが、年もあって一時期数年間ほど新作から離れていました。
 この「怒首領蜂最大往生」は、そんな自分をアーケード筐体の前に引きずり戻してくれたタイトルだったりします。
 大復活以降複雑化していたシステムを一気に絞り込み、弾幕の難易度を上げつつオートボム導入でバランスを取り、稼いでも稼がなくても楽しめる内容にした本作は、CAVEシューの中でも名作に数えていいと思います。

 特にモチベ的には、出現条件・弾幕難易度共に絶妙に調整された隠しボス「陽蜂」の存在が大きかったですね。
 陽蜂をノーコンティニューで落とせたことは、個人的シューター実績の中でも、一番自慢できることかなあと思います。

 閑話休題、今回の超限定版の内容を少し紹介。
 
 fc2_2013-06-03_08-22-42-755.jpg
 個人的にうれしいのはこのインストカード下敷きです。
 今まで買ったこと無かったのですが、脇にあるだけでちょっとアーケード気分が味わえるのは良い感じ。

fc2_2013-06-03_08-22-07-529.jpg
 こちらはステッカー(他2枚)。
 パッケージを開けてすぐ少佐のドアップというのは心臓に悪かった…。

fc2_2013-06-04_21-22-16-717.jpg
 設定資料集はA4ハードカバーで気合いの入った作りですね。
 かなりしっかりとイラスト・セリフ集を掲載していて、今回の超限定版の目玉といってもいいと思います。

fc2_2013-06-03_08-27-05-831.jpg fc2_2013-06-03_08-27-31-584.jpg
 CDは平野綾が歌う主題歌とサントラが付いています。
 サントラは基本発売済みのものと同様ですね。
 内容自体は原曲・アレンジともに充実しているので買い逃した人には良いのではないかと。
 
fc2_2013-06-03_08-28-38-595.jpg
 これはTRADERの店舗特典のテレカ。

 ゲーム内容はまだあまりやっていないので、細かい感想は後で書くかも。
 一応XBOX360モードは2回ほどやってクリアしました(1回目はシステムがわかっておらず撃沈)。
 かなりお手軽になっていて入門には悪くないと思いますが、私は1回やれば十分かな。
 他にも色々なゲームモードや各種設定・実績によるシステム解禁など、ファンならずとも長く遊べそうな作りにはなっていると思います。
 
 全体的にみて、かなり充実した内容にはなっています。
 が、値段が値段ですからね…(購入価格13,440円)、超限定版については私みたいにお布施してもいいと思うぐらいの人間か、サントラ買い逃した人なら買う価値があるかと思います。
 逆にシューティング好きなら、通常版でも良いからぜひ買ってやってみて欲しいタイトルです。

 
●おまけ 陽蜂参考動画(アーケード稼働直後の存在発覚時)


 私が初めて会ったときは、当然もっとボロボロでした。
 それでも頑張れば落とせるんだから、よくできたボスだったなあと思います。

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2013年06月04日 ゲーム トラックバック:1 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |